Googleマイビジネスの活用し集客アップする方法!コツや事例を一挙公開

Googleマイビジネスの活用し集客アップする方法!コツや事例を一挙公開

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスが使いこなせない」
「無料なのに本当に効果を出せるの?」
そのような悩みや疑問を抱えていませんか?

Google検索のユーザーはポータルサイトに代わり年々増え続けています。そのため、Googleマイビジネスを賢く活用すれば大きな集客効果が期待できるのです。

そこで今回は、Googleマイビジネスの重要性とともに活用のコツなどを紹介します。

この記事を読むと、集客において重要なポイントを押さえた効果的なマイビジネスを作ることができます。ぜひ最後までお読みください。

目次

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップなどで自社の店舗や拠点の情報を表示し、管理するための無料ツールです。

Googleマイビジネスに自店舗を登録した場合、どのようにお店の情報が表示されるのかを見ていきましょう。

直接検索の表示例

Google検索窓に会社名や店舗名を直接入力して検索する「直接検索」の場合、以下のように表示されます。

Google検索での見え方

Googleマイビジネス-直接検索見え方

PCでは検索結果の右側に、スマホは1ページ上部に、それぞれ店舗情報がまとめられた「ナレッジパネル」が表示されます。

マップ検索での見え方

Googleマイビジネス-直接検索見え方

マップ検索の場合は地図とともにナレッジパネルが表示されています。

間接検索の表示例

間接検索とは「渋谷 ラーメン」「神戸 女子会」のように、地域名+目的などの間接的なワードで検索することを指し、ローカル検索ともいわれます。

ここでは「大阪市 コンサルタント会社」で検索してみます。

Google検索での見え方

Googleマイビジネス-間接検索見え方

マップ検索での見え方

Googleマイビジネス-間接検索見え方-マップ

間接検索の場合、Googleが現在地周辺かつユーザーが求めているであろう店舗を予測し、候補をいくつか表示させます。候補のお店をクリックすればナレッジパネルが開き、店舗情報を確認できます。

このように、Googleマイビジネスに登録すると、自店の情報が検索窓・マップ・地図アプリ等に表示されます。そこから公式サイトへ誘導したり、キャンペーン案内などもできるため、活用次第で集客力を飛躍的に向上させることが可能です。

Googleマイビジネスの活用でできること

Googleマイビジネスに登録することで以下のような集客施策が全て無料でできるようになります。そのため、低コストで顧客にアプローチすることが可能です。

1.店舗・拠点の基本情報を掲載できる

ナレッジパネルに店舗(拠点)名・電話番号・住所・営業時間などの基本情報を掲載できます。また、予約フォームや注文サイトなどのリンクも貼ることができるため、この1ページにあらゆる集客導線をひとまとめにして表示させることが可能です。

Googleマイビジネス-ナレッジパネル基本情報

2.店舗・拠点の写真を掲載できる

店内・社内の様子やスタッフ、商品などの写真をアップして魅力をアピールできます。写真は外観・店内・商品など、ジャンルごとに掲載することができます。Googleは各ジャンル最低3枚以上の掲載を推奨しています。

Googleマイビジネス-写真投稿

3.口コミの返信・管理ができる

ユーザーの口コミは、たとえ自店がマイビジネスに登録していなくとも投稿することができます。そのため、どのような口コミが投稿されたのかを常に把握し、管理することをおすすめします。マイビジネスに登録することで口コミに返信したり、ガイドライン違反の口コミを削除申請することも可能となります。

Googleマイビジネス口コミ返信

4.リアルタイム情報やキャンペーン・新商品などの発信ができる

投稿欄からリアルタイムのお知らせや、キャンペーン・イベント情報などを発信できます。特に直接検索で訪れたユーザーは来店率が高いため、投稿欄には臨時休業や営業時間の変更などのタイムリーな情報はもちろん、新商品の案内やクーポンなどのお得な情報も発信すると効果的です。

