MEO対策とは?Googleマップ検索での上位表示のコツや仕組みを徹底解説

MEO対策とは?Googleマップ検索での上位表示のコツや仕組みを徹底解説

こんにちは、ケイビーカンパニー戦略事業部です。

MEO対策 をしたいけどそもそもMEO対策のことがわからない、
MEO対策は何をすればよいのかわからない、
そんなお悩みありませんか?

MEO対策は店舗集客に効果的な施策なので、MEO対策について知っておくことは非常に重要です。

そこで今回は、MEO対策の概要や仕組み、SEO対策との違いやメリット、MEO対策のやり方やコツまで徹底解説していきます。

この記事を読めば、なぜMEO対策は重要か、どうすればMEO対策が成功するかまで全て分かります。

MEO対策の概要

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略です。別名をローカルSEOといいます。

そして、MEO対策とは自社の店舗をGoogleマップ検索やローカル検索にて上位表示させるための施策です。

たとえば、Googleで「美容院 東京」と検索すると東京にある美容院が表示されます。上位に表示されるほどクリックされやすくなるので、できる限り自分の店舗も上位に表示させたいところです。

美容院+東京の検索結果

しかし、Googleマップ検索の表示順位はアルゴリズムによってある程度決定されるため、何も対策していない状態では上位表示は難しいといえます。

そこで、MEO対策を行う必要があるのです。MEO対策をすれば、Googleマップの検索において上位表示されやすくなります。店舗の認知度アップにも繋がるので、ぜひ行ってみましょう。

知っておきたいローカル検索の仕組み

MEO対策とは、ローカル検索で上位表示されるための施策です。そのため、MEO対策をする前に、ローカル検索の仕組みを知っておくとよいでしょう。

ローカル検索とは、検索する人のいる場所に近い店舗を表示するシステムのことです。Google検索のうち46%はローカル検索であるといわれているほど、ローカル検索は普及しています。

参考:「18 Local SEO Stats That Will Blow You Away

ローカル検索で上位表示されるためにも、Googleのアルゴリズムを知っておくとよいです。ローカル検索結果のランキング決定の仕組みは、Googleでこのように記されています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

引用:Googleマイビジネスヘルプ

ここで記されているとおり、上位表示されるには次の3つのポイントが大切です。

  • 関連性:ユーザーが検索したキーワードと関連する情報があるか
  • 距離:検索したユーザーと距離が近い
  • 知名度:知名度が高く、口コミや記事の件数が多い

距離については対策を取るのは難しいかもしれません。しかし、関連性と知名度については、対策可能です。具体的な対策方法は、記事後半で紹介します。

またローカル検索についての詳しい説明は以下記事で解説しております。
≫ ローカルSEOとは?効果・対策・MEOとの違いを徹底解説

MEO対策とSEO対策の違いとは

MEOと似た言葉に、SEOというものがあります。MEOとSEOは何が違うのでしょうか。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味を持ちます。つまり、SEOとはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたときに、上位表示されやすくするための施策のことです。

MEOとは違い、地域に関係ない内容の検索に対応します。

たとえば、「おすすめの家電」や「SEOとは」といった居住地に関係なく知りたいことを調べる人もたくさんいます。そういった内容の検索に対応するのがSEOです。

SEO対策とMEO対策の違いについては以下記事でより詳しく解説しております。
≫ SEO対策とMEO対策の違い!特徴や検討ポイントを詳しく解説

MEO対策のメリット・デメリット

MEO対策のメリットやデメリットはなんでしょうか。簡単に解説していきます。

MEO対策のメリット

MEO対策のメリットは、なんといってもローカル検索やGoogleマップ検索で上位表示されやすくなることです。上位表示されれば、知名度や来客数のアップが見込めます。

「今以上に知名度や来客数を増やしたいけれど、何をすればいいかわからない」という場合は、MEO対策にチャレンジする価値があるといえるでしょう。

また、0円から始められるので、費用対効果も優れています。

MEO対策のデメリット

MEO対策のデメリットは、口コミの影響が強いことです。

MEO対策と口コミは、切っても切れない関係にあります。良い口コミが投稿されればプラスの影響がでますが、悪い口コミが投稿されればマイナスの影響が出てしまうのです。

ライバル店舗が悪い口コミを投稿してくることもあるかもしれません。いたずらに事実無根の誹謗中傷を投稿する人もいます。自分の感性に合わないというだけで最低評価を付ける人は少なくありません。

MEO対策では、そういったリスクが考えられるのです。

なぜMEO対策が必要なの?

