ローカルパックとは?種類や表示させるために重要なポイントを徹底解説

ローカルパックとは?種類や表示させるために重要なポイントを徹底解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスを始めてから聞く、ローカルパックってなに?」
「ローカルパックに種類はあるの?」
「ローカルパックに店舗を掲載させたい」
こういったお悩みはありませんか?

Googleマイビジネスを始めてから「ローカルパック」という言葉を聞くようになった人も多いのではないでしょうか。
今回はローカルパックの意味や種類、ポイントを紹介していきます。

この記事を読めば、ローカルパックの種類や上位表示させるために重要なコツがわかります。

ローカルパックとはGoogleマイビジネスのリスティング

ローカルパックは、検索したキーワードに応じてトップに表示されるGoogleマイビジネスのリスティングです。ユーザーは、ある地域のサービスを利用したい場合「地名+業種」というキーワードで情報を検索します。たとえば「箱根 温泉」といった具合です。

ローカルパックでは、こうした際にGoogleの検索結果の画面で「自然検索の上、検索広告の下の位置」、つまり真っ先にユーザーの目に留まりやすい位置に表示されます。目に留まりやすいことでクリック率のアップが期待できますね。

また、「地名+サービス名」での検索は、外出先や観光の際にスマートフォンを使って検索されることが多い傾向です。先ほどの「箱根 温泉」の検索で考えてみましょう。検索するユーザーは、箱根に土地勘がある人ではなく、「箱根に観光に来た人」が多いと考えられますね。

この時に上位表示された店舗があれば、クリックして来訪するでしょう。店舗から見ると集客アップが見込めるようになるため、集客をするうえで欠かせないものといえます。

基本的には3店舗表示されますが、情報が多い際には4店舗表示されたり、少ないときには2店舗の表示になったりする場合もあります。

ローカルパックの種類

ローカルパックは、4種類あります。「通常のローカルパック」「ローカルABCパック」「ローカルスナックパック」「ローカルファインダー」それぞれみていきましょう。

通常のローカルパック

「地名+業種」などで検索するとGoogleマップとともに画面のトップに表示されます。ローカルパックとして表示されるものの大半が、この通常のローカルパックです。上位3店舗は「ローカルパック3」と呼ばれています。

【例:銀座 美容室】

通常ローカルパックの表示例「銀座 美容室」

通常のローカルパックでは、おもに次のような情報が掲載されています。

掲載される内容

  • 店名
  • 住所
  • 業種
  • 口コミの数・評価
  • 電話番号
  • 営業時間
  • オンライン予約
  • ホームページへのリンク など
店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

ローカルABCパック

ローカルABCパックは、ブランド名やジャンル名の検索時に表示されます。たとえば、コンビ二や薬局、ガソリンスタンドや駐車場などです。

【例:伊豆 ガソリンスタンド】

ローカルABCパックの表示例

ローカルABCパックは、各結果の左側にA.B.Cの表示がでます。また、レビューの星や評価、数は表示されないことも特徴です。

掲載される内容

  • 店名
  • 住所
  • ジャンル
  • 電話番号
  • 営業時間
  • ホームページのリンク など

ローカルスナックパック

ローカルスナックパックは、飲食店や美術館、動物園や博物館などのカテゴリ検索で見られます。店内の画像やサービス内容の一部が表示されるため、店舗の魅力が伝わりやすく、ユーザーがお店を選びやすいのが特徴です。

【例:軽井沢 レストラン】

ローカルスナックパック表示例「軽井沢 レストラン」

ローカルスナックパックは、電話番号や予約、経路案内、サイトへのリンクなどは表示されません。とはいえ、リスティングをクリックすると詳細情報で表示されています。スナックパックに掲載されているおもな項目は次の通りです。