Googleマイビジネス-投稿欄

5.情報の分析ができる

インサイトという分析ツールから、検索数・閲覧数・アクション数(電話の数、経路検索、サイトへのアクセス数)などの数値を確認できます。これらの分析結果ををもとに、集客施策の改善や新たな計画を立てることが可能です。

googleマイビジネスインサイト
店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

6.無料でサイト作成ができる

登録してある情報を元に、モバイル端末にも対応した簡易的なホームページを作成し、公開することができます。ウェブサイト作成というと難しいイメージがありますが、予めテンプレートが用意されているうえ、マイビジネスに登録してある情報を元に作成できるため、1日で作成できるような仕様となっています。

あくまでも無料で作れる簡易的なウェブサイトなため、現在ウェブサイトを持っていない店舗や、これから公式ウェブサイトを作ろうと思っている店舗が活用するべき機能であると言えます。

Googleマイビジネスを活用する重要性

自社サイトやSNS、ポータルサイト等々、集客方法は様々にありますが、何故Googleマイビジネスが重要なのか?その理由は大きく分けて3つあります。

検索結果のローカライズ化

Googleでお店を検索する場合、数年前までは東京でも大阪でも、どの場所から検索しても検索結果は同じでした。しかし、現在は「ローカライズ」といって、地理的なニーズを汲み取った上で検索結果が表示されるようになりました。

例えば大阪駅前でカフェを検索した場合、駅周辺かつユーザーが求めているであろう店舗をGoogleが汲み取って検索結果に表示させているのです。

このローカル検索はユーザーにとって非常に利便性が高いため、お店を探すときはGoogle検索を積極的に利用するユーザーが年々増えているのです。

お店探しがポータルサイトから検索にシフト

前述の通り、Google検索の需要が年々高まる中、グルメサイトなどのポータルサイトの需要は減少傾向にあります。

テーブルチェック株式会社が2020年・2021年に行った「飲食店を探すときの手段」のアンケート結果によると、2020年(第1回)と比べて2021年(第2回)は、Google検索とGoogleマップの利用率がともに上昇していることが分かります。一方でグルメサイトの利用は約8%減少という結果でした。

飲食店探しに利用する手段グラフ

参考:飲食店を検索する際に頻繁に利用する手段のアンケート(テーブルチェック調べ)

グルメサイトの場合、掲載店舗からお店を選ぶしかないため、好みのお店が見つからないという声や、ログインして地域を選んでさらに絞り込む、といった検索手順を踏むのが面倒というユーザーの声もあります。

そのような不満がGoogleの利用率を後押ししていると考えられます。

勝手に掲載されている⁉ならば存分に活用すべき

店舗や施設のオーナーさんの中には「Googleマイビジネスに登録した覚えはないのに、勝手に自店の情報がGoogle検索やGoogleマップに載っている。しかも口コミまで書かれている」と驚く人もいます。Googleマイビジネスは、登録していなくてもGoogleによって店舗情報が自動生成されることがあります。

Googleマップ上に自店の住所がある場合や、自社サイトに載せている住所や地図情報などをもとに、Googleが自動的にマイビジネスを生成して掲載しているのです。しかし、それが古い情報のままであったり、誤った内容で掲載されてしまうことも少なくありません。

また、自動生成された店舗情報であっても、ユーザーは口コミを投稿することができてしまいます。ユーザーが口コミを書いていても、そのことさえ知らないというオーナーもいます。

もし自店舗の情報が間違っていれば、ユーザーはお店に辿り着けないかもしれませんし、もしネガティブな口コミを投稿されていたとしたら、自店のイメージダウンにもなりかねません。

誤った情報は修正し、口コミに返信する等、何かしらの対策を講じるわけですが、それにはGoogleマイビジネスにオーナー登録をし、自分で管理することになります。

このようなことから、良くも悪くもGoogleマイビジネスは企業や店舗のオーナーであれば決して無視できない存在であるといえます。そして、近年のGoogle検索の利用増加率を考えれば、Googleマイビジネスを活用し、集客を狙っていきたいものです。

集客力アップ!Googleマイビジネス活用のコツ

Googleマイビジネスで集客するためには、店舗情報(名称・電話番号・住所・営業時間など)が正しく掲載されていることが基本です。その上で、情報や投稿内容を充実させ、常に新しい情報を発信、更新することが集客のポイントとなります。