スマートフォンが普及している現代では、スマートフォンからの検索を重要視する必要があります。

ニールセン社の調査報告によると、2020年のスマートフォンアプリの利用実績は、LINE・YouTube・Google Appに続いてGoogleマップが4位にランクインしています。

それほどにスマートフォン利用者はGoogleマップを使っているということです。

そのため、Googleマップからの検索で上位表示させるMEO対策は、店舗の知名度や来客数をアップさせるのに効果的といえます。

参考:「TOPS OF 2020: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2020年日本のインターネットサービス利用者数/利用時間ランキングを発表~」

MEO対策のやり方

それでは、MEO対策のやり方を解説していきます。自分でMEO対策をしたい方は、参考にしてください。

Googleマイビジネスに登録

まずは、Googleマイビジネスに登録しましょう。MEO対策をするための、はじめのステップです。

Googleマイビジネスは、以下のリンクから登録可能です。
▶ Googleマイビジネス

やり方は以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。
≫ Googleマップの登録方法!変更や削除の手順も解説

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスは、Googleが提供している無料のサービスです。Googleマイビジネスに登録すると、Google検索やGoogleマップにて店舗の情報を表示させることが可能です。

ナレッジパネル

店舗名でGoogle検索をすると、このような検索結果が表示されます。画像の赤枠の部分が、Googleマイビジネスに登録した情報が表示される場所です。

ローカル検索結果

「ラーメン屋+東京」のように、地域名と店舗のジャンルを組み合わせて検索した場合は、このように表示されます。検索するキーワードによって表示される内容が変わることを留意しておきましょう。

Googleマイビジネスに登録しなくても店舗情報が検索結果に出ることがありますが、それはGoogleが自動構築した情報です。正しくない情報が掲載されることがあるので、Googleマイビジネスに登録し、正しい情報を掲載しましょう。

Googleマイビジネスについてより詳しく以下の記事で解説しております。
≫ Googleマイビジネスの使い方!登録方法や注意点まで徹底解説

MEO対策で上位表示させるコツ

MEO対策を行えば、必ず上位表示されるわけではありません。上位表示させるには、コツを知っておかなければいけません。ここでは、MEO対策で上位表示させるための3つのコツを紹介します。

コツ①:Googleマイビジネスの情報を充実させる

Googleマイビジネスに登録したら、まずは情報を充実させていきましょう。情報を充実させると検索キーワードが含まれるようになり、検索に引っかかりやすくなります。このコツは、上位表示させるための3つのポイントのである「関連性」の部分です。

また、営業時間や連絡先などは、常に最新の情報を掲載するのが理想です。最新の営業時間や連絡先を記載しておかないと、誤った情報が表示され、来店の損害要因や機会損失に繋がります。

また、祝日や特別な日で営業時間が異なる場合は、それらの時間も設定しておきましょう。

写真の投稿も大切です。ユーザーは魅力的な写真が掲載されている店舗に惹かれます。検索結果に表示される写真は自分で選択できませんが、オーナーが登録した写真が掲載されやすいので、積極的に写真を投稿しましょう。

コツ②:最新情報を更新し続ける

Googleは新しい情報が公開されているビジネスを好む傾向があるため、定期的に情報を更新することでGoogleの評価が上がりやすくなります。

投稿機能での店舗・拠点のお知らせ配信や口コミ返信はもちろん、質問に対する回答を記載したり、写真を追加して店舗・拠点の魅力をアピールするのも方法です。
たとえば、次のようなものを最低でも週2回投稿しましょう。

  • 店舗や企業のキャンペーン・イベント情報
  • お得情報・クーポン
  • 新商品の案内

Googleは「その店舗・拠点情報が最新の状態に保たれているか?」ということを重要視します。どんな情報でも投稿してマイビジネスを更新することが、表示順位で上位を狙うための大きなポイントです。

コツ③:口コミの数を増やして評価を上げる増やす

口コミの数と評価の高さは、Googleマップで上位表示するために非常に重要な評価要素です。

Googleは、多くの人から評価される店舗・拠点=ユーザーに情報を提供すべき重要コンテンツとみなします。
そのため、口コミをたくさん集めることが大切ですが、何もせず口コミは増えないので、“口コミ投稿お願いします!”などのポップを店内に配置するなど、様々な方法でアピールする必要があります。

また、Googleマップの検索結果には口コミの内容が表示されることもあるため、以下の内容を口コミに入れるとより効果的です

  • 検索キーワードに関連する内容
  • 具体的かつユーザーニーズをおさえた内容
    (サービスや商品、店内の雰囲気、メニューなど)

口コミの増やし方について以下の記事で解説しています。
≫ Googleマイビジネスの口コミを増やす方法と重要性を徹底解説!

