Googleマイビジネスを最適化しよう!検索で上位表示させる方法を紹介

Googleマイビジネスを最適化しよう!検索で上位表示させる方法を紹介

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスを最適化する方法が知りたい」
「Googleマイビジネスを最適化してMEO対策がしたい」
「Googleマイビジネスの最適化は自分でできるの?」
そんなお悩みありませんか?

Googleマップで上位表示するには、MEO対策を取ってGoogleマイビジネスを最適化することが重要です。

そこで今回の記事では、Googleマイビジネスについて解説した後、Googleがランキングを決める仕組みや、Googleマイビジネスを最適化する方法を紹介します。

誰でも簡単にできることばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

Googleマイビジネス最適化とは

Googleマイビジネス最適化とは、GoogleマップやGoogle検索でお店のGoogleマイビジネス情報が上位表示されるために行う対策のことをいいます。

そもそもGoogleマイビジネスとは、Googleマップ上で、自店舗の情報や位置を表示し、管理するための無料ツールです。

飲食店や歯医者、ホテルや美容院など、実店舗を持ちながら地域ビジネスを行う場合、重要なウェブ施策となります。

検索で店舗のGoogleマイビジネスが上位表示されるには、MEO対策が必須です。MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称です。

MEO対策を実施して、検索で上位表示されるようGoogleマイビジネスを最適化します。

具体的には、「梅田 美容院」など「地名+業種」でユーザーがローカル検索したとき、GoogleマップやGoogle検索結果に上位表示されるような施策を打つことです。

MEO対策の例として、ビジネス情報の充実化、関連キーワードとの関連性、知名度を高めるような工夫が含まれます。

Googleマイビジネス最適化で目指すは上位3位以内

Googleマイビジネス最適化を行うなら、検索で上位3位以内に入ることを目標にしましょう。

検索キーワードに対して上位3位のリスティングを「ローカルパック」といいます。ホテルの場合は4件まで表示されますが、一般的には以下の画像のように上位3件が表示されます。

