MEO対策の会社はどこがいい?業者選びのコツとおすすめの代理店を紹介

MEO対策の会社はどこがいい?業者選びのコツとおすすめの代理店を紹介

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「SEOは聞いたことがあるけどお客さんに来てもらうにはMEO対策会社に依頼すべき?」
「MEO対策を代理店に依頼したいけど費用の関係で今は出来ない!自分でできるの?」
「忙しくて情報収集だけで精一杯!MEO対策業者選びの方法だけでも簡単に把握できないものか?」
そんなお悩みありませんか?

Googleマイビジネスは店舗のWEB集客に必須のサービスなので、使い方をマスターすることは非常に重要です。

そこで今回は、MEO対策を代行してくれる会社の選び方について、ひとり開業で忙しいあなたでも簡単にわかるようにご説明していきます。

この記事を参考にしていただくことで、いざという時にMEO対策会社を探すときも慌てず見つけられます。

MEO対策とは?

MEO対策とは「マップ最適化(Map Engine Optimization)」のことで、Googleマップ上の検索に特化したWEB施策を指します。

Google検索利用者が快適に利用できるようにする措置を施すことにより、ある特定の地域や場所でGoogleマップを検索するだけで、あなたの店舗や経営情報を見込み客に見つけてもらいやすくするという仕組みです。

Googleマイビジネスの店舗・経営情報をきちんと更新・活用することで、Googleの検索エンジンに評価されることに注目した業者や広告代理店が名付け他という由来があります。

Googleマップでは、自社の店舗情報や経営情報を「Googleマイビジネス」という形で登録できるのをご存じでしょうか。

Googleマイビジネスに情報を登録することにより、Google検索の利用者が入力した地域名とジャンルに応じて、Google検索エンジンがあなたの店舗・経営情報を利用者に検索結果として提案してくれます。

したがって、Googleマイビジネスをいかに利用者の使い勝手が良いように整備して運用するかを分析・反映させていくことにより、見込み客を多く呼び込める可能性があるのです。

SEO対策とMEO対策は似て非なるもの

ブログやWEBサイトで行われるSEO対策と似ていますが、MEO対策の場合はGoogleマップの利便性に特化しているという点において、SEO対策と差別化されています。

また、SEO対策は日本だけでなく世界のインターネット上を相手にしなければならない一方、MEOは店舗周辺の地域の同業者がライバルです。

MEO対策がきちんとできれば、事業によってはGoogleマップの検索結果上、地域で目立つ存在になるのも夢ではありません。

MEO対策は自分でできる?

Googleマイビジネスに登録さえしてしまえば、自分でもMEO対策ができるでしょう。

Googleマイビジネスに無料で登録した時点で、すでにあなたのMEO対策が開始していると言っても良いのです。

また、すでにSEO対策について学んだことがあったり、自社ブログやWEBサイトでSEO対策を自分でしたことがあったりする場合は、多少楽に運用できるかもしれません。

ただ、店舗を運営しながらのMEO対策は大変であることに加え、MEO対策を専門としている業者に依頼することでより効果が得られることも多いです。

MEO対策を会社や代理店に依頼するメリット・デメリット

MEO対策会社選びに困っている女性ひとり経営者

「できれば、MEO対策は自分の代わりにプロへ任せたいのが本音」と言う方も多いのではないでしょうか。

特にひとり経営者の場合、準備や店舗運営・会計管理・SNS運用など他にもやることが多くてんやわんやとなり、なかなかMEO対策まで手が回らないケースも多いことでしょう。

また、Googleマップ検索の最適化という特殊な施策を施すことから、おっくうに感じてしまう方も少なくありません。

WEBサイトや自社ブログ・SNSの分析で自店舗や経営情報が検索されているのにも関わらず、実際にいは客足が少ないと感じている場合は、プロの力を借りながらMEO対策もきちんと行うことが大切です。

MEOに特化した会社や代理店を探し、代行してもらうことにより生じるメリットとデメリットをご紹介します。

MEO対策を会社や代理店に頼むメリット

MEO対策を代理店や業者に依頼することで生じるメリットは以下の通りです。

  • 自分で管理しなくていい
  • SEOよりも初期費用が少なく始められる
  • 短期間で結果が出る

Googleマイビジネスを自分で管理しなくてもプロの適切な運用に任せられるというのが最大のメリットだと言えます。

MEO対策は、Googleマイビジネスだけを管理すれば良いというわけではありません。

MEO対策ならではのテクニックや知識だけでなく、FacebookなどのSNSや口コミサイトなどの管理も必要となることから、店舗を運営しながら回しながら独自で行うのは経営者にとって大きな負担になります。

