Googleマイビジネスが重複している時の対処法!削除や統合の方法を解説

Googleマイビジネスが重複している時の対処法!削除や統合の方法を解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスが重複しているので対処法を知りたい」
「どうしてGoogleマイビジネスが重複しているのかわからない」
「Googleマイビジネスが重複しない方法を知りたい」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

今回は、Googleマイビジネスのアカウントが重複してしまう理由や、その対処法、今後アカウントが重複しないための方法などについて解説していきます。

この記事を読むことで、Googleマイビジネスの正しい運用方法がわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleマイビジネスのアカウントが重複してしまう理由

そもそも、どうしてGoogleマイビジネスのアカウントが重複してしまうのでしょうか?
アカウントが重複するのにはいくつかの理由がありますので、理解しておきましょう。

Googleマイビジネスアカウントの情報共有不足

オーナーと店長が別々で、片方がアカウント作成をしたことを知らなかった場合です。
もう一方が新しくアカウントを作成してしまい、同じビジネス名のアカウントが2つできてしまうというわけです。

また、以前のスタッフがすでにアカウントを作成していたことに気づかずに、新しく作ってしまった場合も、アカウントが重複してしまいます。

サイテーションサイトの情報が違っていたため自動生成された

サイテーションサイトとは、食べログやくるなび、ホットペッパーなどの店舗名・住所・連絡先などの情報がまとまっているサイトのことです。

この情報を元に、Google側でマイビジネスアカウントが自動生成されることがあります。
これは、WEB上のビジネス情報がバラバラであるために起きてしまうので、WEB上の情報は統一しておきたいですね。

例えば、ホームページとSNS、ポータルサイトなどの住所の表記が違っていたり、店舗名がカタカナ表記と英語表記がある場合などに、Googleが別の店舗だと認識してしまうことがあるのです。

第三者によってアカウントが作られた

上記のどちらでもない場合には、「地図に載っていない場所を追加」の機能から、ユーザーが新しい店舗など仮登録した可能性も考えられます。

Googleマイビジネスアカウントの重複がいけない理由

なぜ、Googleマイビジネスのアカウントが重複しているままだと良くないのか、その理由を見ていきましょう。

ユーザーの混乱を招く恐れがあるから

同じお店のアカウントが2つ以上あった場合、ユーザーはどのアカウント情報を参考にすれば良いのかわからなくなってしまいます

正しい情報がどれかわからないことが原因で、来店につながりにくくなったり、他のお店に来店しようと考えたりする可能性もあるのです。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

Googleからの評価が下がるから

Googleは、ユーザービリティーを最優先に考えてサービスを提供しています。

そのため、ユーザーを混乱させるようなアカウントはGoogleが評価を下げる原因になるのです。

MEOの順位にも影響してくるので、アカウントの重複を見つけたら、早めに対応しましょう。

まずはGoogleマイビジネスのオーナー確認の状態を知る

Googleマイビジネスが重複している場合、オーナー確認済みかどうかで対処法が変わってきます
以下のようなパターンが考えられますが、どれに当てはまるかを確認しておきましょう。

  • オーナー権限が自分にある
  • オーナーが自分ではない他の人(以前の経営者やスタッフなど)
  • 誰がアカウントを管理しているのかわからない場合
  • アカウントの管理者がいない場合

オーナー確認のやり方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
Googleマイビジネスのオーナー確認は重要!方法ややるべき理由を徹底解説

Googleが自動生成したり、第三者が仮登録した場合には、Googleマイビジネスの管理者がいない場合もあります。
「このビジネスのオーナーですか?」と表示されている場合には、管理者がいない状態です。
オーナー確認を行うことで、オーナー権限を得られます

自身にオーナー権限があった方が、アカウントの削除などがスムーズになるので、重複しているアカウントの管理者がいない場合には、オーナー確認を行いましょう。

Googleマイビジネスが重複している時の対処法

Googleマイビジネスが重複している場合の対処法は、以下の3つがあります。

Googleマイビジネスの管理画面から削除する

重複しているGoogleマイビジネスのオーナー権限が自分である場合や、前の経営者やスタッフである場合にはGoogleマイビジネスの管理画面から削除を行います。

自分にオーナー権限がなく、自分以外の人が管理者になっている場合には、招待してもらってオーナー権限を付与してもらいましょう

①Googleマイビジネスにログイン

「情報」をクリック

「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」「リスティングを削除」を選択

「削除」をクリックして完了

Googleマップから重複したビジネスを報告する

自分にオーナー権限がなく、誰がアカウントを管理しているのかわからない場合に行う方法です。

①削除したいGoogleマイビジネスのプロフィールを表示させる

「情報の修正を提案」をクリック

重複したGoogleマイビジネスアカウント報告の方法

「休業、閉業、または削除」をクリック

重複したGoogleマイビジネスアカウント報告の方法

「他の場所と重複」をクリック

重複したGoogleマイビジネスアカウント報告の方法

これで完了です。

サポートに連絡して統合を依頼する 

こちらは、自分にオーナー権限がある場合、もしくは重複アカウントのオーナーがいない場合に行える方法です。
他の誰かがアカウントを管理している場合には、統合できないので注意しましょう。