「梅田 美容院」の検索結果

Googleマイビジネス最適化で目指すは上位3位以内 - ローカルパック

ローカルパックに入ると、さまざまなメリットがあります。

ローカルパックに入るメリット

  •  SEOサイトやポータルサイトより上に表示される
  • 露出が高まる
  • ユーザーによるクリック率が高い傾向にある

例えば、美容院なら「ホットペッパービューティー」といったポータルサイトに掲載している店舗が多くありますが、ローカルパックはそれよりも上位表示されます。

従って、ローカルパックはユーザーの目に留まりやすいといえるでしょう。

Googleマイビジネス最適化で知っておきたい掲載順位の仕組み

検索結果でローカルパックに入り、Googleマイビジネスを最適化するためには、Googleの掲載順位の仕組みを理解する必要があります。

Googleの検索アルゴリズムに合わせて、Googleマイビジネスの情報を最適化することが重要だからです。

掲載順位の仕組みを理解すれば、Googleから高い評価を得て、自店舗のGoogleマイビジネスの情報は価値があると判断されやすくなります。

Googleが検索表示ランキングをどのように決めているか、その仕組みを解説します。

【参照:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

Googleマイビジネス最適化で知っておきたい掲載順位の仕組み3つ

  • 検索キーワードと関連性
  • 検索キーワードと距離
  • 店舗の知名度

仕組み①:検索キーワードと関連性

Googleは、ユーザーが検索したキーワードと、Googleマイビジネスの掲載情報がどれだけ合致しているかという点を評価しています。

つまり、関連性の高さが重要な指標ということです。

従って、Googleマイビジネスの最適化のために、ユーザーが検索しそうなキーワードを入れてビジネス情報を充実させ、関連性を高めておくことが大切です。

仕組み②:検索キーワードと距離

検索キーワードで入力された地名と、店舗の距離も評価の1つです。

場所指定せず「カフェ」「美容院」など、ニーズのみ検索した場合、検索している現在地に基づいて距離が計算され、検索結果が表示されます。

しかし、あくまで指標の1つなので、必ずしも距離が近い方が優先して表示されるとは限りません。

Googleマイビジネスの登録状況や口コミの数が、より重要視される傾向にあります。

仕組み③:店舗の知名度

店舗がどれくらい知られているかも大事な指標の1つです。

有名であればあるほど、ローカル検索で上位表示されやすくなります。

有名ブランドやチェーン店はオフラインでの知名度も加味されますが、オンライン上でもどれくらい広く知られているかが重要なポイントです。

ウェブ上の情報やGoogleマイビジネスの口コミ数や評価が、検索結果の順位に影響しているからです。

その他、オンライン上の店舗名や住所などの引用数や、関連サイトの検索結果の掲載順位も、知名度を測る上で大切な指標です。

Googleマイビジネスを最適化するメリット

Googleマイビジネスを最適化するメリットをお伝えします。

Googleマイビジネスを最適化するメリット3点

  • ウェブサイトやポータルサイトより上位表示される
  • Googleマップに上位表示される
  • 基本的に無料で利用でき費用対効果が高い
店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

メリット①:ウェブサイトやポータルサイトより上位表示される

MEO対策を実施して、Google検索で上位表示されるとローカルパックに掲載されます。

SEO対策したウェブサイトや、金銭を支払って掲載するポータルサイトより上位表示されるため、ユーザーが来店する後押しとなります。

メリット②:Googleマップに上位表示される

次に、Googleマップ検索でも上位表示されるというメリットがあります。

Googleマイビジネスを最適化するメリット - Googleマップに上位表示される

【出典:Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~ – 株式会社フルスピード

株式会社フルスピードの調査によると、Googleマップを1か月で数回以上使うユーザーは、半数を越えていることがわかりました。

また、地図アプリの利用率1位はGoogleマップで、9割のユーザーが使用経験があると株式会社エフェクチュアルの2021年の調査で報告されています。

この状況を踏まえると、Googleマイビジネスを最適化すればGoogleマップ上のローカル検索で上位表示され、多くの人の目に留まり集客が成功しやすくなるでしょう。

メリット③:基本的に無料で利用でき費用対効果が高い

無料で使えるにもかかわらず、MEO対策を取りGoogleマイビジネスの最適化を図ると、集客力が向上するというメリットがあります。

外注しても安価で、早ければ数ヶ月で効果が出始めます。

つまり、Googleマイビジネスは費用対効果が非常に高い集客ツールといえるでしょう。

関連性を高めてGoogleマイビジネスを最適化する方法

ビジネス情報を充実させることで、より検索キーワードと関連性が強くなります。言い換えると、ユーザーニーズに基づいて詳細な関連情報を掲載することが重要です。

ここでは、関連性を高めながらGoogleマイビジネスを最適化する方法をお伝えします。

関連性を高めてGoogleマイビジネスを最適化する方法3つ

  • 関連性の高いキーワードを設定する
  • Googleマイビジネスを関連キーワードで充実させる
  • 適切なカテゴリを選択する

方法①:関連性の高いキーワードを設定する

上記「Googleマイビジネス最適化で知っておきたい掲載順位の仕組み」で紹介したように、Googleマイビジネス情報ページと検索キーワードの関連性を高めることが大切です。

そのために、自店舗と合致するユーザーが検索しそうなキーワードを決めて、Googleマイビジネスの情報ページを充実させましょう。

キーワードを決めるときは、「地域名」+「ユーザーニーズを表すキーワード」で設定します。

「地域名」は「東京都」「大阪府」と都道府県ではなく、「〇〇区」「駅名」など狭い範囲に絞る方がおすすめです。

「ユーザーニーズを表すキーワード」は、店舗の特徴、名物商品名などを設定しましょう。例えば、美容院なら「ストレートパーマ」「ヘナカラー」などが挙げられます。

キーワード設定が難しければ、次のサイトに「カフェ」「美容室」などキーワードを1つ入力して、関連キーワードを調べてみましょう。

https://related-keywords.com/

方法②:Googleマイビジネスを関連キーワードで充実させる

設定したキーワードと関連性を持たせながら、以下のすべての情報を入力し、常に最新な状態を保つことが大切です。

Googleマイビジネスで充実すべき情報

  • 店舗名
  • 住所
  • 電話番号
  • カテゴリー
  • 営業時間
  • ウェブサイト
  • 予約リンク
  • 写真
  • メニュー
  • 商品
  • サービス
  • 感染症対策情報

