MEO対策で店舗集客を成功させる方法!具体的なやり方を詳しく解説します

MEO対策で店舗集客を成功させる方法!具体的なやり方を詳しく解説します

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「MEO対策で店舗集客したいが、具体的な手段がわからない」
「MEO対策は、どの手順で行えばよいかわからない」
「MEO対策が、どのような意味・効果をもつのか知りたい」

このようなお悩みはありませんか?

最適なMEO対策ができれば、新規顧客の獲得や口コミにより店舗の評判も気合いできます。

そこで今回は、MEO対策の意味と効果、集客の具体的な手段を紹介します。

この記事を読めば、今日から店舗集客につながるMEO対策が、スタートできるでしょう。

目次

MEO対策とは?

MEO対策とは、登録した店舗情報をGoogleマップで上位表示するための施策です。

MEO対策による集客は、Googleマイビジネスを使い、店舗の場所や営業時間を表示したり、写真やテキストで、検索ユーザーに自社をアピールしたりして、来店を促すことが目的です。

Googleマップで店舗やサービスを検索すると、検索結果にはGoogleマイビジネスで設定した店舗情報が表示されます。

検索結果が上位であるほど多くのユーザーに情報を閲覧されて、来店機会につながり集客効果を発揮するのです。

MEOは日本国内でのみ使われることが多く、海外を含めると「ローカルSEO」と呼ばれることがあり、同様の意味をもちます。

ローカル検索では、Googleマップだけではなく、通常のGoogle検索でも店舗の情報が表示されています。

ローカル検索とは

特定のエリアに関する検索結果のこと。検索キーワードに合う検索結果を表示させる仕組み。「パスタ」と検索した際に、ユーザーの現在地に基づいた店舗情報を表示する。

Google検索では、ローカル検索の上位3位の検索結果が、下記の赤枠の「ローカルパック」として地図+店舗情報として掲載されることが特徴です。

ローカル検索の例

4位以下は「すべて表示」ボタンを押さなければ表示できないため、MEO対策は、ローカル検索で3位以内(上位)を獲得するための施策ともいえます。

MEO対策で利用するツールはGoogleマイビジネスであり、店舗のオーナー自身がアカウントを作成しなければなりません。

SEO対策との違い

SEOは、検索エンジン最適化を意味します。MEOと違う点は、何を対象に対策を行うかです。

  • MEO:Googleマップに向けた対策。Googleマイビジネスの最適化をする。
  • SEO:Googleを始めとする検索エンジンに向けた対策。自社サイトなどのWEBコンテンツの最適化をする。

MEOとSEOの共通点は、1位や上位を目指す施策であることです。

対策をする対象が異なっても、集客や利益につなげるための手段のひとつとなります。

MEO対策が向いている業種

MEO対策は、店舗を構えるビジネスや出張型ビジネス(デリバリー、宅配等)の幅広いビジネスの運用に向いています。

具体的な職種は、以下のとおりです。

  • 飲食店:ランチ、ディナー、バー、軽食
  • 販売・小売業:スーパー、ドラッグストア、リサイクルショップ
  • 教育施設:語学教室、学習塾、カルチャースクール
  • 病院・クリニック・薬局
  • 士業:弁護士、司法書士、税理士、公認会計士
  • 美容・健康:美容院、エステ、サロン、整体、スクール、ジム
  • 不動産
  • アミューズメント施設:パチンコ、カラオケ、ネットカフェ
  • イベント関連:結婚式場、イベント会場
  • 宿泊施設:ビジネスホテル、旅館、温泉宿

上記はごく一部です。

店舗がある、顧客のもとへ出向き、対面でコミュニケーションをとるビジネスであれば、基本的にはGoogleマイビジネスを活用した集客ができます。

店舗集客にMEO対策が重要な理由

MEO対策による集客は、SNS運用、広告配信などあらゆるWEB集客方法のなかでも、店舗ビジネスには欠かせない手段です。

具体的には、どのような理由で重要なのでしょうか。

ローカル検索をするユーザーが増加

SEARCH ENGINE社が2018年に発信した情報によると、Googleの社員が「Google検索のうち、46%はローカル検索をしている」と紹介しています。

Supposedly there was a local event at the main Google headquarters in Mountain View, California the other day and at that event a Googler said that 46% of all queries have local intent. I do trust the source but all I have is a tweet from this SEO on this stat.

【参照:Google Event: 46% Of Searches Have Local Intent

約2人に1人が特定のエリアに関する情報を検索していることから、Googleマイビジネスの店舗情報を閲覧している可能性も高くなるでしょう。

より多くのユーザーに自社の情報を見てもらえる機会が増えれば、集客効果の上昇も期待できます。

そのため、ひとつでも検索結果の順位を上げることが、集客のポイントとなるのです。

Googleマップを利用するユーザーが増加

ニールセンデジタル株式会社が2020年に行った調査によると、デジタルコンテンツの中でも、Googleマップの利用者数が最も多いと発表されています。

2020年5月における地図・旅行情報カテゴリーの利用者ランキングを見ると、PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルでの月間利用者数はGoogle Mapsが4,717万人で最も多く、次いでNAVITIME(1,189万人)、Apple Maps(1,099万人)となっていました。