Googleマイビジネスの管理画面から問い合わせを行って、統合を依頼します

①Googleマイビジネスの管理画面を開く

「サポート」をクリック

重複したGoogleマイビジネスアカウント統合依頼の方法

「お問い合わせ」をクリック

重複したGoogleマイビジネスアカウント統合依頼の方法

④自由記入欄に、「Googleマイビジネスが重複しているため統合したい」旨を記入する

重複したGoogleマイビジネスアカウント統合依頼の方法

以上で完了です。

Googleマイビジネスの重複アカウントを削除・統合する際の注意点

Googleマイビジネスの重複アカウントを、削除・統合する際に、注意しておきたい点について解説していきます。

削除依頼の受理には時間がかかる場合もある

削除依頼が受理されるには時間がかかり、削除されるまでに1年を要した例もあります。

Google側として、そのビジネス情報の間違いや重複が明らかに証明されない限り、極力情報を削除しない傾向にあるようで、削除の対応は慎重に行っているようです。

統合では口コミも統合される

削除よりも比較的スムーズに対応してもらえるのが、アカウントの統合です。
しかし、アカウントを統合する場合、口コミも統合される点に注意しましょう。

ネガティブな口コミと統合されてしまった場合には、真摯に対応することが大切です。
まずは不快にさせてしまったことへの謝罪と、合わせて今後どのように改善していくかを明記して返信しましょう。

誹謗中傷や嫌がらせなどの悪質な口コミは、Googleに削除リクエストを送ることができますので、検討してみてください。

Googleマイビジネスのアカウント重複を防止する方法

Googleマイビジネスのアカウント重複を避けるためにやっておくべき対策について解説します。
今後、アカウントを重複させないためにも、実践しておきましょう。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

社内で周知を徹底する

オーナーや店長が異なる場合は特に、Googleマイビジネスアカウントについて共有しておくことが大切です。

管理者やオーナーが誰なのか、また引き継ぐ際の担当も決めておくと良いですね。

念のため、スタッフにも共有しておくとお安心です。

すでにアカウントが作られていないか確認する

Googleマイビジネスのアカウントを作ろうと思った時には、すでにアカウントが作成されていないか必ずチェックすることで、重複を防げます。

オーナーがあなた一人の場合や、スタッフが他にいない場合にも、第三者によってアカウントが作成されていないかをしっかりチェックしておきましょう

WEB上のNAP情報を統一する

NAP情報とは、以下の3つの情報のことをいいます。

  • Name:店舗名
  • Address:住所
  • Phone:電話番号

SNSやホームページ、ブログ、ポータルサイトに掲載するものは全て統一しましょう。
特に、以下の点が統一されているかがポイントです。

  • 住所の番地表記は全角・半角が統一されているか
  • スペースの有無は統一されているか
  • 店舗名の表記はカタカナ表記・英語表記など統一されているか
  • 電話番号は、ハイフンの有無が統一されているか

店舗を移転した場合には、新しく作らず住所変更をする

店舗を移転した場合に、新しくアカウントを作ってしまうとアカウントの重複が起きてしまいます。

新しいGoogleマイビジネスアカウントを作成するのではなく、住所変更を行って対応しましょう。

まとめ

Googleマイビジネスのアカウント重複は、ユーザーを混乱させるだけでなく、Googleからの評価を落とすことにもつながります。

重複を発見した場合には、できるだけ早く対応するように心がけましょう。

そして、今後アカウントの重複を起こさないよう対策を行いながら、Googleマイビジネスを効果的に運用してみてくださいね。

Googleマイビジネス対策や運用でお困りですか?

本ブログを運営するケイビーカンパニー株式会社は、「リアルロケーションにWEBマーケティングを提供することで社会構造を変える」というミッションをもとに店舗のWEB集客を支援するサービスを提供しております。

  • Googleマイビジネスの効果的な使い方がわからない
  • 店舗集客に必須と聞くけど、Googleマイビジネスって何
  • Googleマイビジネスの最適化で集客果を高めたい

お店のGoogleマイビジネスの掲載順位を上げるには、Googleマイビジネスだけでなく、他の検索エンジンや口コミサイト、SNSやマップアプリなどでの対策も重要なのです。

弊社では、Googleマイビジネスの最適化はもちろん、その他にもFacebookやAppleマップ、TripアドバイザーやBingなど国内30以上のWEBチャネル上で対策を行っています。
また、Googleマイビジネスだけではない複数チャネルの情報管理・分析に加え、複数店舗の情報管理・分析も1つの画面で可能なので業務効率化にも繋がります。

契約店舗数は500以上で、業種・業界も、飲食店、ホテル・旅館、美容サロン、ジム、不動産、学習塾、病院など多岐に渡ります。

Googleマイビジネスに関して少しでもお困りの方は、サービス以外のことでもお気軽にご相談ください!
無料セミナーも開催しております!

≫ 無料ご相談はこちら

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。