特に、開店・閉店時間、祝祭日の営業時間など、営業時間に関する情報は正確にアップデートを行いましょう。

Googleからの評価だけでなく、機会損失を防ぐ意味でも重要です。

方法③:適切なカテゴリを選択する

Googleマイビジネスのカテゴリ選択では、適切なカテゴリを選択することが重要です。

追加カテゴリを選ぶときは、多すぎると正確な情報が伝わりづらくなるため全キーワードの選択は避け、なるべく少ない数にしておきましょう。

例えば、商品の1部にお好み焼きがある居酒屋で、「梅田 お好み焼き」で検索された際の上位表示を狙うべく、追加カテゴリにお好み焼き店を選択するのはおすすめしません。

お好み焼きがメインの居酒屋なら問題ありませんが、そうでなければ避ける方がベターです。

また、併設事業や同じ場所でオーナーが異なる複数ビジネスでは、情報が混乱するためリスティングを分けるようにしましょう。

参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

情報の更新頻度を上げてGoogleマイビジネスを最適化する方法

Googleは最新情報を好む傾向があります。

最新情報をアップデートしながらGoogleマイビジネスを最適化する方法をお伝えします。

情報の更新頻度を上げてGoogleマイビジネスを最適化する方法3つ

  • 写真を多く掲載する
  • 投稿機能でキャンペーンやリアルタイム情報を発信する
  • 正確な営業時間を表示する

方法①:写真を多く掲載する

写真をアップして更新頻度を上げると、上位表示を狙えるだけでなく、ユーザーにお店の魅力をより具体的に伝えることができます。

特に、画像が100枚以上掲載されているGoogleマイビジネスは、電話での問い合わせ、経路検索、Webサイトへのクリックが多い傾向にあるといわれています。

ユーザーのアクションに大きく影響するので、以下のような写真をできるだけ多く掲載しましょう。

掲載写真の例

  • 人気やおすすめの商品、新作商品
  • サービスの内容を表す写真
  • 食べ物や飲み物
  • 店内の雰囲気
  • 外観
  • スタッフ

以下の画像では、美容室のメニュー写真を掲載しています。

魅力的な写真を載せることで、店舗を訪れるイメージがつきやすくなり、来店の後押しとなるでしょう。

方法②:投稿機能でキャンペーンやリアルタイム情報を発信する

投稿機能を活用してリアルタイム情報を発信し、お店の魅力をアピールしましょう。

ユーザーが検索しそうなキーワードを予測し、ユーザーのニーズを意識した投稿をすることがポイントです。

検索キーワードと一致する投稿があれば、太字で強調されながら表示されます。

投稿機能の活用例

  • 自社サービス・商品の紹介
  • 特典やクーポンのお知らせ
  • キャンペーンやイベントの告知
  • 営業時間変更のお知らせ
  • 新メニューやサービスなどの最新情報
  • 新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

今なら感染症対策情報(テイクアウト、デリバリー、アクリル板設置、消毒や換気など)も重要な情報です。例えば以下の店舗では、コロナ対策として個室プランについて投稿機能を使って発信しています。

Googleマイビジネスを最適化 - コロナ対策情報を発信

最低でも週に2回は投稿し、定期的に最新情報をアップデートしましょう。

方法③:正確な営業時間を表示する

ユーザーがGoogleマイビジネスを検索したとき、半数以上が営業時間をチェックしているといわれています。

営業時間が間違っていると、機会損失となるだけでなく、顧客にとってマイナス体験につながってしまうでしょう。

従って、営業時間が変更となる場合はその都度アップデートをする必要があります。

また、 通常の営業時間だけでなく、祝祭日の営業時間や特別イベントの日など特別営業時間の設定も重要です。

テキストベースでも、 「ラストオーダー20時」といった営業時間に関する追加情報を入れておきましょう

知名度を上げてGoogleマイビジネスを最適化する方法

次に、知名度を上げてGoogleマイビジネスを最適化する方法をお伝えします。

知名度を上げてGoogleマイビジネスを最適化する方法5つ

  • 口コミの数を増やしてレビューを高める
  • ユーザーの口コミに返信する
  • サイテーションを獲得する
  • 構造化マークアップとNAP情報の統一を行う
  • 関連サイトのSEO対策も入念に行う
MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