【参照:ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポートによる地図・旅行情報カテゴリーのメディア利用状況を発表 | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

Googleマップを使い、求めている店舗情報を検索するユーザーが多いことも、MEO対策が必要であり、集客手段の優先順位が高い理由となるでしょう。

MEO対策の集客におけるメリット

MEO対策の必要性は、Googleマップの利用者が多いことが理由であると紹介しました。

ではMEO対策をすることにより、集客において具体的にどのようなメリット、効果をもたらすのでしょうか。

来店見込みのあるユーザーにアピールできる

Googleマップを使ってサービスを探しているユーザーは、目的は決まっているものの、どの店舗を利用しようか迷っている状態です。

たとえば「渋谷 パスタ」を検索するユーザーであれば、渋谷区内でパスタを食べられるお店を探しているものの、どのお店で食べるのか決まっていないのです。

きっかけさえあれば自社を利用してくれる可能性が高い、来店見込みのあるユーザーといえます。

Googleマイビジネスでは、提供するメニューの紹介や写真を使って、店舗の魅力をアピールできます。

Googleマップで店舗検索をするユーザーが、あなたが投稿した「おすすめのパスタ」の情報を見れば、来店してくれる可能性は高まるでしょう。

検索ユーザーの目に留まりやすい

ローカル検索では、検索結果が自然検索よりも上位に表示されるため、店舗の情報がユーザーの目に留まりやすいことが特徴です。

下記の画像は、Google検索で「渋谷 パスタ」と検索した結果です。赤枠はローカルパック、青枠は通常の検索結果として表示されています。

「渋谷 パスタ」で検索したときの1位は、有名ポータルサイトの「食べログ」です。

ローカル検索では、ポータルサイトよりも上位に表示されることがMEO対策のメリットです。

Googleマイビジネスの情報が3位より下位になると、集客効果は落ちてしまうでしょう。

ローカルパックで表示されると、大きな集客効果が見込めるため、MEO対策に尽力をして少しでも上位を目指すことが重要です。

低コストで集客につなげられる

Googleマイビジネスは、登録から運用まですべて無料です。

運用のコツを覚えること、継続することなど、集客効果を出すためには少々時間がかかるものの、費用対効果の高さはメリットといえるでしょう。

広告やポータルサイトへの登録、自社サイトのSEO対策など、お金をかけて集客する方法はたくさん存在します。

そのなかでも、多くのユーザーが利用しているGoogleで、無料で集客へとつなげられることはほかの集客法にはない特徴です。

口コミを集めて来店数を増加できる

口コミの数と評価の高さは、MEO対策において重要なポイントです。

マイボイスコム株式会社が2020年に行った調査によると、ネット上の口コミを参考にする人が年々増えているといった結果が出ています。

マイボイスコム株式会社調査結果

【参照:【ネット上の口コミ情報に関するアンケート調査】商品購入時やサービス・店舗利用時に、ネット上の口コミ情報を参考にする人は6割弱。口コミ情報を書き込む人は約35%|MyVoiceのプレスリリース

2020年3月の調査結果では、55%以上の人が「口コミを参考にしている」と回答をしており、口コミを信用している人が多いと考えられるでしょう。

来店のきっかけとなり得る口コミですが、Googleマイビジネスでは、口コミを投稿できる機能があります。

下記の画像は、弊社のGoogleマイビジネスに寄せられている、実際の口コミです。

googleマイビジネスの口コミの例

Googleマイビジネスで口コミをたくさん集めたり、高い評価が増えたりすれば、今以上に多くの顧客が来店すると考えられます。

集客をするため重要なポイントを兼ね備えていることは、MEO対策、Googleマイビジネスならではのメリットです。

競合が少なく集客成果が出やすい

SEO対策と比較すると、競合の数は少なく上位を狙いやすいといわれています。

Googleマップで上位表示を狙うとき、エリアによっては競合の他社が存在します。

SEO対策の場合、ポータルサイト、まとめサイト、大手企業など、影響力の高いホームページが多いため、自社サイトが狙ったキーワードで上位をとれないケースが少なくありません。

