ローカルSEOとは?効果・対策・MEOとの違いを徹底解説

ローカルSEOとは?効果・対策・MEOとの違いを徹底解説

こんにちは、ケイビーカンパニー戦略事業部です。

特定の地域で集客をしたい、ローカル検索で検索順位を上げたい、そんなお悩みありませんか?
でも、ローカルSEO対策って具体的にどのようなことをすれば良いのかわからない、そもそもローカル検索って何?という声も多いようです。

そこで、ローカル検索とは何なのか、ローカルSEO対策とは何なのか、ローカル検索で上位を獲得するために重要なポイントとは何なのか、詳しく解説します。

目次

ローカルSEOとは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。ローカルSEOとは、Googleマップなどのローカル検索サイトにおいて、上位表示を目指すSEOのことです。
特定の地域で自社ビジネスに関連する内容を含んだキーワードで検索された際に、自社の情報を上位に表示す流ように対策することを意味します。

ローカルSEOとMEOの違い

ローカルSEOと同時に「MEO」という言葉もよく聞きます。
MEOとは、「Map Engine Optimization」の略で、地図アプリでの検索順位を上げる対策のことです。つまり、MEOはローカルSEOの一種と言えます。

「MEO」は日本独自の呼び方で、海外では「ローカルSEO」と呼ばれるのが主流です。
どちらも同じ施策が必要で、必要不可欠なものになります。

代表的なローカルSEO検索表示結果2例

ローカルSEOの目的は、ローカル検索においての上位表示を狙うことです。
例えば、「代官山 ネイルサロン」や「吉祥寺 美容院」などのように地名を入れて検索した場合、地域に特化した情報が表示されます。

地域性に特化したローカル検索の表示結果の代表的な2例を紹介します。

代表的なローカルSEO検索表示結果①:ローカルパック

ローカルパック

ローカル検索において検索上位に表示されるローカルパックは、地域の情報をまとめて表示したものです。ローカルパック内の情報をクリックした際のリンク先には、Googleマイビジネス内の情報と地図の表示がされます。

代表的なローカルSEO検索表示結果②:ナレッジパネル

ナレッジパネル

店舗名や会社名など、主に検索キーワードが固有名詞だった場合に表示されるのがナレッジパネルです。ナレッジパネルは、検索結果ページの右側に縦長に表示されます。

リンク先へ飛ばずに、所在地や営業時間などの情報を知ることができるのがナレッジパネルの特徴です。ナレッジパネルに表示される情報は、Googleマイビジネスに登録されている情報となっています。
ローカルSEOにおいてGoogleマイビジネスの登録情報は重要だということがわかりますね。

ローカルSEO対策の3つのポイント

ローカルSEOにおいての、Googleマイビジネスの重要性はおわかりいただけましたでしょうか。地域集客をはかるためには、Googleマイビジネスに正しい情報を認識させることが最も重要だといえます。

そんなGoogleマイビジネスの大事なポイントを3つご紹介します。

ローカルSEO対策のポイント①:検索クエリとの関連性

ローカル検索で上位表示させるためには、検索クエリとの関連性の高いコンテンツが重要です。なぜなら、Googleでは検索されたキーワードにより近い内容の店舗・拠点情報が表示されるからです。
Googleマイビジネスの情報を充実させ検索語句との関連性を高めたり、表示したいキーワードに関連するコンテンツを入れることが非常に重要です。

ローカルSEO対策のポイント②:検索地点との店舗との距離

実際に検索している地点と、店舗や会社との距離も、ローカルSEOでの上位表示の評価ポイントの1つとなります。近くにいるユーザーにリーチしやすくなっています。
近くにいるユーザーに正しい情報を届けるために、所在地は正しく登録しておくと良いですね。

ローカルSEO対策のポイント③:知名度

店舗やビジネスの知名度も、検索結果に大きく影響します。知名度とは、口コミやレビューによる評価に加え、被リンクや他サイトでの紹介などもポイントの1つです。

ただし、Googleマイビジネスと同じ表記で紹介してもらう必要があります。また、ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、従来のSEO対策も継続して必要となります。

Googleマイビジネスでローカル検索上位をとるための対策

ローカル検索で上位表示を狙うには、Googleマイビジネスの対策をしっかりと行うことが必要不可欠です。
Googleマイビジネスでローカル検索上位表示をとるための対策に重要な9つのポイントをご紹介します。

  1. Googleマイビジネスに最新の情報を入力する
  2. 店舗やビジネスの詳細なデータを入力する
  3. 常に正確なビジネス情報や営業時間を表示する
  4. 口コミの管理と返信
  5. 口コミの数を増やして評価を上げる
  6. 投稿や写真の追加
  7. 自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付けをする
  8. 自社サイトの構造化マークアップをする
  9. 関連する自社サイトのSEO対策をする