では、具体的にどのようなことをすれば良いのか解説していきます。

活用のコツ1:ターゲットに合わせたコンテンツを載せる

写真も含め、商品欄や説明文などのコンテンツは、ターゲット層を意識して作ると効果的です。

例えばおしゃれなカフェなら「Instagramが好きな10代~20代の若い女性」、都市部にあるバーなら「お金にゆとりのあるお洒落な中高年」等々、予めターゲットを設定し、その人達の興味を惹くようなコンテンツを載せるイメージです。

店舗説明文や商品説明文は長すぎるとユーザーに読まれない可能性があるため、【 】や★などの記号で区切りを入れたり、要点をおさえて簡潔にするなどの工夫も必要です。その上で、ターゲットに合わせて文体や文章表現にも気を配るなど「読んでもらえる」説明文を作っていきましょう。

また、禁止事項として、間違った情報や自店と関係のない内容、売り込みのような強調し過ぎる内容、リンクを含む内容などがあります。これらはGoogleの掲載許可が下りない可能性があるため、注意が必要です。

活用のコツ2:正確かつ充実したビジネス情報を表示する

マイビジネスにおいて、掲載するビジネス情報は常に最新で正確な情報を載せることが基本です。特にコロナ渦において臨時休業や営業時間に変更が生じた場合、その都度情報を更新するようにしましょう。

また、ユーザーはメニューや商品名を検索して来店することも多く、既に終了したメニューやサービスをいつまでも掲載していることの無いように注意しましょう。

活用のコツ3:商品欄は細かく分けて載せる

自店舗で取り扱っている商品やサービスを、カタログのように一覧化して公開できる機能です。

商品掲載位置-Googleマイビジネス

メニューやサービスを掲載するときは、代表的なものばかりでなく、できるだけ細かく分けて紹介することがポイントです。

例えば、自店はパンケーキ専門店だから、代表的なパンケーキメニューばかり掲載するのではなく、パフェなどのパンケーキ以外のメニューもあるなら積極的に載せるべきでしょう。そうすることで「パフェが食べたい」と検索したユーザーにも、自店が表示される確率が上がるため、来店にも繋がります。

また、商品をクリックすると以下のように詳細情報が表示されます。

Googleマイビジネス商品詳細

商品詳細は、画像・商品名・価格・説明文・CTAボタンで構成されています。

商品説明文は1,000字以内で自由に記入することができますが、店舗説明文と同様、改行ができないため、長すぎる文章はユーザーに読まれない可能性があります。【 】などの記号で文を区切ったり、要点をまとめて記載するなどの工夫をしましょう。

ページの最後にあるCTA(Call To Action)ボタンは、ユーザーに行動を起こさせるためにもぜひ設置しましょう。ボタンは4種類あり、それぞれ誘導したいページのURLにリンクさせることができます。

ボタンの種類
「オンライン注文」「購入」→ショッピングサイトの商品ページに誘導
「詳細」→サービス等の詳細ページに誘導
「特典を利用」→キャンペーンやクーポン情報のページに誘導

活用のコツ4:投稿欄も最新情報をつねに更新する

投稿欄には、リアルタイムでのお知らせやイベント・キャンペーン情報などを掲載し、ユーザーに来店をアピールするための重要項目です。特に、店舗名で直接検索してきたユーザーは来店する見込みが高いため、投稿欄は最低でも週2回は更新するようにしましょう。

情報の更新は、写真も含め、検索の表示順位に影響します。Googleはその店舗・拠点情報が最新の状態に保たれているか?を重要視するため、どんな情報でも投稿してマイビジネスを更新することが、表示順位で上位を狙うための大きなポイントと言えます。

Googleマイビジネス投稿欄

https://nestle.jp/entertain/cafe/harajuku/#concept

更新の重要性はマップアプリにも影響

更新の重要性はGoogleマップのアプリ版とも関係があります。

2020年、Googleマップアプリのアップデートにより、画面の下に5つのタブが表示されるようになりました。5つの項目のうち「スポット」「最新」のタブには、店舗側が設定した情報をもとに表示されます。

Googleマップアプリ

「スポット」は現在地周辺のおすすめ店舗が表示されます。表示条件は間接検索(ローカル検索)と同様、距離や店舗の知名度、ユーザーの関心などを汲み取った上で、ユーザーに最適な検索結果が表示されます。