エリアやキーワードにより異なりますが、SEO対策よりも競合は少ない傾向にあることはメリットのひとつです。

MEO対策の集客におけるデメリット

集客効果が期待できるMEO対策ですが、いくつかのデメリットがあります。

本格的に着手する前に、チェックしておきましょう。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

即効性は期待できない

Googleマイビジネスの情報を充実させたり、写真をアップしたりしても、すぐに順位改善などの効果は得られません。

順位の改善にともなう集客効果が出るまで、3カ月前後かかるといわれています。

効果が目に見えない間も投稿を継続する必要があるため、最初は手間や時間ばかりかかると感じるでしょう。

ただし、効果が出るまで6カ月前後かかるSEO対策と比較すれば、短期間といえます。

SNSで「バズる」などイレギュラーが起こらない限り、基本的には対策後すぐ効果が期待できる集客法は難しいのです。

悪い口コミを書かれることがある

よい口コミは集客効果を高めますが、悪い口コミは顧客が来店前から敬遠するケースがあります。

  • 来店したが、満足なサービスを得られなかった
  • 店舗側のミスにより、顧客に不利益が生じる接客をしてしまった
  • クレームや文句のような、厳しい評価

評価の星がひとつ、書いてほしくないような口コミは、オーナーとしては好ましいものではありません。

誹謗中傷や無関係の評価は、Googleに依頼すれば削除要請できるものの、口コミとしての意見であれば悪い評価でも削除はできないのです。

MEO対策で集客する際の注意点

次に、Googleマイビジネス、Googleマップで集客するときの注意点を解説していきます。

Googleのガイドラインに従わなければならない

Googleマイビジネスのガイドラインとは、ルールや運用のコツなどがまとめられたコンテンツです。

Googleマイビジネスの運用のなかで、やってはいけないことなどが書かれており、ルールに反するとアカウント停止などの措置がとられます。

顧客に不利益が生じること、口コミでの誹謗中傷といった基本的なルール以外にも、細かな注意点があるのです。

以下のような投稿は、ガイドライン違反として捉えられる可能性があります。

  • 酒類を過度に勧める投稿
  • 「◯◯が治る」「絶対に効果がある」といった誇大表現
  • 過去に自社でアップした、同じ写真やテキストを掲載する
  • その他Google不快・不適切と判断した投稿

文章の表現方法によっては、オーナーは問題がない、ギリギリ大丈夫だと判断したものも、GoogleがNGだといえばガイドライン違反となってしまいます。

万が一アカウント停止となれば、時間をかけて投稿した内容、口コミが無駄になってしまうため注意してください。

対策は継続しなければならない

MEO対策は、検索結果で1位を獲得したあとも継続をしなければなりません。

新しい情報を発信しない、更新しないコンテンツは、Googleから評価を得られずに、順位が下降する可能性があります。

Googleは、何をすれば順位が変動するかは明言していません。

ただし、常にユーザーファーストであり、ユーザーにとって必要なコンテンツを上位にするため、正しく新しい情報を発信しつづけていきましょう。

MEO対策の仕組みを理解して集客と順位改善につなげる

Googleマイビジネスのヘルプでは、Google検索やGoogleマップにおいて、検索結果のランキングが決定する仕組みの一部を紹介しています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Googleのアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

【参照:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法 – Google ビジネス プロフィール ヘルプ

3つの要素を取り入れることで検索順位が上昇して、たくさんの検索ユーザーの目に留まれば、より多くの人が来店するでしょう。

ただし仕組みの詳細は、すべてのユーザーにとって公平なシステムを構築するための機密情報で、ごく一部しか紹介されていません。

ここでは、関連性・距離・視認性の高さ(知名度)が具体的にどのような要素であるかを紹介します。

関連性

関連性とは、ユーザーが検索したキーワードとGoogleマイビジネスのプロフィールが、どれくらいの度合いで合致しているかを示すものです。

ローカル検索は基本的に、近隣のサービスを表示しますが、ユーザーのニーズと関連性が高いビジネスであれば、検索結果として表示されます。

検索結果として表示される回数が増えれば、検索ユーザーの目に留まり、来店や問い合わせにつながる可能性があります。

MEO対策では、Googleマイビジネスの情報を充実させること、提供するサービスを抜け・漏れなく紹介していくことが重要です。

距離

距離とは、ユーザーが検索したキーワードと店舗までの距離を示します。

Google検索やGoogleマップで「パスタ」と検索したとき、地名を入れていなくても、検索をした現在地から近い情報が表示されるのは、ローカル検索の仕組みによるものです。

場所によって検索順位が変動するのは、この仕組みが影響しています。

ユーザーの現在地をもとにした検索結果であるため、店舗情報が表示されれば来店につながる可能性は高いでしょう。

視認性の高さ(知名度)

視認性の高さとはビジネスの知名度であり、どれだけ多くの人に店舗が知られているかを示します。

知名度の要素となるものは、口コミの数や評価の高さに加えて、第三者メディアやSNSから言及されていることも含みます。

口コミの数が多さや評価が高さは、顧客による信頼の証です。

サービスを利用したことがない人は、口コミを見て「自分が求めているサービスがあるのか」を判断して、来店へつながる可能性があります。

また、口コミが多く評価の高い店舗情報は、Googleからユーザーに提供すべき情報だと判断されて、検索結果上位に表示されやすくなり、集客につながるとも考えられます。

Googleマイビジネスのヘルプによると、自社サイトの掲載順位もローカル検索順位も考慮されているため、SEO対策の手法も適用できるようです。

MEO対策では、口コミの数を増やすこと、さまざまなメディアで自社の取り組み、店舗情報を紹介してもらうことが重要です。

MEO対策の集客に必要なGoogleマイビジネスの登録方法

MEO対策は、おもにGoogleマイビジネスの運用となるため、登録は必須です。

未登録のオーナーは、Googleマイビジネスのページへアクセスをして、アカウントを開設しましょう。

登録をする流れは、以下のとおりです。

  • ビジネスの名前、カテゴリ、住所、電話番号、自社サイトの設定
  • Googleからのハガキを受け取る
  • ハガキに書かれた確認番号を入力して、Googleマイビジネスでオーナー確認をする

