MEO対策のメリット・デメリットは?上位表示のポイントや注意点まで解説

MEO対策のメリット・デメリットは?上位表示のポイントや注意点まで解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「MEO対策には、どんなメリットがある?」
「どんな店舗に向いている?」
「MEO対策について詳しく知りたい」
こんなお悩みありませんか?

店舗集客に欠かせないMEO対策ですが、よくわからない状態で一歩を踏み出すのは、なかなか勇気がいりますよね。そこで今回は、MEO対策のメリット・デメリットやポイント、注意点について解説していきます。
この記事を読めばMEO対策を行うメリットや向いている業種、上位表示させるポイントがわかります。

MEO対策とは

MEO対策とは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略です。自社の店舗をGoogleマップやローカル検索で上位表示させるための施策で、別名「ローカルSEO」とも呼ばれています。

「地域名+〇〇(サービス・キーワード)」と検索すると、地図つきの画像が検索結果に表示されることはありませんか?例として「ラーメン 札幌市」と検索をかけてみます。すると下記のような検索結果が表示されました。 

MEO対策の表示位置の例「札幌市 ラーメン」

この画面がまさにMEOです。MEO対策は、上位3つの枠に自社の店舗をランクインさせることを目的としています。

MEO対策のメリット

MEO対策を行うことで、実際どのようなメリットがあるのでしょうか。この章では4つ紹介していきます。確認していきましょう。

メリット①ユーザーの目に留まりやすい

1つめのメリットは、ユーザーの目に留まりやすいことです。近年はスマートフォンの普及により、インターネットを通して店舗検索を行う人が増えてきました。スマートフォンなどのモバイル検索では、ローカル検索結果が上位に表示されます。

【例:「旭川市 ラーメン」で検索した場合】

MEO対策メリット「上位表示の例」

地図情報が1番上位にきていることがわかるのではないでしょうか。これは、Googleが検索ワードから「ユーザーが店舗情報を求めていると判断しているから」とされています。上位表示されればされるほど、ユーザーの目に触れやすくなりますね。

ユーザーの目に留まりやすくなれば、その分クリック率も期待できます。新規顧客獲得を有利に進めることができるでしょう。

メリット②来店見込みの高いユーザーに訴求できる

来店に直結する可能性が高いユーザーに訴求できる点もメリットです。たとえば、先ほどのように「旭川市 ラーメン」と検索をかけたとします。検索をかける際の顧客心理には、どういうものが考えられるでしょうか?

多くの人の場合「旭川市のラーメン屋を探している」状態と考えられます。「旭川市でおいしいラーメン屋があれば行きたい」といった具合ですね。ラーメンが食べたいという目的がハッキリしているユーザーなので、店舗がみつかれば食べに来てくれる可能性が高いといえます。

検索結果の上位に自社店舗が表示されれば、このように来店見込みが高いユーザーに店舗をアピールすることができます。

メリット③成果がでやすい

成果がでやすい点もメリットですね。先ほどの「旭川市 ラーメン」の検索結果(下の画像)をみてみましょう。赤い枠がMEO、青い枠がSEOになります。

MEO対策のメリット「SEOに比べて成果がでやすい」例

SEOの上位は、まとめサイトやポータルサイトが占めているのがおわかりいただけるのではないでしょうか。SEOは競合が多数存在しているため、画像のようにまとめサイトが上位表示されることも多いです。そのため、自社のホームページやサイトを上位表示するには、コストや時間、労力がかかります。

SEOに対してMEOは、ターゲットの地域にある店舗のみが競合になります。今回の例でいうと「旭川市のラーメン店」のみが競合です。加えて、MEO対策をしている企業や店舗はまだ少ないため、対策を行ってから成果がでやすく、おすすめのWeb集客であるといえるでしょう。

メリット④SEO対策に比べて費用がリーズナブル

4つめのメリットは、MEO対策はSEO対策に比べて費用がリーズナブルな点です。SEO対策は、まとめサイトなども競合になるため上位表示はなかなか難しく、専門の業者に依頼することも珍しくありません。そのため費用は月額10万円以上と、高めになる傾向があります。

一方、MEO対策は無料で始められるほか、業者に依頼しても高額になることは少なく、相場は月額2~3万円であることが多いです。

MEO対策の費用に関しては下記の記事でも詳しく紹介しています。

MEO対策の費用相場や料金は?失敗しない代理店の選び方も

MEO対策のデメリット

MEO対策のデメリットには、一般ユーザーの口コミやレビューが逆効果になってしまう点などが挙げられます。

デメリット①悪意のある口コミやレビューを書かれる可能性がある

1つめのデメリットは、悪意のある口コミやレビューの書き込みをされる可能性があるところです。MEO対策を行ううえで、口コミをもらうことは重要な要素なのですが、必ずしもいい評価・レビューをもらえるわけではありません。