そのため、店舗説明文や商品欄を充実させればGoogleに選んでもらいやすくなり、上位表示される確率が高まります。

「最新」には、そのユーザーに最適なお店やスポット、最新のレビュー投稿があったお店などが表示されます。お店の表示順は情報更新日が新しい順となるため、マイビジネスの更新頻度が高い店舗は検索表示において有利に働きます。

最新情報の発信はTwitterなどのSNSで十分、という声もありますが、検索順位に影響力があるマイビジネスの投稿欄を活用しないのは非常にもったいないことです。その場合は両方に投稿するのがベストです。

活用のコツ5:口コミの数を増やす

ユーザーの口コミは数が多いほどGoogleに評価され、検索結果の表示順位が上がりやすくなります。

口コミを増やす方法

  1. 来店客に直接依頼する
  2. 口コミ用のQRコードを作成して配布する
  3. SMSで依頼する(顧客の携帯電話番号を控えている場合)

この他にGoogleマイビジネスから簡単にできる方法として「プロフィールの略称」があります。「プロフィールの略称」には、店舗名以外にお店の通称やブランド名など、ユーザーに分かりやすい略称を登録します。

すると、ユーザーが略称で検索した際、Googleマップ上に店舗情報がダイレクトに表示されるという仕組みです。より検索ユーザーに見つけてもらいやすくなるため、口コミも集まりやすくなります。

プロフィール略称

活用のコツ6:口コミに返信する

口コミは増やすばかりではなく、返信することも重要です。口コミを通じてユーザーとコミュニケーションが取れるばかりか、検索表示で上位表示されることにも繋がるからです。

評価の良し悪しに関わらず全てに返信することが最も理想的です。

良い口コミには来店のお礼や感謝の気持ちを伝え、次回の来店を後押しするようなメッセージを送ると良いでしょう。

また、悪い口コミに対してはお詫びの一文とともに改善の意向などを伝えれば、その対応が好印象となり、集客に繋がる可能性もあります。

また、口コミ返信は商品やサービスを提案する場としても活用できます。例えば、自店の商品やサービスが気に入らなかったというファミリー層からの口コミに対して、子どもに人気のある他のメニューやサービスを提案する、といったPRができます。

そして、この口コミを見た他のファミリー層にも、お店のメニューやサービスを自然な形で伝えることができるのです。口コミ返信も新たなPRの場と捉え、活用していきましょう。

口コミ返信-Googleマイビジネス

活用のコツ7:口コミの分析・管理

ユーザーから投稿された口コミは、マイビジネスの管理画面「クチコミ」からも確認できます。口コミを確認、分析すると、店舗の良いところはもちろん、ユーザーが求めているサービスや改善点も把握でき、サービス向上に繋がります。

また、口コミが虚偽の内容であったり、スパムや誹謗中傷的な口コミだった場合はGoogleのポリシーに違反しているため、削除申請をすることもできます。

クチコミ一覧-Googleマイビジネス

活用のコツ8:サイテーションを増やす

引用や言及を意味するサイテーション(Citation)は、ネット上でのマーケティングにおいて、リンクを貼らずに情報の一部の言葉を言及することを指します。このサイテーションにはSEO効果があり、検索順位にも影響があるのではないかと言われています。

サイテーションとして挙げられるのは

  • 店舗名または社名
  • 商品名やサービス名
  • 住所、電話番号、WEBサイト名

などがあります。例えば、ユーザーが自社の商品をSNSや他のサイトで紹介したとします。その際、商品のURLを貼らずに紹介したとしても、商品名を言及されただけでGoogleに評価され、検索順位にも影響があると言われています。

そのため、サイテーションの獲得は重要視されており、サイテーションを増やす主な方法として、以下が挙げられます。

  1. 露出度の高いポータルサイトやGoogleマイビジネスに自店を登録する
  2. 話題になるような良い商品・サービスを作る
  3. 商品、サービスに覚えやすく特徴的な名前をつける
  4. SNSに投稿したくなるような印象的な店内づくり、商品やサービスの提供に努める
  5. SNSやブログに自店のことを書いてくれるように依頼する