コツ④:口コミの管理・返信をする

口コミを書いてもらうだけでなく、口コミへの返信やどんな口コミがあるのか分析することも重要です。

ユーザーが記入した口コミに対して返信することは、ユーザーとのコミュニケーションの場にもなります。ポジティブな口コミに対してはもちろん、ネガティブな口コミに対しても丁寧な対応を取ることで、ユーザーのマイナス体験がプラスに変わる可能性も大いにあります。

また、ユーザーがどんな口コミを書いているのか口コミを確認して分析すると、店舗・拠点の良いところはもちろん、ユーザーが求めているサービスや改善点も把握でき、サービス向上に繋がります。
さらに、あまりにもひどい内容や誹謗中傷などはGoogleに申請すると削除してもらえることもあります。

口コミの対策や返信について以下の記事で詳しく説明しています。
≫ Googleマイビジネスの口コミ返信は超重要!方法と例文まとめ
≫ Googleマイビジネスの口コミ対策ガイド!対処法や増やし方を紹介

コツ⑤:検索順位をチェックする

MEO対策を実行したら、検索順位をチェックするようにしましょう。検索順位をチェックすることで、施したMEO対策がどの程度効果があったのかがわかります。

順位が悪ければ新たな対策を取る必要がありますし、順位がよければ今の対策を継続して行ってもよいということです。上位3位以内に入っているかを基準に、検索順位を確認しましょう。

検索順位の確認は手作業でもチェックできますが、ツールを使うとより効率的にチェックできます。

コツ⑥:自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付けをする

「Googleマイビジネス→自社サイト」の関連付けは簡単ですが、「自社サイト→Googleマイビジネス」の関連付けも重要です。

自社サイトの会社(店舗)情報ページやアクセスページに、次の2つを記載します。

  • Googleマップの共有リンク
  • Googleマイビジネス地図情報

(※店舗情報が掲載されているiframeリンクを埋め込まないとGMB情報へのアクセスが不可)

自社サイトとGoogleマイビジネスの紐付け

コツ⑦:自社サイトの構造化マークアップをする

構造化マークアップとは、Webページの内容を検索エンジンがより分かりやすく理解できるように意味付けすることです。

自社サイトを構造化することで、検索エンジンがサイトの内容に対して、どのような情報をもっているのかを深く理解することができ、それが検索順位により有効に働くと言われています。

自社サイトの構造化マークアップ

特に、NAP(Name、Address、Phone)情報の統一は必須です。

  • Name:店舗名(会社名・屋号)
  • Address:住所
  • Phone:電話番号

コツ⑧:関連する自社サイトのSEO対策をする

自社サイトの検索結果での掲載順位も考慮に入るため、自社サイトのSEO評価をあげる対策をすることも重要です。

公式サイトの情報はGoogleマイビジネスの情報と関連付けられており、検索されたキーワードに関連するテキストが表示されます。

そのため、公式サイトにGoogleマイビジネスの情報や表示したいキーワードと関連の高いコンテンツを掲載する必要があります。

MEO対策の注意点

最後に、MEO対策における注意点をまとめていきます。MEO対策を行う際は、これらの注意点を留意しましょう。

注意点①:情報を第三者に改変される可能性がある

検索結果に表示される情報は、第三者が変更できます。そのため、いつの間にか誤った情報に変更されてしまうといったリスクがあるのです。

特に、インターネット上で炎上した店舗の場合、情報が不名誉な内容に改ざんされてしまうことがあります。その場合は、早急に対策を取らなければいけません。

もしも第三者に情報を変更されてしまった場合は、次の手順で修正しましょう。

  1. Googleマイビジネスにログイン
  2. 「Googleマイビジネス以前の管理画面に戻る」をクリック
  3. 「To-doリスト」内の「Googleによる変更」をクリック
  4. 画面右上「Googleによる変更を破棄します」をクリック
  5. 破棄する更新を選択し「破棄」をクリック

何度も情報を改ざんされてしまうといった場合は、一度Googleに問い合わせてみましょう。対策をしてくれるかもしれません。

注意点②:口コミが公開される

Googleマップに投稿された口コミは、すべて公開されます。よい評価の口コミであれば集客アップに繋がりますが、悪い評価の口コミは逆効果です。そのことを意識しておく必要があります。

事実無根の誹謗中傷や個人情報など、削除したほうがよい口コミであれば、削除したほうがよいでしょう。口コミの削除はGoogleマイビジネスから可能です。

ただし、低評価の口コミをすべて削除すると、「低評価の口コミは削除する店舗」というイメージが付く可能性があります。口コミの取り扱いは慎重に行うようにしましょう。

誹謗中傷などの口コミはGoogleに削除の申請依頼を出すことが可能です。
≫ Googleマイビジネスの口コミを削除・非表示にする方法と対策

注意点③:根気強く続けなければいけない

MEO対策はすぐに結果が出るわけではありません。はじめてから半年以上かかることもあります。そのため、コツコツと続けていかなければいけません。

自分で継続的にMEO対策を行うのが難しい場合は、業者に依頼したり有料のサービスを利用したりしてもよいでしょう。

まとめ

店舗の集客をアップしたい場合は、MEO対策が効果的です。MEO対策を行えば、ローカル検索をした際に上位表示されやすくなるので、注目されやすくなります。

Googleマイビジネスを使えば、無料でMEO対策ができます。ただ、自分でMEO対策する時間がない場合や、自分で行っても結果がでない場合は、業者やサービスを利用してもよいでしょう。

Googleマイビジネス最適化やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。