掲載される内容

  • 店名
  • 住所
  • ジャンル
  • 営業時間
  • 口コミの数・評価 など

ローカルファインダー

ローカルパックの下部にある「すべて表示」をクリックした際、下記のように一覧で店舗が表示されます。このリストが、ローカルファインダーです。

【例:軽井沢 レストラン「すべて表示」】

ローカルパックの種類「ローカルファインダー」の例

ローカルファインダーは、ユーザーが上位3店舗以外にも検索したいと思ったときに利用されますが、上位3店舗(パック3)と比較すると、ユーザーの目に留まる確率は低くなるため、ファインダーより上、ローカルパックの3店舗内に入るよう目指しましょう。

ローカルパックに表示されるために重要なポイント

ローカルパックに表示されるために重要なポイントを紹介します。

スマートフォン対応のサイトにする

リンク先のWebサイトを、スマートフォンでの表示に対応させましょう。なぜなら、スマートフォンで検索するユーザーも増えてきているからです。

たとえば、県外の観光地に行ったとき「この周辺で郷土料理が食べられるお店ないかな」とスマートフォンから検索するユーザーも多いでしょう。検索された際に表示されなかったり使いづらかったりすると、離脱してしまう可能性があります。

せっかく表示されても、これでは機会損失になり、もったいないです。パソコンとスマートフォン、どちらからも閲覧しやすくすることで情報を届けやすく、集客アップが見込めます。集客アップすることで、お店の認知度にもつながり、Googleからの評価もあがるでしょう。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

Googleマイビジネスに登録する

ローカルパックを始めるには、Googleマイビジネスへの登録が必要です。Googleマイビジネスは、店舗や会社の情報を無料で掲載できるほか、最新情報の更新や写真の追加、口コミ返信などができます。

また、オーナー確認を行い、管理することで店舗情報の信頼性もあがり、上位表示を狙うことも可能になるでしょう。Googleマイビジネスについての詳しい内容は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Googleマイビジネスの使い方!登録方法や注意点まで必要な情報を全て解説

ローカルSEO対策をする

ローカルパックに表示されるには、ローカルSEO(MEO対策)で上位掲載される要素を満たしている必要があります。具体的なローカルSEO対策には下記のようなものが挙げられます。

ローカルSEO対策例

  1. Googleマイビジネスの情報を充実させる
  2. 最新情報を更新し続ける
  3. 口コミの数を増やして評価を上げる・増やす
  4. 口コミの管理・返信をする
  5. 検索順位をチェックする
  6. 自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付けをする
  7. 自社サイトの構造化マークアップをする
  8. 関連する自社サイトのSEO対策をする

ローカルSEOについては下記の記事で詳しく解説しているので、併せて参考にしてください。

ローカルSEOとは?効果や上位表示するための対策、MEOとの違いを徹底解説

ローカルパックの選定基準

ローカルパックには必ず表示されるわけではありません。なぜなら、Googleマップの掲載順位は、検索位置などによっても順位が変動する場合があるからです。

例をあげてみましょう。たとえば「自社の店舗をお店で検索したときは、ローカルパックの検索結果の1番上に表示がでたのに、自宅に帰り改めて店舗検索すると、お店が圏外になっていた」といった経験をされたことはありませんか?

この現象がまさに、Googleマップが重要視している3つの要素から起きている順位変動といえます。Googleが重要視している3つの要素は、距離、関連性、知名度です。

  • 検索地点からの距離
  • 知名度
  • 検索キーワードとの関連性

つまり、お店で検索したときは、距離も近く関連性も高いとGoogleが判断して上位表示されたが、自宅からでは距離が遠い、関連性が低い、他店舗の知名度が高かったなど、いずれかの要因から圏外になったと考えられます。

詳しくはこちらの記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

MEO対策のメリット・デメリットは?上位表示のポイントや注意点まで解説

まとめ

ローカルパックは、地域や周辺の店舗情報を検索するユーザーに対して、自社の情報を伝えられるサービスです。上位表示されると、ユーザーの目に留まる機会も増え、集客アップが見込めるでしょう。

集客を考えている人にとって、ローカルパックは始めて損はないものといえます。また、ローカルパック3への表示も無理な話ではありません。上位表示を目指して、しっかり対策をとっていきましょう。

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。