Googleマイビジネスの口コミを増やす方法と対策の重要性!注意点も解説

Googleマイビジネスの口コミを増やす方法と対策の重要性!注意点も解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

Googleマイビジネスの口コミの数って多い方がいいの?
Googleの口コミの数を増やしたいけどどのように増やしたら良いの?
そんなお悩みを感じている人も多いのではないでしょうか。

今回は、Googleマイビジネスの口コミを増やす方法や、口コミの重要性などについてまとめていきます。

この記事を読めば、Googleマイビジネスの口コミを増やして、WEBからの集客を改善する方法が分かります。

Googleの口コミを増やすことが重要な理由は?

口コミとは、お店の商品やサービスなどについて実際に利用した人が感想や印象をサイトやSNSなどに書き込む内容のことです。Googleマイビジネスの口コミは、店舗側だけではなくお店を利用する側の人にとっても、とても貴重な情報源となっています。

口コミはGoogleローカル検索で2番目に重要な順位の評価要因

Google上の口コミは、Googleマップでの順位にも影響してきます。口コミの数が多いと、Googleマップで検索した際の表示結果で掲載される順位が上がりやすくなります。順位が上がることによって、そのお店の知名度にも良い影響を与えることになります。

お店の認知度や人気度、信頼度などを高めるためには、多くのサイトで口コミを獲得する必要があり、その中でも重要なのがGoogleマイビジネスの口コミとなっています。

米国のMOZ社が2020年のデータとして発表したSEOのローカル調査レポートにおいて、Googleのレビューや評価はローカル検索の結果で上位表示するために2番目に重要な評価要素となっています。

2020年のローカル検索ランキング要因と変化

【参照:MOZ「The State of Local SEO Industry Report 2020」P.19】

口コミの数が多く、さらに評価が高ければ、利用者の来店意欲が高まる

利用者としては、お店に行く前に店舗情報を検索するという人も多いと思います。検索した結果、実際に行くお店をどのように決めるかと言うと、多くの人が気にするのがそのお店の口コミではないでしょうか。
元々は行く予定がなかったり、その店舗のことを知らなかったりしても、高評価の口コミが多いと、なんとなくそのお店が気になってくる人もいると思います。その結果として、口コミが影響して今まで行ったことがないお店に行ってみるという人も出てきます。

先述したように、口コミは実際にそのお店を利用したことのある人が感じたことや体験したことなどを書いている場合がほとんどです。その口コミを見ることで、利用者は自分が実際にお店に行った場合にどのようなサービスを受けることができるのかイメージすることができます。

口コミの増加が与えるメリットとは?

口コミは事業者と利用者のどちらにとっても重要だということが分かりましたが、その口コミを増やすことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。口コミを増やすことによって得られるメリットを3つ紹介します。

検索キーワードとの関連性アップによる上位表示

Googleに書かれた口コミの内容が検索キーワードに関連していると判断されると、Googleマップの検索結果でも上位表示されやすくなります。また、Googleマップの検索結果には口コミの内容が表示されることもあります。そのため、具体的なキーワードが含まれた口コミは、関連度を上げるための検索評価の資産としてもとても価値があるコンテンツとなっています。

人気度・知名度を高めることによる上位表示

口コミの数が多いことには、きちんと理由があります。口コミの数が多いということは、それだけ利用者が多いということであり、人気も高いということを表しています。口コミの数が多ければ、知名度が高い店舗として評価されることにもつながります。そのためにも、可能な限り多くの口コミを、自然に、かつ安定して増やすようにしていかなければなりません。

Googleでもこのように記されています。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

引用:Googleマイビジネスヘルプ
店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

店舗情報の増加による来店促進

利用者が口コミに書き込んだ内容は、お店に関係する詳しい情報として利用されます。
そのため口コミは、利用者が実際にお店に行くか判断したり、サービスを受けたり商品を購入したりするかを検討するための重要な手段ともなっています。

先述したように、利用者は実際にお店に行く前に情報を検索することが多いです。検索した結果として知らないお店の情報が出てきたとしても、表示されている口コミの内容によっては、そのお店が気になって行ってみたくなるという人も少なくないでしょう。知っているお店の情報が出てきた際も、口コミの内容が表示されていることによって、そのお店に行きたいという気持ちが強くなることもあります。
口コミに書かれた内容によって、さらに利用者の来店意欲を高めることができ、来店促進につながります。

また、口コミは文章だけでなく、メニューやお店の内部などの詳細が分かる写真も併せて投稿してもらうとよりその口コミの価値が高くなります。
例えば飲食店の場合、投稿された回数が多いメニューは、人気のあるメニューと判断され、利用者が書き込んだ口コミの内容と併せて投稿した写真が表示されるようになります。

口コミの増加が与えるデメリットとは?