Googleから送られてくるハガキを確認しなければならないため、すぐにはアカウントを開設できません。

オーナー確認が済んで、運用が開始できるようになったら、より詳細なMEO対策へと進みましょう。

Googleマイビジネスの新規登録方法!注意点や手順を分かりやすく解説

MEO対策で集客効果を高める方法

ここからは、具体的なMEO対策を紹介します。

Googleマイビジネス上のデータを充実させる

Googleマイビジネスのデータを充実させることは、ユーザーの検索キーワードとの関連性を高めることにつながります。

まずは、Googleマイビジネスの「情報」にある項目をすべて埋めましょう。

  • ビジネス名
  • カテゴリ
  • ビジネス所在地(店舗の住所とGoogleマップ上の位置)
  • 営業時間の詳細(ランチ・ディナー・テイクアウトなど個別でも指定可能)
  • 特別営業時間(祝日等の営業時間・休日の設定)
  • 電話番号
  • 自社サイトのURL
  • 予約リンク
  • 商品
  • サービス
  • ビジネスの属性(店舗内における対応の可不可)
  • ビジネス情報

ビジネスに関連の強いキーワードを入れ込むことで、検索結果に表示されやすくなることから、集客効果が期待できます。

なかでもオーナーが自由に記載できる「ビジネス情報」は、ユーザーの検索キーワードとの関連性を高められるポイントです。

ビジネス情報には、オーナーが自由にビジネスを紹介できる項目であり、基本的にはどのような店舗であり、提供するサービスなどを伝えます。

MEO対策のキーワードや、集客につながる文章を入れて、閲覧したユーザーがサービスを利用したくなる文章にしましょう。

投稿や写真をアップして魅力を伝える

Googleマイビジネスの情報を充実させるためには、投稿や写真で魅力を伝えることも重要です。

Googleマイビジネスの投稿について

Googleの検索結果やGoogleマップでも、店舗がどのような投稿をしているか、閲覧できます。

Googleマイビジネスでは、5種類のジャンルに関する投稿ができます。

  • COVID-19の最新情報:新型コロナにより、ビジネスに何らかの変更があったときのお知らせ
  • 特典:クーポンコードや特典に利用できるリンクを設定できる
  • 最新情報:ビジネスに関する新しい情報を発信できる
  • イベント:セールやキャンペーン情報など、イベントに関連するお知らせ
  • 商品:店舗で提供しているメニュー、サービス、商品のお知らせ

COVID-19の最新情報以外は、画像の掲載が可能です。

ユーザーが「食べてみたい、体験してみたい、来店したい」と思う魅力的な写真とともに、投稿で情報発信して、集客につながるコンテンツを作成しましょう。

投稿にはURLや予約ボタンが設置できるため、サービスの魅力をアピールしたり、悩み改善のヒントを伝えられれば、集客や問い合わせにつなげられます。

順位改善と集客のための投稿は、最低でも週2回を目安に発信してみてください。

またGoogleマイビジネスでは、写真のみを掲載できる機能があります。下記の画像は、弊社が実際に投稿している写真の一例です。

Googleマイビジネスの写真について

写真を掲載することによって、店舗の外観や内装、メニューを視覚的にアピールできます。

以下のポイントを押さえたうえで、写真・投稿機能で掲載しましょう。

撮影する写真ポイント
外観・客が来店する方向から見える、店舗の外観
・昼、夜の両方があるとよい
店内・内装やコンセプトが伝わる写真
・雰囲気が伝わる写真
商品・人気商品、定番メニュー
・照明が均等に伝わるように撮影
サービス・従業員が顧客にサービスを提供するシーン
飲食物・メニューの写真だけではなく、実際の飲食物の写真
・人気のメニュー
共有エリア
(施設の紹介)
・ロビー、入浴施設等、共有スペースの写真
客室
(宿泊施設の紹介)
・すべてのグレードの客室を撮影
・客室に滞在している雰囲気が伝わる写真
従業員・働く従業員の人となりがわかる写真

Googleマイビジネスの写真では、それぞれ3枚以上掲載しておくとよいでしょう。

MEO対策には写真が必須!Googleマイビジネスに載せるべき画像とは

常に最新情報を更新しておく

Googleマイビジネスのなかでも、特に変動しやすい項目は常に最新の情報に保ち、顧客の来店機会を逃さないようにしましょう。

集客方法以前の課題ではあるものの、顧客に100%満足をしてもらうためには、細かな点への配慮も重要です。

  • 営業時間
  • 定休日
  • キャンペーン情報
  • 新型コロナウイルスに関する情報

何らかの理由により、通常時とは違う営業時間や定休日となる可能性があります。

このようなときは、あらかじめイレギュラーな営業時間を設定しておきましょう。

Googleマイビジネスの情報にある「特別営業時間」の項目では、特定の日付の営業時間を設定できます。

ただし、反映されるまで数日かかるケースがあるため、リアルタイムのお知らせには不向きです。

あらかじめ決まっている情報は早めに登録をする、緊急のお知らせはSNSで投稿するなどして、顧客に新しい情報を発信してください。

Googleマイビジネスの臨時休業や特別営業時間の設定・解除方法

MEO対策をするキーワードを選定する

MEO対策では、どのキーワードで検索されたとき、上位表示を狙うかを決めます。

検索キーワードは、検索数(ボリューム)によって以下のように分類されています。

  • 検索数が多いキーワード:ビッグワード(10,000以上/月)
  • 中間のキーワード:ミドルワード
  • 検索数が少ないキーワード:スモールワード(100以下/月)

