MEO対策の費用相場や料金は?失敗しない代理店の選び方も

MEO対策の費用相場や料金は?失敗しない代理店の選び方も

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

MEO対策をしたいけど、どの位費用が掛かるのか、どんな業者を選んだらいいのか見当がつかない…そんなふうにお悩みではないですか?

MEO対策は自社で行えば費用は掛かりませんが、MEO対策業者が多く参入しているので知識のない初心者が成果を出すのはそこまで簡単ではありません。

そこで今回はMEO対策を検討している方々にMEO対策の重要性と費用相場、そしてMEO対策業者を選ぶときにチェックして欲しいポイントを分かりやすくご紹介します。

この記事を最後まで読んでいただければ、MEO対策に関してしっかりとした知識を持って業者の検討を行えるようになりますよ。

MEO基礎知識

MEO対策を始める前にMEOの基礎知識を固めましょう。

MEOとは?

MEOはMap Engine Optimizationの略で「マップエンジン最適化」を意味します。MEOとはGoogle検索のローカル検索結果においてGoogleマイビジネスに登録した店舗の上位表示をさせる施策です。

最近では目的地を決める時に「エリア×行動目的」という検索をする人が増えているという現状があります。「中区 美容室」「東京 フレンチレストラン」といった具合ですね。

例えば「大阪駅 カフェ」で検索してみた結果がこちらです。

大阪駅✕カフェ検索結果

赤い部分がGoogleマイビジネスに登録されている店舗内容の表示になります。
このGoogleマイビジネスの登録情報をいかに上位で表示させるかを扱っているのがMEOというわけですね。ユーザーの注目が集まっている分ここで上位表示をさせる事が出来れば、大きな集客効果が見込めます。

似た言葉としてSEO(Search Engine Optimization)「検索エンジン最適化」がありますが、SEOはWebサイトの特定のキーワードで検索したときにそのWebサイトが上位表示されるために行う対策です。

つまりMEOがローカル検索におけるGoogleマイビジネスの上位表示を取り扱うのに対してSEOはキーワード検索(地域要素がない)のWebサイト上位化を意味します。

Googleマイビジネスのガイドラインを守るのが基本

MEO対策を行うには、個人で行う場合でも業者に依頼する場合でもGoogleマイビジネスのガイドラインに沿って行うのが大前提です!
反対にこのガイドラインを守れていないとMEO対策として効果が期待しにくくなってしまうため、MEO対策を始める前に必ずチェックしましょう。

Googleマイビジネスで効果的に成果を出す方法(Googleマイビジネスガイドラインより抜粋)

  • 実際のお店やサービス、看板や販促品などで使用され認知されているブランド表記と一貫性のあるビジネス情報を掲載します。
  • 店舗住所やサービス提供地域が詳細かつ正確に記載されていることを確認します。
  • 中核事業に当てはまるカテゴリを、できるだけ少なく選択します。
  • ビジネス プロフィールはビジネスにつき 1 つのみ作成します。1 つのビジネスに対して複数のプロフィールを作成すると、Google マップと Google 検索でビジネスの情報が表示される際に問題が発生することがあります。

【参照:Googleマイビジネス/Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

各項目の詳細は上のガイドラインページからご確認いただけます。業者にMEO対策を委託する場合にも自分自身でGoogleマイビジネスの規約をしっかり理解している必要があります。1度は必ず目を通すようにしましょう。

MEO対策の費用

MEO対策を業者に依頼した場合の費用相場をチェックしましょう!

業者に依頼した場合のMEO対策の費用相場

業者にMEO対策を依頼する場合、1ヵ月に掛かる費用は約3万円です。1年で考えると約36万円の費用をMEO対策に投資している会社が多いということですね。
もちろん契約内容によって金額は変化しますが、この平均金額は業者選定の際に覚えておいて損はないでしょう。

MEO業者の契約形態2つ

またMEO対策業者で取られている契約形態は主に2つあり、成果報酬型と固定月額型です。

成果報酬型

成果報酬型とはその名の通り、成果を上げた分だけ支払いをするという契約です。成果が上がらなかった場合支払いが発生しないので、利用者側にも安全な一面もあります。

しかし実際には固定月額型より高くつく場合もあるので慎重に検討する必要があります。

「上位表示された日数×設定された日額成果金額」で算出されることが多く、日額成果金額はキーワード等によっても変わりますが約1,000円が相場です。以下は計算の例になります。

  • 上位表示の対象:上位5位
  • 上位表示された日数:25日間(30日中)
  • 日額成果金額:1,000円

この場合、計算式は「25日×1,000円」でその月は25,000円が請求されることになります。

固定月額型

固定月額型の場合は成果に関わらず支払いは一定であるため、契約の際に他の業者と利用料を比較しやすい、年間での費用が安定しているため費用確保がしやすいというメリットがあります。

一方で上位表示できなくても料金を支払わなければならないというデメリットもあります。
ただ、レポートの提出を求めたり、インサイトや分析結果に重点を置いて改善策を練ることで成果をあげることも可能です。

MEO対策を初めて業者に依頼しようと考えている場合は固定月額型を検討するのが良いかもしれません。

MEO対策の費用に影響を与える要素3つ

では次になぜ業者ごとに費用が違うのかその理由を確認していきましょう。

要素①:キーワード数

まずは対策してくれるキーワード数の違いが大きな要素です。対策をしてくれるキーワードの数は契約プランごとに設定されている場合が多く、費用を見比べながら検討していく必要があります。