口コミが増加することには、検索評価や信頼性の向上などにつながる様々なメリットがありますが、反対にデメリットもありますので紹介します。

口コミの増加によるデメリットとしては、誹謗中傷や低評価の口コミなどがあるということです。
低評価の口コミに関しては、内容にもよりますが、そのお店の業務についての改善すべき点や問題点などに気づくきっかけとなることもあります。悪い面に対する指摘を書き込んである口コミは、利用者の率直な感想である場合がほとんどです。その場合は貴重な情報でもありますので、書かれた意見をきちんと受け止めて改善につなげるということも大切になってきます。

その一方で誹謗中傷の場合、事実無根のことが書かれることも少なくありません。そのような誹謗中傷を書き込む利用者の心理としては、お店に何らかの悪い印象を持ったりストレスを感じたりした場合に、目に見える口コミという形で表す傾向があるようです。

Googleの口コミを増やすためにはどのような方法がある?

様々な観点で重要と言われている口コミですが、どのように増やしたら良いのでしょうか。口コミがなかなか増えず、悩むことがあるという人もいると思います。
ここからは、口コミの増やし方についてまとめます。どのように口コミを増やしたら良いのか、悩んでいたり悩むことがあったりするという人は参考にしてみてください。

口コミを増やす方法1:直接お願いする

まずは、お店から利用客に口コミの投稿についてお願いしてみましょう。口コミの投稿をお願いするには、口コミの投稿ができるURLを利用客に伝えておく必要があります。URLが長い場合もあるので、そのような時は短縮URLを用意すると便利です。

口コミについて利用客に伝える方法としては、レジの前に案内を掲示しておいて会計の時に声をかけたり、口コミが投稿できるURLを記載したカードを渡したりするのも良いでしょう。そうすることで、興味を持った利用客が口コミを投稿してくれることにもつながります。

口コミを増やす方法2:略称を作成する

Googleマイビジネスは、プロフィールの略称を設定することができます。略称を登録しておくと、Googleマップで略称での検索がされた時に店舗の情報がダイレクトに表示されます。お店のブランド名のような利用者に分かりやすい略称を登録することで、利用者が検索した時に見つけやすくなります。

Googleマイビジネスで登録した略称は、口コミを投稿するページの短縮URLにも利用されます。そのため、略称を登録することで、口コミページへのリンクとなるURLもコンパクトにすることができます。
プロフィールの略称を設定する際は半角32文字以内で設定可能となっており、1年で3回まで変更することができます。

プロフィールの略称

口コミを増やす方法3:QRコードを使う

先ほど、口コミを増やすために利用客に声をかけるという方法を紹介しました。それに付随して、利用客にURLを伝える際、URLをそのまま伝えるよりも、口コミのページをORコード化しておいたほうが効率が良い場合もあります。普段からスマートフォンを利用している人にとっては、URLから検索するよりもQRコードを直接読み込むほうが手間がかかりません。

一度QRコードを作っておけば、QRコードを記載したカードをレジ前に設置したり、飲食店であればそれぞれの座席にPOPを置いておいたりすることができます。利用客の目につくところに設置しておくことで、直接声をかけなくても自然と口コミの収集につなげることができます。

QRコードの作成は簡単で、インターネット上に様々な無料のQRコード作成ツールがあります。そのツールの説明に従って口コミを投稿するページのURLを入力することで、QRコードを発行することができます。

口コミを増やす方法4:チラシやポップを作成する

上で紹介した方法とも関係してきますが、お店の中の利用客の目につく場所にチラシやPOPなどを設置して、自然と口コミの投稿を意識してもらえるようにすると良いでしょう。設置場所は、出入口やテーブル、レジ付近などがおすすめです。

口コミを増やす方法5:SMSで依頼する

お店によっては、顧客の情報として電話番号を控えてあることもあります。その場合はSMS(ショートメール)を利用して口コミの投稿を依頼することもできます。そうすることで、口コミを獲得できる確率も高くなります。
SMSはEメールと比べて迷惑メールが少ないため、開封して読んでくれる人が多い傾向が見受けられます。特に実際に利用したお店であれば、はっきりと記憶にも残っているため、口コミを書いてくれる可能性が高くなります。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

口コミを増やす際の注意点は?