ビッグワードで、Googleマップに1位表示されれば、たくさんのユーザーが情報を閲覧して集客効果を発揮するでしょう。

ただし、ビッグワードは競合性が高く、他社より上位になれないこともあるため、さまざまな要素を考慮したうえでキーワードを選択しなければなりません。

反対にスモールワードは、検索上位をとりやすいものの、検索する人が少なくそもそも情報を閲覧してもらえない可能性があります。

キーワードの選定はキーワードプランナーを使う

MEO対策のキーワードは、Google広告のキーワードプランナーを活用します。

キーワードプランナーで競合性と毎月の検索数をチェックして、MEO対策で上位を獲得して集客が期待できるキーワードを選定しましょう。

キーワードを選定する方法は、以下の手順で行います。

Google広告のキーワードプランナーにアクセスして「新しいキーワードを見つける」を選択します。

キーワードプランナーの使い方

入力スペースに任意のキーワードを選択して「結果を表示」を選択します。

キーワードは、一度に10個まで設定可能です。

キーワードプランナーの使い方2

結果では「月間平均検索ボリューム」と「競合性」が表示されます。

検索ボリュームはざっくりとした数字のみの表示ですが、キーワードのボリュームの大小は判断できます。

競合性は「低・中・高」の3パターンで表示されており、競合性が高くないものを選択したほうが上位を狙いやすいでしょう。

キーワードプランナーの使い方3

このようなことを踏まえて、競合性が高すぎず、検索する回数もある程度多い最適なキーワードを選ぶことが重要です。

選定するキーワードは1種類に絞る必要はありません。状況に応じて複数のキーワードを設定しましょう。

MEO対策のキーワードの選び方!上位表示するための選定のコツと設定方法

表示させたいキーワードとの関連性を高める

上記で決めたキーワードは、Googleマイビジネスなどで入れ込んで、ユーザーが検索するキーワードとの関連性を高めます。

関連性を高めることにより、店舗情報がユーザーの目に留まりやすい、検索結果として表示されやすいといったことから、集客効果が期待できます。

検索上位に自分の店舗を表示させるには、関連するキーワードをできるだけ盛り込むようにしましょう。

「渋谷 パスタ」をMEO対策のキーワードに設定したのであれば、ビジネス紹介や投稿での設定は欠かせません。

さらに、顧客から口コミを投稿してもらうときに「渋谷 パスタ」のキーワードを入れてもらうことも効果的です。

以下は、検索結果を表示した画像です。赤枠を見ると、Googleマイビジネスの情報、口コミに掲載している「パスタ」の単語が太字で強調されています。

キーワードとの関連性を高めるためには

これらは、検索キーワードに関連した情報としてピックアップされているとわかります。

口コミを増やす

オーナーから顧客に、口コミを登録するよう促すなどして、Googleマイビジネスの口コミを増やしましょう。

口コミの数は「MEO対策の仕組みを理解して集客と順位改善につなげよう」の視認性の高さ(知名度)で紹介したように、顧客の信頼獲得や、Googleの評価につながることから、集客効果が期待できます。

  • テーブルやレジなど、顧客から見えやすい場所にポップを設置する
  • 口頭で口コミの投稿を依頼する
  • 商品とともに口コミを投稿する方法を書いた、メモやカードを渡す
  • 来店の後日、メールで口コミの投稿を依頼するメッセージを送る