対策①:Googleマイビジネスに最新の情報を入力する

店舗やビジネスの情報は常に最新のものに更新されていることが重要です。Googleは新しい情報が公開されているビジネスを好む傾向があるため定期的に情報を更新することでGoogleの評価が上がりやすくなります。
投稿機能での店舗・拠点のお知らせ配信や口コミ返信はもちろん、質問に対する回答を記載したり、写真を追加して店舗・拠点の魅力をアピールするのも方法です。

最新の情報表示

また、所在地や連絡先など、登録情報に変更があった場合には、誤った情報を表示しないように常に最新の情報に更新できるようにしましょう。

対策②:店舗やビジネスの詳細なデータを入力する

店舗やビジネスの詳細なデータが登録されていないと、信頼性に欠けてしまいます。名称や業種だけでなく、どんなサービス・商品を提供しているかまで入力すると良いです。

また、Googleでは検索されたキーワードにより近い内容の店舗・拠点情報が表示されます。そのため、ビジネス情報を充実させ、検索語句との関連性を高めることが大切です。

キーワードに関連する情報の表示

対策③:常に正確なビジネス情報や営業時間を表示する

店舗やビジネスのオーナー情報を正確に表示し、信頼性を得られるようにしましょう。誤った情報は、ユーザーをネガティブな体験に導く可能性だけでなく、来店の損害要因や機会損失につながります。
正式名称はもちろん、数字の半角か全角かや、英語表記かカタカナ表記かまで正確に入力する必要があります。

また、営業時間に関しても、臨時で時間が変更になった場合や、曜日によって違う場合などは、速やかな更新が必要です。

対策④:口コミの管理と返信

口コミなど、ユーザーからの声が寄せられた場合には、積極的に回答・返信をするようにしましょう。口コミはユーザーとのコミュニケーションの場にもなるので非常に重要です。
ユーザーがどんな口コミを書いているのか内容を分析すると、店舗・拠点の良いところはもちろん、ユーザーが求めているサービスや改善点も把握でき、サービス向上に繋がります。

口コミ返信

また、あまりにもひどい内容や誹謗中傷などはGoogleに申請すると削除してもらえることもあります。管理だけでなく、ユーザーが記入した口コミに対して返信することも非常に重要です。
ポジティブな口コミに対してはもちろん、ネガティブな口コミに対しても丁寧な対応を取ることで、ユーザーのマイナス体験がプラスに変わり評価が上がる可能性も大いにあります。

対策⑤:口コミの数を増やして評価を上げる

口コミの数と評価の高さは、Googleマップで上位表示するために非常に重要な評価要素です。Googleは、多くの人から評価される店舗・拠点=ユーザーに情報を提供すべき重要コンテンツとみなします。
そのため、口コミをたくさん集めることが大切ですが、何もせず口コミは増えないので、店内にポップを配置するなど、様々な方法でアピールする必要があります。

口コミの数とレビューの高さ

また、Googleマップの検索結果には口コミの内容が表示されることもあるため、以下の内容を口コミに入れるとより効果的です。

  • 検索キーワードに関連する内容
  • 具体的かつユーザーニーズをおさえた内容(サービスや商品、店内の雰囲気、メニューなど)

対策⑥:投稿や写真の追加

Googleはその店舗やビジネス情報が最新の状態に保たれているか?ということを重要視するため、どんな情報でも投稿しマイビジネスを更新することが、表示順位で上位を狙うための大きなポイントと言えます。
お店や企業のキャンペーンやイベント、お得情報やクーポン、新商品の案内など、来店動機につながる内容を定期的に投稿すると良いです。

投稿の例

またお店内観や外観、新商品やスタッフなどの写真を追加して魅力をアピールすることも大切です。

対策⑦:自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付けをする

Googleマイビジネスでは、自社サイトのURLを登録できるため「Googleマイビジネス→自社サイト」の関連付けは簡単ですが、「自社サイト→Googleマイビジネス」の関連付けも重要です。

自社サイトの会社(店舗)情報ページやアクセスページに、次の2つを記載します。

  • Googleマップの共有リンク
  • Googleマイビジネス地図情報

地図情報を埋め込む際は、店舗情報が掲載されているiframeリンクを埋め込まないとGoogleマイビジネス情報へのアクセスが不可になるので要注意です。

自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付け

対策⑧:対策自社サイトの構造化マークアップをする

構造化マークアップとは、Webページの内容を検索エンジンがより分かりやすく理解できるように意味付けすることです。
自社サイトを構造化することで、検索エンジンがサイトの内容に対して、どのような情報をもっているのかを深く理解することができ、それが検索順位により有効に働くと言われています。