自分でMEO対策する場合に必要なこと

  • 複数のWEBサービス上で正確かつ統一した情報の管理
  • 自社サイトの構造化
  • 口コミの管理、返信

また、ひとり経営者の場合、補助金を活用しながら事業を行う方もいることでしょう。MEO対策はSEO対策を外部委託するのと異なり、費用も少なく始められます。

例えば、ケイビーカンパニーが提供するMEO対策ツール「検索ドーン」は、どんなに集客しても1日326円からご利用いただけます。

ブログやWEBサイトに施すSEO対策は時間がかかるものです。効果が出るのは3か月~1年と言われています。

一方のGoogleマップを活用したMEO対策は1~3か月が目安です。SEOと異なり対策を導入してからすぐ効果がわかるという点において、経営する側にとっては頼もしい対策だと言えます。

MEO対策を会社や代理店に頼むデメリット

ひとり経営者にとってはMEO対策を業者任せにすることで、結果も早く出やすいだけでなく、費用も少額で開始できます。

メリットばかりに目が行きがちなMEO対策ですが、もちろんデメリットもあります。

  • 住所がないと頼めない
  • 業者選びを失敗すると効果が出ない
  • 分析や運用に別途相談料がかかることを言わない場合がある

いくらMEO対策をやりたいと思っても、あなたの事業に住所付きの拠点がないと業者に依頼はできないでしょう。

また、MEO対策会社の中には悪徳業者もまぎれ込んでいます。検索順位が上がったとしても、実はGoogleの規則に違反した不正行為だったという場合もあるかもしれません。

さらに、業者によっては分析や運用には別途相談料が発生する旨を後から通達するような場合もあります。

様々なMEO対策会社があるなか、いかにあなたのビジネスの発展に全力で対応してくれる業者かを見極めないと、事業そのものが軌道に乗らないということも考慮しなければなりません。

MEO対策会社には悪徳業者も!こんな営業トークに要注意

前述でも少し触れましたが、MEO対策会社の中には残念ながら悪徳業者もいます。MEO対策などといったWEB集客を時間が無いことを理由に業者に丸投げしたいかもしれません。

ある程度の予備知識を蓄えることで、いざMEO対策を請け負う会社や代理店を探す際も悪徳業者を避けられるでしょう。

順位やキーワードなど保証する

「○位に入れて見せます」や「○○というKWで上位を取りますよ」などのように、言葉だけで納得させようとするMEO業者は避けたほうが無難です。

  • いつ
  • どこで
  • どのように

上記を数字やグラフで可視化しながら提案をしてもらえるかどうかや、管理画面を貰い自分で確認するタイプのかなど、数値をどのように渡してくれるかは確認すべきでしょう。

万が一、順位アップのためにMEO対策業者が不正をしてた場合、GoogleがBANしてしまい、あなたのGoogleビジネスアカウントが停止・削除されることもあることを覚えておくと役立ちます。

BANとは

禁止され停止してしまうこと

根拠のない事実を立てるだけで数字や管理画面を渡さない、不正をしてでも検索順位を上げるなどと言った会社には注意したいところです。

説明不足

これから行うMEO対策やリスクの説明が省略されている場合は、悪徳業者の可能性を疑いましょう。

万が一、検索順位に変動が見られないなど対策したのに結果が出ないという場合は、何がいけなかったのかを一緒に分析してくれる会社こそ優良会社だと言えます。

また、ツールを販売するようなMEO会社の場合も、使い方の説明や効果の出し方などツールを有効活用するためのアドバイスをもらえるかどうかは重要です。

もし、説明内容が非現実的であったり知りたいことに対してきちんと回答してもらえない感じたら、説明不足を疑いましょう。

MEO対策の優良会社を選ぶポイント5つ

MEO対策の会社から説明を受ける男性ひとり経営者

MEO対策はまだまだ新しいWEB集客の分野であり、時代とともに進化していくWEB集客です。

できれば、MEO対策を会社に委託する際やツールをレンタル購入する際も、信頼できるような会社を探したいものですよね。

そこでここからは、MEO対策会社が優良かどうかを見極める5つのポイントをご紹介します。

ポイント①Googleのガイドラインを順守しているか

MEO対策会社を選ぶ際の最重要ポイントは、Googleのガイドラインを守ったMEO対策をしているかどうかです。

MEO対策はGoogleマップを利用することから、どのようなMEO対策会社もGoogleの規約に違反してはなりません。

MEO対策を依頼できる会社の中には、Googleマイビジネスの登録作業も委託できる場合があります。

Googleマイビジネスの登録の際も、違反とならないように慎重に作業する必要があるのです。

例:正確でない店舗名

例えば、杉並区のパン屋の経営者がMEO対策を代理店に依頼したとしましょう。

オープン前にGoogleマイビジネスを運用しようとMEO対策会社に依頼した場合、本来であれば店舗名には「ABベーカリー」などのように店舗名だけを入力しなければなりません。