ビジネスの形態により依頼の方法はさまざまですが、無理のない範囲で依頼してみてください。

口コミは「美味しかった」「よかった」といった単純な内容ではなく、具体的に何がよかったのかを伝えてもらいましょう。

  • MEO対策のキーワードを入れるようにお願いする
  • サービス、メニューなどの具体的な名称を入れてもらう
  • 利用した時間、人数などを入れてもらう

このような点に配慮をしてもらうと、新たに来店を検討している顧客も参考にできます。

オーナーが望む口コミを投稿してもらうためには「◯◯のキーワードを入れてください」と期待したり、例文を書いたりするなど、工夫をしてみてください。

ただし口コミの見返りとして特典を渡すなどの行為は、Googleのガイドラインに違反するため要注意です。

特典を渡して口コミを書いてもらいたいときは、TwitterやInstagramなど、Google以外のツールを利用しましょう。

Googleマイビジネスの口コミを増やす方法と対策の重要性!注意点も解説

口コミの管理・返信をする

口コミは投稿して終わりではなく、オーナーが返信など管理をしましょう。

多数の口コミが寄せられたときは、すべてに返信する必要はないものの、具体的な例や質問が書いて口コミには返信をしてみてください。

口コミは、店舗と顧客をつなぐコミュニケーションの場です。

口コミの返信には、顧客との間に信頼関係が生まれる、口コミを見た顧客が来店するきっかけになるなど、集客効果が出やすいポイントです。

また、低評価をつけられたとき、クレームのような口コミが寄せられたときは、真摯に対応をしなければなりません。

そして誹謗中傷のような口コミが寄せられたときは、該当の口コミにある三点リーダーからGoogleに報告ができます。

口コミの報告をする方法

好ましくない口コミが投稿されたときは、以下の記事を参考に対応策を考えてみてください。

Googleマイビジネスの口コミは削除できる!方法と削除できない時の対処法

自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付ける

自社サイトをもつオーナーは、Googleマイビジネスとの関連付けをしましょう。

自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付けには、ふたつの手段があります。

まずは、自社サイトにGoogleマイビジネスの情報を関連付ける方法です。

自社サイトの会社概要、またはアクセスのページに、Googleマップにあるコードを埋め込みます。

手順は以下のとおりです。

  1. Googleマップで、店舗の情報を開く
  2. 「共有」を押し、出てきたウインドウにある「地図埋め込む」を選択
  3. HTMLをコピーして自社サイトに貼り付ける
googleマップを埋め込む方法

Googleマップを自社サイトに埋め込むと、画像のようなイメージになります。画像は弊社サイトのアクセスページです。

googleマップを埋め込む方法2

自社サイトを閲覧した人に、会社の所在地だけではなく具体的な住所も伝えられます。

続いて、Googleマイビジネスに自社サイトを関連付ける方法です。

方法は簡単で、Googleマイビジネスの「情報」にあるウェブサイトへ、自社サイトのURLを設定するだけです。

自社サイトを関連付ける方法

自社サイトをもつオーナーは、この2点の設定も行いましょう。

直接的な集客方法ではないものの、細かな点にも配慮することにより、ユーザビリティの高いコンテンツに仕上がり、結果的にGoogleからの評価につながりやすいと考えられます。

構造化マークアップでNAP情報を統一する

NAPとは、3つの情報を指します。

NAP情報

  • Name:店舗名(会社名・ブランド名)
  • Address:住所(建物名や番地)
  • Phone:電話番号

NAP情報を統一することを構造化マークアップといい、MEO対策で重要な役割を果たします。

自社サイトやGoogleマイビジネス、そのほかSNSなどでNAP情報を記載する際は、表記を統一した情報を記載しましょう。

その理由としては、構造化マークアップを行うことで、検索エンジンのクローラー(WEBコンテンツを自動で巡回して検索結果に反映させるシステム)が情報を深く読み取り、検索順位によい影響を与えるといわれているからです。

検索順位によい影響が出れば、そのぶん検索ユーザーが店舗情報を閲覧する機会が増えて、集客効果を発揮するでしょう。

NAP情報を統一する際の注意点は、英数字や記号の半角/全角、記号にも配慮が必要であることです。

特に会社名、住所は表記がゆれやすいため、注意しましょう。

会社名の例

  • ◯→ ケイビーカンパニー株式会社
  • ×→ KBカンパニー株式会社

住所の例

  • ◯→大阪市浪速区大国1丁目3番19号 KBビル
  • ×→大阪市浪速区大国1-3-19 KBビル ※番地の表記が異なる
  • ×→大阪市浪速区大国1丁目3番19号 ※ビルの名称がない
  • ×→大阪市浪速区大国1丁目3番19号 KBビル ※英数字が全角

MEO対策でNAP情報が重要な理由とは?統一する方法と注意点を解説

MEO対策の集客はGoogleマイビジネス以外も必要

ここまで紹介したMEO対策の集客法は、Googleマイビジネスの最適化の「内部対策」でした。

ほかにも、Googleマイビジネス以外でMEO対策することを「外部対策」といい、集客のために欠かせない要素です。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

SNSやメディアでサイテーションを増やす

サイテーションとは、ほかサイトから自社に関する言及をされることを指します。

サイテーションを獲得することは、SNSなどのメディアで自社の情報が拡散されて、露出機会が増えているため、知名度や認知度が上昇している状態です。

知名度が上昇すれば、自社のサービスを利用する人も増えやすく、集客への効果が期待できます。

SNSや第三者メディアで、先ほど紹介したNAP情報(ビジネス名・住所・電話番号)のいずれかを言及されることを、サイテーションを獲得した状態といいます。

構造化マークアップ同様に、英数字の半角/全角や記号を統一するルールは同一です。

サイテーションを獲得する手段としては、以下のようなものがあります。

  • SNSでハッシュタグで店名を入れて、口コミを投稿してもらう
  • 取材で店舗の情報を取り上げてもらう
  • 自社のSNSで、情報発信をする
  • プレスリリースで、第三者メディアで自社に関する情報を発信してもらう

Googleマイビジネスとともに、SNSを使った集客でサイテーションを獲得することがおすすめです。

自社のNAP情報を入れながら、ユーザーのためになる情報を発信することでフォロワーが増えて、来店にもつながる可能性があります。

サイテーションの意味とSEO・MEOへの効果とは?事例と対策法を解説

Googleマイビジネス以外でも口コミを増やす

Googleマイビジネス以外で口コミを投稿してもらうことも、サイテーションの獲得やGoogleからの評価につながるなど、MEO対策として効果的です。

Googleマイビジネス以外でも、顧客が口コミを投稿できるコンテンツはたくさん存在します。

  • SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)
  • ポータルサイト(食べログ、るるぶトラベル、ホットペッパービューティーなど)
  • Google以外のサービス(Yahoo!ロコなど)

SNSは若い世代を中心に、幅広い年代が使っており、ハッシュタグや画像とともに口コミを投稿できることから、特に多くのユーザーに自社を認知してもらいやすいツールです。

