Googleマップに店舗情報を登録する方法!変更や削除の手順まで詳しく解説

Googleマップに店舗情報を登録する方法!変更や削除の手順まで詳しく解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

Googleマップに店舗登録ってした方が良いの?
Googleマップに店舗登録したいけれど手順がわからない・・
と困っていませんか?

Googleマップは無料掲載できるだけでなく、店舗集客にもつながる便利なサービスです。利用したいと考えているお店も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Googleマップの登録方法や事前に確認すること、変更や削除の際の手順について解説していきます。

この記事を読んで、Googleマップに登録し、WEBからの集客向上につなげましょう!

Googleマップ登録前に確認すること

Googleマップに登録する前には確認することが2点あります。「Googleアカウントの取得」と「すでにオーナー登録されていないか」です。みていきましょう。

Googleアカウントの取得

Googleアカウントは取得してありますか?Googleマップに登録するにはGoogleアカウントが必要になります(登録無料)。アカウント作成後はGoogleマイビジネスを活用できたり、Gメールも利用可能になったりと活用できる幅が広がるので取得しておいて損はありません。まだアカウントを所持していない場合は、登録・取得を行いましょう。

地点登録・オーナー登録の有無

Googleマイビジネスにすでにオーナー登録されているか・されていないかも確認しておきましょう。登録されているかいないかで、手順が異なってきます。

  • Googleマイビジネスでオーナー登録がまだされていない場合…新規登録を行う
  • Googleマイビジネスですでにオーナー登録されている場合…新規登録ではなく編集や削除申請などが必要

この確認作業は非常に重要になります。新規登録を行う際は問題ありませんが、すでに地点登録・オーナー登録がされている状態でGoogleマイビジネスの登録を行うと、店舗情報が重複して作成されてしまうからです。

店舗情報が重複していると、お店を探しているユーザーにとっては「どっちの情報が正しいの?」「違うお店なのか?」と混乱を招くことにもなりかねません。集客を成功させるために始めたはずのツールが、逆効果になってしまうのはもったいないですね。

重複を回避するためにも確認しましょう。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

Googleマップの登録方法

実際に、Googleマップの登録方法を紹介していきます。

Googleアカウントの作成

Googleアカウントを作成していきましょう。Googleアカウントは、個人アカウントでも作成可能ですが、店舗の代表メールアドレスで取得するのがおすすめです。なぜなら管理する担当者が変更になる可能性もあるからです。

変更になった際、個人アカウントより代表メールアドレスのほうが引継ぎがスムーズに行えるため、店舗の代表アドレスで作成しましょう。

Googleアカウント作成画面

専用ページで次のような項目を入力していきます。

  • メールアドレス
  • パスワード

新しいメールアドレスではなく、今まで使用していたアドレスを登録したい場合は「代わりに現在のメールアドレスを使用」をクリックすると、現在のメールアドレスでの登録が可能です。

Googleアカウントの作成はこちら

Googleマイビジネスの登録

Googleアカウントを取得したあとは、Googleマイビジネスの登録を行います。「なぜGoogleマイビジネスに登録する必要があるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。

理由としては、GoogleマイビジネスはGoogleマップと紐づけられているからです。Googleマイビジネスに店舗情報や会社の情報を正確に登録することで、Googleマップにも反映されるという仕組みになっています。

Googleマイビジネス登録の詳しい手順はGoogleマイビジネスの使い方!登録方法や注意点まで徹底解説で紹介しているので参考にしてください。

店舗情報の入力

Googleマイビジネスの登録が完了したあと、店舗情報の入力を行っていきましょう。Googleマイビジネスで設定した情報より詳細な店舗情報を入力できます。

設定できるおもな項目は次の通りです。

  • カテゴリ…業態を選べる項目
  • 営業時間…営業時間を入力できる項目
  • 特別営業時間…営業時間変更などが事前に設定できる項目
  • 属性を追加…店舗の特長を追加できる項目
  • 写真を追加…店内外の写真を掲載できる項目

カテゴリ」では、たとえばクレープを提供している店舗なら、クレープ店を選択します。複数のカテゴリに属する場合は、別途追加でカテゴリを登録しましょう。

営業時間」は、店舗の営業時間を入力できる項目。

ケイビーカンパニー営業時間

特別営業時間」とは、臨時休業や祝祭日、年末年始などの際の営業時間を設定する項目です。時間が短縮されたり定休日になったりすることもありますよね?このような場合の、営業時間の変更を事前に設定できる機能です。

ケービーカンパニー特別営業時間

属性を追加」には、バリアフリー対応やクレジットカードの支払い可能といった店舗の特長を追加しましょう。

写真の追加」では、写真の登録・掲載ができます。店舗内・外の写真だけでなく、メニュー写真などの掲載もできるため、店舗の魅力を視覚で伝えることが可能です。写真を追加することで集客アップの効果も見込めるので、多く掲載していきたいですね。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

Googleマイビジネスの登録した情報の編集方法

Googleマップに登録した情報を変更したり、削除したりすることもあるのではないでしょうか。この章では、変更の際の編集方法について紹介します。

店舗住所の変更

店舗の移転・引っ越しなどで住所を変更したい場合、店舗を移転したからといって新規アカウントを作成する必要はありません。Googleマイビジネス内での変更手順を紹介します。

住所変更の手順

  1. Googleマイビジネスのアカウント画面を開く
  2. 画面左の「情報」をクリックする
  3. 変更する住所の横にある「編集ボタン(ペンマーク)」をクリックする
  4. 新しい住所を入力する
  5. 画面右下にでる「適用」ボタンをクリックする

新しい住所への変更が完了です。

アカウントや情報の削除

「移転と同時に新規アカウントを作ってしまった!」「オーナー登録されており重複していた」「複数店舗運営していたうちの1つが閉業になった」といった場合は、削除の申請を行いましょう。手順を紹介します。

対処法の手順

  1. Googleマップにアクセスし、以前の住所を入力して旧店舗を表示させる
  2. 左側の情報欄「情報の修正を提案」項目をクリックする
  3. 次の画面「閉業している、または存在しない場所」の項目→「いいえ」から「はい」に変更
  4. 理由の項目に「新しい場所に移転している」を選択。移転先の新住所を入力する
  5. 画面右下の「送信」ボタンをクリックする

Googleによる調査が行われ、申請内容が承認されると古いアカウントは削除されます。

*手順4.は仮に「移転」を選択していますが、重複が理由であれば「重複」、閉業であれば「閉業」など、理由に合わせて選択してください。

まとめ

Googleマップの登録は、Googleアカウントが必須です。またGoogleマイビジネスとも紐づいているのでGoogleマイビジネスへの登録も必要となります。注意点は、新規アカウントを作成する前にすでに地点登録やオーナー登録がされていないか確認すること。

店舗情報の重複は、ユーザーを混乱させてしまい集客の機会損失を招く恐れがあるので、必ず確認しましょう。移転の際などは、内装や店内の雰囲気も変わるのではないでしょうか。そのため、住所変更だけでなく写真の追加や変更も行うといいですね。

今後、ますますWebが主流になると予想されている時代において、Googleマップは店舗運営には欠かせない存在になるといっても過言ではありません。うまく活用していきましょう。

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。