サイテーションは好意的なコメントと一緒に書かれていることが重要で、その比率や数などが検索結果の表示順位に影響を与えていると言われています。

一方で、ネガティブなコメントと一緒に書かれているサイテーションや、炎上してサイテーションが大量に増えた場合などは、表示順位において悪い影響を及ぼすと考えられています。

活用のコツ9:自社サイトとGoogleマイビジネスの関連付けをする

Googleマイビジネスに自社サイトのリンクを貼ることはもちろんですが、自社サイトにもGoogleマイビジネスを関連付けておくことも大切です。

具体的には、自社サイトにGoogleマップを掲載し、Googleマップからマイビジネスの情報を表示させます。自社サイトからもマイビジネスを閲覧することでアクセス数が上がり、Googleの評価も上がるとされています。

自社サイトの会社概要やアクセスなど、所在地を掲載しているページにGoogleマップを関連付けておきましょう。

Googleマイビジネスと自社サイトの関連付け

関連付ける方法は簡単です。まずGoogleマップを開き、自店舗を検索して表示させます。

Googleマイビジネスと自社サイトの関連付け2

「共有」をクリックすると以下のような画面になります。

Googleマイビジネスと自社サイトの関連付け3

「地図を埋め込む」をクリックします。

Googleマイビジネスと自社サイトの関連付け4

表示サイズを選択し「iframe」からはじまる埋め込みコードをコピーします。これを自社のCMS(ワードプレス等)の任意のページに貼り付けて完了です。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

活用のコツ10:インサイトで分析する

マイビジネスはインサイトという無料の分析ツールがあります。インサイトでは主にGoogle検索やGoogleマップ上でユーザーがどのように検索し、どのような行動をとったのかを確認でき、そこから具体的な改善策を立てるのに役立てることができます。

見るポイントは以下の8つです。

検索方法別の検索数

自店を見つけたユーザー数を検索方法ごとに確認できます。

  • 直接検索で訪れたユーザー数
  • 間接検索で訪れたユーザー数
  • 類似の商品名やサービス名で訪れたユーザー数

これらのデータから、主に自店の知名度を知ることができます。

例えば直接検索よりも、間接検索や類似のサービス名で自店を見つけた人が多かった場合、知名度の浸透が浅いと判断できます。その場合は広告掲載を検討するなど、集客施策を立てるときの参考となります。

どのキーワードで入ってきたか(検索クエリ)

「検索クエリ」といって、ユーザーがどのようなキーワードを入力して自店のマイビジネスを訪れたかを把握できます。例えば「大阪市 タコス」「大阪市 ブリトー」など、同じ意味で通っている語句でもキーワードとしては別物になります。

また、「大阪タコス」「タコス 大阪」などのスペースの有無や半角なども別のキーワードして振り分けられます。

このデータの活用法として、最も多く検索されているキーワードに注目し、そのワードをマイビジネス内の情報や投稿などのコンテンツに多く使用することで、検索キーワードとコンテンツの関連度を高めるという対策が立てられます。

ユーザーが使ったGoogle サービス

自店のマイビジネスに訪れたユーザーが検索に使用したGoogleサービスを把握できます。この場合、Google検索とGoogleマップそれぞれのユーザー数と検索結果の表示回数を確認できます。

ユーザーの行動内容

ユーザーが自店のマイビジネスでどのような行動をとったのかを把握できます。具体的には、

  • ウェブサイトを閲覧したユーザー数
  • お店までのルートをリクエストしたユーザー数
  • お店に電話をかけたユーザー数

などを日付別に確認できます。

どの場所からお店を目指したか

ユーザーがどの地点から自店舗までのルートを検索したかを参照できます。

ここで分かることは、どの地点からの来店が多いのか、地域ごとの検索回数も表示されます。

電話の利用状況

ユーザーがマイビジネスを見て電話をかけた曜日、時間帯、頻度を参照できます。これにより、ユーザーからの電話が最も多い曜日や時間帯を把握することが可能です。

また、通話ボタンをクリックして電話をかけたのか、直接ダイヤルしたのか等、発信手段についての確認もできます。

インサイトページの 【電話】 の件数と問い合わせ件数に差異があった場合、つながる前に電話を切ったユーザーがいることになり、問い合わせを増やす施策を立てる際の参考になります。