あらゆる場所で口コミを増やし、信頼できるビジネスであると顧客に伝え集客するとともに、検索結果の順位改善へとつなげてましょう。

自社サイトのSEO対策をして成果率を高める

自社サイトをもつビジネスであれば、MEO対策だけではなくSEO対策にも注力して、自社サイトからの予約・問い合わせ・購入につなげましょう。

すでに紹介しているとおり、SEO対策とは検索エンジン最適化のことで、WEBサイトのコンテンツを上位表示させる施策を指します。

MEO対策同様ですが、コンテンツが上位表示されると多くのユーザーにビジネスを知ってもらえれば、アクセス数が増加して自社サイトからも集客が可能です。

そして、サイトから集客をするためには、以下のような対策が必要です。

  • サイト構造の最適化
  • ユーザーから見て質が高く、必要な情報を発信する
  • 予約・問い合わせまでの導線を短くする
  • 予約の入力フォームを最適化して、入力のストレスを軽減する
  • 季節や市場の変化とともに、サイト上でアピールするサービスを変更する

上記の方法は一部ではありますが、共通している点はユーザーファーストであるかです。

ただし、アクセス数を増やすこと、ユーザーの使いやすいサイトにすることは、難易度が高く、効果が出るまで時間がかかるとされています。

自分で対策できないときは、専門家に依頼するなどして、Googleマイビジネスにもよい影響が出るよう、改善してもらう必要があります。

MEO対策やGoogleマイビジネスの運用代行について

ここまで紹介したMEO対策の方法を見て「自社では、運用できそうにない」「時間がなくMEO対策ができない」と思うオーナーもいるでしょう。

そのような方は、MEO対策やGoogleマイビジネスの代行サービスを利用してみるとよいでしょう。

Googleマイビジネスの運用代行サービスは、各社がもつノウハウをもとにMEO対策を行い、順位の改善や集客の手助けをします。

運用だけではなく、登録からすべて任せられるサービスもあるため、まだGoogleマイビジネスに登録していない方も相談できるでしょう。

MEO対策による集客の代行を依頼するメリット

  1. Googleマイビジネスの最適化ができる
  2. Googleマイビジネスの運用に手間をとられない
  3. 知識がなくてもMEO対策を実行できる

1つ目のメリットは、運用のプロにGoogleマイビジネスの最適化が依頼できることです。

業者しか知らない細かなテクニックや、積み重ねた実績をもとに反映する施策を行うケースもあるため、自分自身で運用するより集客効果が出やすいかもしれません。

専門家が運用すれば、必ず順位が上昇するとは保証できないものの、1からGoogleマイビジネスを勉強して運用のコツをつかむよりも、効率よく集客できるでしょう。

2つ目のメリットは、代行サービスを依頼すれば、自分の時間を本来の業務に活用できることです。

自らの業務が忙しい場合、Googleマイビジネスに時間を使えない人もいるでしょう。

業務に専念するあまり、Googleマイビジネスのアカウントを開設したものの、放置しているのではもったいないものです。

3つ目のメリットは、運用が困難なときは、代行サービスを活用したほうが集客効果が期待できることです。

この記事で紹介した内容や、ネット上で紹介されているMEO対策の方法ですが、難しい、運用を継続できないと悩む人もいるかもしれません。

Googleマイビジネスのアカウントを作成したということは、WEBでの集客に興味があり実施したい、本格的に集客をしたいと思っているのでしょう。

自分で運用ができないのであれば、専門家にGoogleマイビジネスの運用を依頼して、新たな顧客の獲得をしたり、顧客の幅を広げたりしてみてください。

MEO対策による集客の代行を依頼するデメリット

  1. 代行費用がかかる
  2. リアルタイムで発信したい情報には対応しづらい
  3. 契約終了後はオーナーが管理しなければならない

1つ目のデメリットは、Googleマイビジネスの登録代行のみであれば1回1万円前後、継続的な運用は初期費用+月額で3万円前後の料金がかかることです。

月額は3万円は前後であるものの、毎月の投稿回数を増やすなど、より充実したサポートを得る場合は、毎月10万円以上かかることもあります。

代行費用をかけたぶん、集客効果が見込めるのならよいのですが、代行費用が負担になりかねないため、費用対効果を見極めて依頼しましょう。

2つ目のデメリットは、Googleマイビジネスの仕様上+代行であることから、情報の更新や投稿がリアルタイムでできないことです。

各項目を設定する際に、以下の画像のように「最長で3日ほどかかる場合があります」と記載されています。

情報や投稿に時間がかかるGoogleマイビジネス

これはGoogleによる審査などが影響しているからであり、すぐに反映されることもあれば、数日かかることもあるため、リアルタイムの情報発信には向いていないのです。

審査に加えて、オーナーから代行業者へ「◯◯を投稿してほしい」と伝えても、すぐに反映ができないケースが少なくありません。

3つ目のデメリットは、何らかの理由で依頼していた代行やめたとき、Googleマイビジネスの運用をオーナー自身で行わなければならないことです。

知識がない状態での運用は、何をすればよいのかわからず、運用代行で上昇していた検索結果も、下降するおそれがあります。

Googleマイビジネスで集客するのであれば、知識を身につけなければならないこと、そして運用のために時間を割かなければならないことはデメリットのひとつになるでしょう。