方法①:口コミの数を増やしてレビューを高める

口コミの数と評価の高さは、ローカル検索の掲載順位にオンラインの知名度として大きく影響します。

検索語句と一致すれば、太字で表示されることもありユーザーの目に留まりやすくなるというメリットがあるからです。

Googleマイビジネスを最適化 - 検索キーワード

上の画像は「レストラン 女子会」というキーワードでローカル検索したとき、検索結果に表示されました。「女子会」の部分が太字で強調されているのがわかります。

【参考:【ネット上の口コミ情報に関するアンケート調査】商品購入時やサービス・店舗利用時に、ネット上の口コミ情報を参考にする人は6割弱。口コミ情報を書き込む人は約35% – 株式会社MyVoice】

2020年に行われた調査によると、口コミを参考にする人は6割弱ということがわかりました。

この結果から、口コミ数が多いと信頼性が高まるだけでなく、来店につながりやすいといえるでしょう。

口コミ数を増やすためには、店舗で直接お客様にお願いしたり、QRコードを作成して店舗にポップを設置したりして投稿を促します。

次の記事に口コミの集め方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

MEO対策ではGoogleの口コミが超重要!増やし方や返信のコツ、注意点まで

方法②:ユーザーの口コミに返信する

口コミを増やすだけでなく、口コミに返信することも大切です。

口コミ返信の有無による影響として、以下の点が挙げられます。

  • 口コミ返信をしないことで、15%の顧客は利用をやめる
  • 口コミ返信をすると、56%の顧客はお店に好印象を持つ
  • 53%の顧客は7日以内の口コミ返信を期待している

口コミ返信は、書き込んだユーザーだけでなく多くの人の目に留まることになるため、ユーザーの意見や存在を尊重していることをアピールできます。

良い口コミにはもちろん、悪い口コミにも真摯に対応することでよりお店の印象がアップするのでおすすめです。

方法③:サイテーションを獲得する

サイテーションとは、「引用・言及」という意味があり、店舗情報をSNSや他サイトで引用することをいいます。

サイテーションの数と質を元に、Googleはオンライン上での知名度を測っているため、GoogleマップやGoogle検索での掲載順位に影響を与えます。

つまり、ポジティブな内容のサイテーションをできる限り増やすことが重要となります。

方法④:構造化マークアップとNAP情報の統一を行う

上記のサイテーションを獲得する際、NAP情報の統一が重要です。

NAP情報

  • 店舗名(Name)
  • 住所(Address)
  • 電話番号(Phone)

Googleの検索エンジンがNAP情報を正しく理解すると、上位表示につながりMEO対策が取れるようになります。

NAP情報が異なると、サイテーションされても違う店舗情報とみなされてしまい、効果がなくなるので注意が必要です。例えば、「●●カフェ」なのか「●●cafe」なのか、表記を統一して発信することが大切です。

構造化マークアップとは、テキスト情報やコンテンツ内容を適切に理解してもらう記述の仕方をいいます。サイテーションとNAP情報の統一と合わせて行い、上位表示を狙いましょう。

方法⑤:関連サイトのSEO対策も入念に行う

オンライン上の知名度は、Googleマイビジネスに紐づいているWebサイトの掲載順位も考慮されます。

そのため、Googleマイビジネスだけでなく関連サイトのSEO対策も重要です。

SEO対策としては、具体的に以下の3つの施策を取ることができます。

SEO対策

  • コンテンツ施策:キーワード選定、競合分析、コンテンツ作成
  • 内部施策:内部リンク、速度改善、SSL化(通信の暗号化による情報保護)
  • 外部施策:被リンク、サイテーション

つまり、キーワードを設定し、検索語句と関連させながらコンテンツを作成し、更新頻度を上げることが重要です。

Google検索の上位表示を目指して、SEO対策も入念に行いましょう。

まとめ

本稿では、Googleマイビジネス最適化に向けて行うべき施策を具体的に解説しました。

Googleマイビジネス最適化は、関連性、更新頻度、知名度を意識しながら、Googleマイビジネスを常にアップデートしていくことが大切です。

MEO対策を取り、ローカルパックに入ることを目指してオンライン集客力をアップしていきましょう。

MEO記事下バナー
店舗集客記事下バナー

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。