写真枚数の比較

Googleはガイドライン上で最低3枚の写真をアップロードすることを求めていますが、具体的に何枚ぐらい掲載すれば良いのか迷うこともあります。

ここでは投稿している写真の枚数を競合他社と比較することができるため、競合他社より写真が少なければ枚数を増やすなどの対策を立てられます。

また、ユーザーが投稿した写真の枚数と比較もできるため、ユーザーの投稿数と差が開きすぎないようにすると良いでしょう。

ビジネスが認知されている要因

ユーザーが自店に対してどのような印象を持っているかを知ることができます。データは、Googleが位置情報などを利用し、自店を訪問していると推測されるユーザーに直接質問をして得られた回答をもとにしています。

例えば、カフェなら「居心地が良い」「メニューが豊富」などです。

オーナー自身が抱く自店のイメージと、ユーザーのイメージが一致していれば良いですが、もし相違していればユーザーにより好まれる商品・サービスに改善していくべきと考えられます。

Googleマイビジネスの活用事例

Googleマイビジネスの投稿を工夫し、うまく活用している事例をいくつか紹介します。

店舗説明文が読みやすい投稿事例

Googleマイビジネス活用事例-美容院

美容室shiomi H hair & fashionは、◎★【 】などの記号を随所に使用することで、改行がなくても読みやすい工夫がされています。また、説明文が1ページに収まるように文字数も考えられています。「もっと見る」を押下しなくてもよいので、ユーザーに読まれやすい説明文です。

また、投稿欄も頻繁に更新している様子です。クーポンを発行して積極的に集客をしています。

来店客に安心感を与える投稿事例

美容室little×PORTO 元町は、ユーザーに安心して来店してもらえるように感染対策についての情報を掲載しています

Googleマイビジネス活用事例-コロナ情報

インバウンド向けの投稿事例

ハンバーグ ジョージ 上野店の店舗説明文は、外国人向けに翻訳文をつけています。

Googleマイビジネス活用事例-翻訳

商品写真と説明文が充実している投稿事例

カフェ&レストランのura ebis.は、写真が豊富でありながらすべてに統一感があり、洗練された印象を与えるとともに食欲をそそります。

Googleマイビジネス活用事例-レストラン

また、以下の商品詳細ページでは、コース料理の全体写真とともに、メニュー名も一品ずつ紹介しています。写真・説明文ともに情報を充実させることで、検索表示においても優位に働きます。

Googleマイビジネス活用事例-レストラン

まとめ

Googleマイビジネスの活用方法を紹介しました。ローカル検索によってGoogle検索の利便性が向上して利用者が増加する中、今やGoogleマイビジネスは店舗集客のために欠かせないツールとなっています。そのうえ、掲載~効果分析まで全て無料でできるため、費用対効果の面でもメリットは大きいです。ぜひマイビジネスを活用し、集客力を上げていきましょう。

Googleマイビジネス対策や運用でお困りですか?

本ブログを運営するケイビーカンパニー株式会社は、「リアルロケーションにWEBマーケティングを提供することで社会構造を変える」というミッションをもとに店舗のWEB集客を支援するサービスを提供しております。

  • Googleマイビジネスの効果的な使い方がわからない
  • 店舗集客に必須と聞くけど、Googleマイビジネスって何
  • Googleマイビジネスの最適化で集客果を高めたい

お店のGoogleマイビジネスの掲載順位を上げるには、Googleマイビジネスだけでなく、他の検索エンジンや口コミサイト、SNSやマップアプリなどでの対策も重要なのです。

弊社では、Googleマイビジネスの最適化はもちろん、その他にもFacebookやAppleマップ、TripアドバイザーやBingなど国内30以上のWEBチャネル上で対策を行っています。
また、Googleマイビジネスだけではない複数チャネルの情報管理・分析に加え、複数店舗の情報管理・分析も1つの画面で可能なので業務効率化にも繋がります。

契約店舗数は500以上で、業種・業界も、飲食店、ホテル・旅館、美容サロン、ジム、不動産、学習塾、病院など多岐に渡ります。

Googleマイビジネスに関して少しでもお困りの方は、サービス以外のことでもお気軽にご相談ください!
無料セミナーも開催しております!

≫ 無料ご相談はこちら

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。