MEO対策の代行を依頼する業者を選ぶポイント

  1. 費用が適切であるか
  2. 自社の業種での運用経験があるか
  3. Googleマイビジネス以外の集客法を実践しているか

1つ目は、代行には明確な相場はないことから、施策の内容が費用対効果に見合っているかを見極めることです。

継続した運用代行の場合、月額2~3万円で対応する業者が多いとお伝えしましたが、あくまでも相場であるため、実際は対応してもらえるサービスにより大きく異なります。

代行費用は、以下の要素によって幅が広がります。対応してもらえるサービスが多いほど、月額料金は高くなるでしょう。

  • 対策キーワードの数
  • 投稿代行の有無
  • 電話・メール・チャット・オンライン通話によるサポートの有無
  • 定期的な運用レポートの提出
  • 運用コンサルティングの有無
  • 商品、写真の登録代行の有無

上記の項目すべて対応をしているような充実したプランであれば、毎月10万円かかることもあります。

費用のイメージがつかない場合は、相見積もりをとる、無料相談をするなどして、無理なく効果を出せる業者を探すようにしてみてください。

2つ目は、Googleマイビジネスの運用実績があるWEBマーケティング会社のなかでも、自社の業種で運用経験がある業者を選択することです。

運用経験や知識がないと、顧客のニーズがくみ取れない、提案が的外れになるなど、適切な運用ができないと考えられます。

顧客のニーズを理解してこそ、店舗に合うMEO対策のキーワードが設定できるため、ビジネスの紹介文、投稿にも影響が出るでしょう。

飲食店、美容系サロンといったざっくりとした業種だけではなく、イタリア料理店、ネイルサロンのような細かなカテゴリから見て、実績・経験があるかを確認してみてください。

運用経験の実績は、代行業者の公式サイトに掲載されています。

3つ目は、MEO対策以外の集客方法を実践しているかです。

Googleマイビジネスの代行を依頼できるWEBマーケティング会社では、SNSの運用代行やSEO対策、SNS広告といった幅広いサービスを展開していることが多いものです。

MEO対策で集客を行ったとき、万が一想定していた効果が出なかったときのために、Googleマイビジネスに加えて別の集客方法を実施する手段があります。

MEO対策以外にも集客を依頼できれば、また別の代行サービスを探す必要はなく、自社に合ったあらゆる手段で集客力を高めてくれるでしょう。

どの集客方法でも、専門家に依頼をすれば、必ず効果が出るとはいえないため、幅広いサービスに対応する会社に依頼できればベストです。

検索ドーンならMEO対策と最新の集客法を実施

ケイビーカンパニー株式会社が提供する「検索ドーン」は、MEO対策を行うだけではなく、SNSやGoogle以外の検索エンジンの最適化にも対応しています。

検索ドーンを導入した店舗は500を超えており、平均集客率は176%上昇しているのです。

検索ドーンは、各種SNS、地図アプリで、住所や営業時間、メニューなどの店舗情報をまとめて管理できるため、各ツールの運用の手間が軽減できます。

無駄な手間を省きながら、一般的な運用代行より高い集客効果が期待できることから、高い費用を支払っていた広告やポータルサイトのコストも削減できるでしょう。

検索ドーンの料金は1日326円~で、顧客を集客した人数によって価格が変わることはありません。

「コストを抑えながらMEO対策をしたい」「Googleマイビジネス以外でも、集客を実践したい」という人は、検索ドーンを利用してみませんか?

MEO対策での集客成功事例

弊社のMEO対策ツールを利用した美容院では導入後3カ月で、マップの検索ビュー数1.2倍、経路検索は2倍に増加し、集客に成功しました。

集客に成功した美容院は、MEO対策で以下のような施策を実践しています。

  • 最新の営業時間を表示
  • 対策キーワードを意識したメニューの登録
  • 投稿機能を活用して、ヘアカラーやトリートメントなどのメニューを紹介
  • 寄せられた口コミへの返信
  • 店内に口コミの投稿を依頼するポップを設置
  • SNSやWEBコンテンツで店舗の情報を表示
  • NAP情報の統一と構造化マークアップへの対応

この記事の中盤で紹介している「MEO対策で集客効果を高める方法」の多くを実践しており、順位改善や集客につながったといえるでしょう。

今回は美容院の事例を紹介しましたが、飲食店、病院・クリニック、宿泊施設など幅広いビジネスでも、同様の対策で集客効果が期待できます。

まとめ

MEO対策の集客方法は、Googleマップ、Googleマイビジネスの最適化をメインとするものでした。

利用者の多いGoogleマップで自社の店舗情報が上位表示されれば、たくさんの顧客の来店につながるでしょう。

店舗情報を上位表示させるためには、Googleマイビジネスの最適化を継続することがカギとなります。

MEO対策の集客法を学び、自社でGoogleマイビジネスを運用するか、代行業者に依頼をするかはオーナー次第です。

店舗集客のなかでも重要なMEO対策をして、今よりも多くの人に来店してもらうきっかけをつくってみませんか?

MEO記事下バナー
店舗集客記事下バナー

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。