特に、NAP(Name、Address、Phone)情報の統一は必須です。

  • Name:店舗名(会社名・屋号)
  • Address:住所
  • Phone:電話番号

ローカル検索においての検索結果は、Googleに登録されたNAP情報と、ユーザーの位置情報から関連性の高いものが表示されます。
登録の際は、表記をアルファベットかカタカナのどちらかで統一させたり、「3丁目2−1」なのか「3−2−1」なのかなど細かいルールを明確に決めておく必要があります。

対策⑨:関連する自社サイトのSEO対策をする

自社サイトの検索結果での掲載順位も考慮に入るため、自社サイトのSEO評価をあげる対策をすることも重要です。公式サイトの情報は、Googleマイビジネスの情報と関連付けられており、検索されたキーワードに関連するテキストが表示されます。
そのため、公式サイトにGoogleマイビジネスの情報や表示したいキーワードと関連の高いコンテンツを掲載する必要があります。

関連する自社サイトのSEO対策

ローカルSEOのメリット

スマートフォンによる検索の3割以上、店舗に訪れるユーザーの5割以上が、特定の地域をキーワードに含んだローカル検索を利用していると言われています。
特定の地域に特化したローカルSEOは、通常のSEOより上位表示が狙えるため、ターゲットとなる地域のユーザーにリーチしやすくなるのが特徴です。ローカルSEO対策をすることで期待できるメリットをご紹介します。

メリット①:ローカルSEOは集客に繋がりやすい

ローカル検索では、「地域名+業種」などのキーワードで検索されるため、特定の地域で特定のサービスを探しているユーザーが多く、通常の検索よりも集客に繋がりやすいと考えられます。
目的の業種の店舗を、特定の地域名を含めて検索するユーザーは、その特定の地域にある店舗を利用する可能性が高いです。

業種のみで検索するユーザーよりも、具体的な地域名も含めた検索をするユーザーの方が、集客が見込めると考えられます。検索結果で1位のクリック率は、30~40%ほどと言われています。
マップ検索の結果は自然検索の結果よりも上の、最上部に表示されるため、ローカルSEO対策をすることで、より多くの集客を期待することができると考えられます。

メリット②:店舗やビジネスの詳細な雰囲気や情報を伝えることができる

Googleマイビジネスに登録して、Google ストリートビューを導入することで、店内の様子を詳細に掲載することができます。
ローカル検索をしてこれから利用を検討しているユーザーは、来店前に詳細な雰囲気を知りたがっている場合が多いです。

ローカルSEO対策をすることで、検索結果の画面上だけで、詳細の写真を確認することができるため、集客効果も期待することができると考えられます。
ローカル検索をするユーザーは、連絡先や所在地を確認したいユーザー、口コミを見たいユーザーなど、考えられるニーズはさまざまです。

ローカルSEO対策をして、Googleマイビジネスの情報を充実させることで、ユーザーの知りたがっている多くの情報を検索画面上で完結させることができ、多様なニーズに答えることができます。

メリット③:キーワードを絞ることで検索上位を狙いやすい

例えば、「エステサロン」というキーワードで検索した場合、全国のエステサロンが競合となりますが、「心斎橋 エステサロン」で検索した場合の競合は、心斎橋のエステサロンだけです。

さらに、検索したユーザーの現在の位置情報も検索結果に影響するため、ローカルSEO対策をしていれば、自然検索結果よりも上部に表示されるため、近くにいるユーザーにより一層リーチしやすくなります。
通常のSEOよりも上位が狙いやすくなるうえに、「エステサロン」のみで検索した場合よりも「心斎橋 エステサロン」と検索した場合の方がよりニーズが高いと考えられるため、集客効果も期待できるというメリットもあります。

まとめ

ローカルSEO対策とは何なのか、ローカル検索で上位を獲得するために重要なポイントとは何なのか、ご紹介しました。特定の地域で集客したい!そんな時にはローカルSEO対策が必要不可欠です。

Googleマイビジネスに正しい情報を認識させること、地域性の高いコンテンツ制作をすることを意識して、ターゲットの地域で集客してみませんか?

正しいローカルSEO対策で、安定した集客をはかりましょう。

店舗型ビジネス向け最新WEB集客ツール

CTA-IMAGE ケイビーカンパニーでは、店舗の検索やSNSからのWEB集客をドーンと改善する「検索ドーン」を提供しています。
Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNS、マップ、口コミサイトなどに店舗の魅力を簡単に発信できます。
SEOやMEO対策だけでなく、音声対策にも対応しています。