しかし、MEO対策業者の中には、まるでSEO対策を施すかのようにな言葉を店舗名に散りばめることがあります。

例:杉並区の無添加パンなら!ABベーカリー

Googleマイビジネスの追加規約によると、「自身のコンテンツが正確、最新、および完全であることを確認する。」という記述があります。

検索する際に利用者が入力するであろう、地名などといったキーワードをSEO対策のように散りばめられては、登録内容が正確・完全ではありませんよね。

また、オープンする日程についても店舗名で言及はできません。

  • NG:ABベーカリー(6/15グランドオープン)
  • OK:ABベーカリー

このように、Googleマイビジネス規約およびGoogle規約に違反した登録内容は、削除の対象となるリスクがあることを覚えておくと役立ちます。

ポイント②費用形態や契約期間

MEO対策会社が提示する費用形態や契約期間も確認しましょう。

MEO対策会社の費用形態は、主に月額制と成果報酬型の2タイプに分かれます。

  • 月額制…独自のMEO対策ツールを提供し、月課金にて支払う
  • 成果報酬型…Google検索利用者のクリック数に応じて課金

MEO対策会社の多くは成果報酬型を採用していることも相まって、正確な費用相場を提示することは困難だと言えますが、約2~3万円ほどが目安とされています。

月額制とは異なり、成果報酬型は課金形態が紛らわしいだけでなく、契約期間もわかりづらい場合もあるでしょう。

費用だけでなく、契約形態は月単位なのか年単位なのかなどもきちんと把握したいところです。

ポイント③信頼性があるか

検討しているMEO対策会社に信頼性があるかどうかも大切です。

効果の測定や分析をしているかはもちろん、あなたの悩みを汲み取ったMEO対策を提案してくれるか・定期的に状況を報告してくれるかは最低限チェックしてきたいポイントです。

MEO業者の信頼性を測るポイント

  • MEO対策のプロとして店舗が上位になるようなキーワード選定をしてくれるか
  • 効果的な対策、効果の測定や分析をしているか
  • あなたの悩みを汲み取ったMEO対策を提案してくれるか
  • デメリットやリスクを教えてくれるか
  • 定期的に状況を報告してくれるか

例えばMEO対策の場合、検索場所や利用者が入力する言葉(キーワード)によっては、Googleマイビジネス情報が上位に上がってこない場合も考えられます。

このようなMEO対策の落とし穴についてきちんと説明してくれるかも重要な判断ポイントです。

ポイント④集客の実績

自社のMEO対策によって実際に成果をあげた実績があるかどうかもチェックしましょう。
実績はホームページで掲載されているところも多く、無ければ直接聞いてみるのも良いです。

また、お客様の店舗がMEO対策導入した後の上位表示の実績はもちろん、実際にお客さんが店舗に来てくれるようになったかどうかも見逃せません。

MEO対策の導入前後の数値をグラフ化したり、数字化していると安心できます。

ケイビーカンパニーの場合、自社独自MEO対策ツール「検索ドーン」を導入したお客様の実績は、ホームページ内にお客様の流入事例やお客様の声と言った形で公表しています。

また、どのような店舗を対象としたMEO対策の実績があるかはMEO対策会社のお客様の声を参考にし、自分の事業にとって助けになるツールやサービスなのかどうかを見極めましょう。

ポイント⑤独自のツール

MEO対策において、どのような自社独自のツールを導入しているかも重要ポイントです。

GoogleマップやGoogleマイビジネスのデータを自社独自のツールにて利用するためには、GoogleのAPIを利用する必要があります。

GoogleのAPIを利用するためにはGoogleマイビジネスのアカウントを数百個持っていることが条件となることを考慮しなければなりません。

独自ツールを採用しているかの判断基準

  • Googleマイビジネスのアカウントを数百個保有
  • ある程度の運用実績がある

独自のツールを所持しない場合は、おそらくGoogleマイビジネスの情報を管理するだけである恐れも考えられるでしょう。

また、会社ごとに採用されているツールは異なるため、気になるMEO対策会社がどのようにMEO施策・運用していくのかのヒントになります。

ポイント⑥対策の方針

MEO対策の会社選びとして、対策方針もチェックしましょう。以下に必ずチェックしておきたい方針2つをご紹介します。

  • 選定するキーワードが適しているか
  • Googleマイビジネスだけ対策するのか、他のWEBサービスも対策として含むか

選定するキーワードが適しているか

MEO対策では、注力したいキーワードをきちんと選定することで効果が発揮されるのが一般的です。

しかし、キーワードの選定にもコツがあることを知っておかなければなりません。

検索ボリュームが大きすぎると競合他社と戦わなければなりませんので表示されにくく、少なすぎても表示されにくいことから、ある程度ニーズのあるスモールワードを狙うのが大事なポイントです。