ここまで、口コミを増やすための方法としていくつか紹介しました。口コミを増やす際には、口コミを増やすことだけを考えるわけではありません。口コミを増やす際に注意する点についてまとめますので参考にしてください。

ただ口コミを増やせばいいわけではない

口コミの数と評価の高さは、Googleマップで上位表示するために非常に重要な評価要素ですが、ただ数を増やせば良いというわけでももちろんありません。

Googleマップの検索結果には口コミの内容が表示されることもあり、検索キーワードに関連する内容が書かれているとより上位表示もされやすくなります。
特に以下2つの内容を入れると効果的です。

  • 検索キーワードに関連する内容
  • 具体的かつユーザーニーズをおさえた内容
    (サービスや商品、店内の雰囲気、メニューなど)

自作自演の口コミは書かない

これは常識とも言えるかもしれませんが、自作自演の口コミは書いてはいけません。
Googleの口コミを書くにはGoogleアカウント(Gmailのメールアドレス)が必要です。自分が持っているGoogleアカウントで自分のお店の口コミを書いた場合、そのことが判明した時にGoogleから何らかのペナルティを受けることもあります。

そのようなことがあると評価が下がってしまい、Googleの検索で上位に表示されなくなったり、Googleマイビジネスが削除されたりする場合もあります。
自分自身で自分のお店の口コミを書いているということは、IPアドレスやアカウント情報などからGoogleは簡単に把握することができます。
これは、「ユーザーにとって有益な情報を提供する」というGoogleのポリシーによるものです。

Googleでもこのように記されています。

マップユーザーの投稿コンテンツは、公正で偏見のないものである場合に価値を生みます。禁止されている行為の例として次のようなものが挙げられます。

自分の店やサービスのクチコミを投稿すること。
現在または過去の職場に関するコンテンツを掲載すること。
競合他社に関するコンテンツを投稿して評価を操作すること。

引用:マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー ヘルプ

報酬などで口コミを増やすのはNG

報酬とは、お金や商品、サービスなどのことです。それらを利用者に提供することを条件に口コミを書いてもらうということもやめましょう。このような行為についても、Googleの口コミに関するポリシーにおいて禁止されています。
口コミは、あくまでも利用者の善意によって書いてもらうものだということを忘れないようにしましょう。

口コミに返信する

口コミに対する返信に関しては、良い口コミも悪い口コミも関係なく、投稿された口コミには可能な限り返信したほうが良いでしょう。お店側が口コミへの返信をしていることで、利用者はお店に対してポジティブな印象を持つことができます。

もし、良い評価の口コミだけに返信して悪い評価の口コミには返信しないというようなことがあると、反対にお店のイメージが悪くなったりお店のブランドを毀損することになったりする場合もあります。
お店を検索した利用者は、お店側が口コミへ返信しているのを見るとことでお店に興味を持つこともあります。それから実際にお店を利用してもらうことで、新たな口コミを獲得することにもつながります。

一部の悪い口コミは削除できる

口コミの中には、悪意があるとも取れるような極端に悪い口コミもあります。そのような場合、口コミの内容によっては削除することも可能です。口コミの削除が可能な内容としては、Googleのポリシーに違反している内容の場合です。

ただ単に批判的な悪い内容の口コミ、という理由だけでは削除できないので、Googleのポリシーで違反になる内容を確認して、該当する場合にはGoogleに違反報告をするようにしましょう。
ポリシーに違反していると認められることが多い内容は、スパム、虚偽の内容や関連性のない内容、中傷的な内容などです。

まとめ

いかがでしょうか。今回はGoogleの口コミの重要性や口コミを増やすための方法などについてまとめました。
事業を営んでいる人にとって、口コミに関しては気になる点ではないでしょうか。口コミが増えなかったり、増やしたくても増やし方が分からなかったり、口コミに関して何らかの不安要素がある人も少なくないと思います。
今回の記事の中で参考になりそうなところがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。