キーワード数としては約4~6個が平均値です。

特に成果報酬型で契約する場合にはそのキーワードの中から1つでも上位表示させる事に成功すれば報酬が発生する業者もあるため、詳しい契約内容の確認は怠らないようにしましょう。

要素②:契約期間

次は契約期間の確認をしましょう。一般的に契約期間は6ヶ月または12ヶ月で設定されている場合が多いです。
その期間でしっかりとした成果が得られれば、契約期間を延長してサポートを継続してもらうことになります。

初めてMEO対策を業者に依頼しようとしている場合には「まずは6ヵ月お試しで!」と考えている方もいるかもしれません。
月額で考えてみると12ヶ月契約の方が割安な場合があること、また成果を出すには一定の期間が必要な事も合わせて契約期間を決めていきましょう。

要素③:初期費用

意外と見落としがちなのが初期費用です。初期費用はMEO対策を始める際に必要なGoogleマイビジネスアカウントの取得、情報登録、写真撮影などに掛かる費用で約1~5万円が相場です。

一般的にMEO対策は他のWeb広告やSEO対策に比べれば事前準備に手間が掛からないという特徴があります。
そのため、業者に依頼する前に一度自分で事前にGoogleマイビジネスに登録しMEO対策を実際に始めてみるのもひとつの方法です。

その場合はある程度の準備が整った所から始まるため、初期費用を節約できるかもしれません。また最近ではMEO対策の初期費用無料で依頼できる業者もあるため、いくつかの業者を比べてみてください。

MEO対策業を選ぶポイント5つ

MEO対策の相場と価格変動のポイントを掴んだところで業者を選ぶポイントをおさらいします。

ポイント①:実績があるか?

MEO対策もどれだけの成果をこれまでに上げているかで、その業者の実力を判断できます。たいていの業者はホームページなどで実績を紹介しているため、その内容は必ずチェックするようにしましょう。

MEO対策の場合実績はいくつのキーワードで上位表示を達成してきたかということになります。

キーワード数だけではなく、ライバル達の多いキーワードでの実績があればその業者は難しいキーワードでもMEO対策に成功しているという事が判断できます。

ポイント②:MEO対策業者の得意分野は?

見落としてはいけないのがMEO業者の得意分野を知る事です。

例えば自分が飲食店を営んでいてMEO対策業者を選定している場合、「カフェ」や「飲み屋」「焼肉」など飲食に関連したキーワードで多くの実績を残している業者は、飲食関連のMEO対策に強みを持っている事が分かります。

反対に医療や美容部門を得意としている業者に依頼するのは少し不安が残ります。このように自分の業種とマッチしているMEO対策業者を選ぶことが大事です。

ポイント③:レポートを提出してくれるか?

MEO対策の効果が出るまで、依頼した業者がどんな対策をしてくれているのか全く分からない…なんてことになってしまうと毎月の費用だけが発生して不安になりますよね。

そこで既存の問題点や今行っている施策、対策後の効果などを定期的にレポートとして報告してくれるかも業者選びの際にチェックすると良いでしょう。
契約継続を検討する際にも、項目ごとにデータ化されたレポートがあれば判断の指標になります。

ポイント④:検索エリアの定義方法は?

MEO対策はGoogleマップに即したローカル検索で成果を出す必要があるため、キワードの選定と共にエリアを定義する必要があります。検索エリアの定義方法は次の2つです。

最寄り駅などピンポイントに定義

最寄り駅などピンポイントの地点を基準にエリアを定義する方法です。

例えば「大阪駅 カフェ」で検索した結果がそれに当たります。

大阪駅 カフェの検索結果

ピンポイントでの検索の場合はユーザーがある程度行動を予測して検索をしているため、ここで上位表示ができれば実際の訪問の確立も高くなるかもしれません。

エリア名で大まかに定義

次はより大まかにエリアを定義する場合です。
例えば「大阪難波 焼肉」と検索してみましょう。

大阪難波 焼肉の検索結果

大阪難波エリアの焼肉店がズラッと表示されるため、ここで上位表示をを狙うのはより難しくなります。

ポイント⑤:追加費用が発生する条件は?

最後は追加費用が必要になる条件を確認しましょう。費用に関しては初期費用+利用料(成果報酬型又は固定月額型)が基本ですが、ここに追加費用が掛かる場合があるためチェックしておきましょう。

追加費用が発生する場合

  • 画像の撮影
  • 画像の投稿

追加費用が発生しやすいのが画像に関する部分です。

特にホテルや結婚式場、美容室など店舗の雰囲気が集客の大きなポイントになっている場合は画像を投稿することで、魅力をアピールすることができるというメリットがあります。

画像関連の投稿のように追加で費用が発生する場合があるという事も念頭に置いて、業者選定の際には予め確認してみると良いでしょう。

まとめ

MEO対策を専門業者に依頼する場合の費用相場は月額で約3万円です。
MEO対策費用は契約形態や期間、対策してくれるキーワード数などによって変動しますが一般的には業者ごとの差額はあまり大きくありません。

そのため確実に成果を出してくれる会社か、自分の業種を得意としている会社か、レポートなどでしっかりと報告をしてくれるかなどの面でも業者を選定する必要があります。

この記事を参考にMEO対策の知識を深め適性費用を知ったうえで、MEO対策業者選びの参考にして頂ければ幸いです。

店舗型ビジネス向け最新WEB集客ツール

CTA-IMAGE ケイビーカンパニーでは、店舗の検索やSNSからのWEB集客をドーンと改善する「検索ドーン」を提供しています。
Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNS、マップ、口コミサイトなどに店舗の魅力を簡単に発信できます。
SEOやMEO対策だけでなく、音声対策にも対応しています。