スモールワードとは

  • 検索ボリュームが少なく、競合も少ないキーワードのこと。
  • NG例:「東京 カフェ」
  • OK例:「渋谷 パフェ」「渋谷 タピオカ」「渋谷 メキシカン」など

Googleマイビジネスだけ対策するのかどうか

一口にMEO対策と言っても、Googleマイビジネスだけの対策なのか、他のWEBサービスも対策として含むかによって異なります。

Googleマイビジネスの情報はGoogleに登録している情報だけでなく、SNSや口コミサイトなど他のWEBサービスで表示されている内容も参照することがあります。

また、SNSや他のWEBサービスでどれだけ引用されているかを測る「サイテーション」もたいへん重要です。

上記を把握したうえで、MEO対策を依頼する会社の方針を見極めるのがおすすめだと言えます。

おすすめのMEO対策会社ベスト3

では、実際にMEO対策会社をベスト3方式で見ていきましょう。会社ごとに独自の特徴を兼ね備えているため、MEO対策会社を選ぶ際の参考にしてみてください。

3位:プロモスト

プロモストのトップページを引用
【参照:MEO対策(ローカルSEO)MEO Pro ー プロモスト社

WEB集客など幅広く手掛ける広告代理店である「株式会社プロモスト」はMEOツール「MEO Pro」を提供しています。

株式会社プロモストではSEO対策も行っていることから、WEB集客に関する全般的なお悩みの方におすすめのMEO対策会社です。

無料で使えるツール「MEOチェックツール」をはじめ特許を取得した順位集計ツール・「地域名+業種・業態」の組み合わせを4つのキーワードから6パターンで提供してくれるなど、MEO対策を網羅的に任せられます。

プランも月額制と成果報酬制の2タイプ4プランで提供しているため、希望するサポート内容を考慮しながらお好みの形態で依頼できるのも魅力的です。

管理者権限の受領手続き

店名や住所などの内部情報最適化

画像や動画の登録

位置情報最適化

Googleストリートビュー撮影(年間プラン) etc.

【参照:MEO対策(ローカルSEO)MEO Proープロモスト社

また、ひとりではなかなか管理しきれない以下のような細やかな部分もきちんと代行してくれるほか、LINEで気軽に質問できることから、忙しいあなたでも満足いくMEO対策ができるでしょう。

2位:トライハッチ

トライハッチのトップページを引用
【参照:当社 MEO対策ートライハッチ社

店舗および施設のデジタルマーケティングに特化した「株式会社トライハッチ」は、今まで1,300店舗以上のGoogleマイビジネスアカウントの運用実績と上位表示94%の実例を持つMEO対策会社です。

独自のデータ分析チームがMEOにおけるデータを細かく分析・運用するほか、大手飲食チェーン店も導入するMEO対策ツール「MEOチェキ」、オプション機能のクチコミ促進・管理ツールの「星カクトくん」など独自ツールを展開しています。

株式会社トライハッチは、ただツールを提供するだけでなく導入店との二人三脚によるMEO対策をモットーとしているため、業者と話し合いながらMEO対策を行いたい事業者様におすすめです。

1位:ケイビーカンパニー

ケイビーカンパニー検索ドーンのトップページを引用
【参照:検索ドーン GYax ー ケイビーカンパニー社

当ブログを運営する株式会社ケイビーカンパニーが提供する「ドーン・アイデンティティ」もMEO対策におすすめします。

ケイビーカンパニーの「ドーン・アイデンティティ」では、アメリカのAIツール「Yext」を採用。

LEGO社やSUBWAY社といった世界各国に事業を展開する店舗・チェーン店も導入していることから、世界で運用されているという実績があるツールを提供しています。

150以上の検索エンジンやSNSと連動するだけでなく、全ての検索画面から行きつく情報が全て正しくなるよう店舗情報を一元管理。

たとえ利用者が日本人や外国人であっても、どのような方法で検索してもしっかりと店舗の情報が届くため、管理の手間が省けるのが魅力です。

また、どれだけ集客しても1日326円からで利用できるため、これまでポータルサイトだよりの集客をしていた事業者様こそ、お試し感覚で利用可能なMEO対策ツールだと言えます。

まとめ

MEO対策はGoogleマップやGoogleマイビジネスと連動しているため、特に拠点がある事業をおこなう方にとっては画期的な集客方法です。

Googleマイビジネスに自社情報を登録するだけでMEO対策がスタートできることからも、ひとり経営者にとっては活用しやすいというだけでなく、自分でも対策できる可能性があるWEB施策だと言えます。

最終的には、お客様に認知され店舗などに来てもらうのが目的の施策です。MEO対策を外部に委託する場合は、Googleのガイドラインに沿い、適切な費用であなたの事業の良いところを引き出し、お客さんに認知してもらえるような施策やツールを提供してくれる会社を選びましょう。

Googleマイビジネス最適化やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。