悪意のある口コミは、店舗にとって悪影響を及ぼす可能性があり心地よいものではありませんが、真摯な対応を心がけましょう。誠実な対応をとることで、ほかのユーザーに「素敵なお店だな」と好印象を与えることもあります。

デメリット②即効性がない

即効性がないこともデメリットといえるでしょう。メリットでは「成果がでやすい」と述べましたが、MEO対策をしたからといって明日、明後日といった短期間で効果がでるわけではありません。MEOを開始してから少しずつ効果がでる対策です。効果がでるまでに数か月ほどみておきましょう。

MEO対策に向いている業種とは?

「MEO対策を始めようと思っているけれど、自分のお店に取り入れても意味あるのかな?」と迷っている店舗もあるかもしれませんね。MEO対策に向いている業種には、たとえば次のような店舗が挙げられます。

MEO向きの業種一例

  • 飲食店
  • 美容業
  • 病院
  • ペットショップなどの施設関係
  • 塾・予備校など

MEO対策は「地域名+業種(サービス)」検索をしたユーザーに効果的にアピールできる施策のため、地域性の高い実店舗を展開している飲食店や美容業との相性がいいです。

MEO対策の方法

MEO対策のおもな方法は次の通りです。

  1. Googleマイビジネスに登録する
  2. Googleマイビジネスの情報を充実させる
  3. SNSなど他の媒体で掲載を増やす
  4. 順位チェックツールを活用する
  5. Googleマイビジネスの口コミを増やす

順番に確認していきましょう。

方法①Googleマイビジネスに登録する

「MEO 対策 メリット」
Googleマイビジネス トップページ

Googleマイビジネスに登録しましょう(無料)。Googleマップ上で自分の店舗情報を表示するためには、登録が必要不可欠です。Googleマイビジネスに登録することで、Google検索やGoogleマップ上で実店舗の情報が表示されるようになります。

Googleマイビジネスの詳しい登録手順については、以下の記事を参考にしてください。

Googleマイビジネスの使い方!登録方法や注意点までを徹底解説

方法②Googleマイビジネス内の店舗情報を充実させる

Googleマイビジネスの登録が完了したら、店舗情報を充実させていきましょう。Googleマイビジネスにしっかりと情報が盛り込まれている方がGoogleから評価されやすい傾向があります。定休日や営業時間、写真追加など情報を記載して、充実させましょう。

Googleマイビジネスの運用のコツは以下の記事でも紹介しています。

Googleマイビジネス運用ガイド!8つのコツで集客アップ

方法③SNSなど他の媒体で掲載を増やす

SNSやWebサイトなど他の媒体でも掲載を増やすのも、MEO対策で上位化させるために重要になってきます。Googleからの評価をあげるためには「店舗の知名度」が関係してくるからです。

たとえば、SNSでの発信が話題を呼ぶとメディアでの露出が増えますね。露出が増えることで知名度があがり、結果Googleから評価されやすくなります。

ただし、Googleマイビジネス内の情報と、他の媒体での情報は統一しておくことが大切です。

方法④MEO対策ツールを活用する

MEO対策ツールを活用していきましょう。上位表示させるためには、定期的なチェックは欠かせません。MEO対策ツールを利用することで順位を確認やユーザーの分析などができるようになります。

おすすめのMEO対策ツールについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

MEO対策ツールのおすすめ7選!無料・有料の特徴を徹底比較

方法⑤Googleマイビジネスの口コミを増やす

Googleマイビジネス登録後は、口コミを増やすための施策を行っていきましょう。常連客に口コミを書いてほしいとお願いしたり、SNSやWebサイトで口コミ投稿を促したりする方法があります。

また、口コミに対して返信することでも「コメント返してくれるお店」「今度レビュー投稿してみようかな」と印象アップにつながる可能性もありますね。ユーザーとコミュニケーションをとるといった面からも、口コミの返信やレビューへのお礼は重要な要素です。誠実に対応して、口コミ数を増やしていきましょう。

MEO対策で上位表示させるポイント

MEOで上位表示するために重要なポイントは「距離」「知名度」「関連性」です。順にみていきましょう。

ポイント①距離

距離は、検索ユーザーの位置情報と店舗までの距離がどれだけ近いかの指標になります。たとえば「新宿 ケーキ」で検索したとしましょう。すると検索したユーザーの位置から、より距離が近い店舗が検索上位に表示される傾向があります。 

ポイント②知名度

知名度は、ビジネス情報がどれだけインターネット上で取り上げられているかの指標になります。知名度が上がれば、Googleからの評価も高くなるため、高評価の口コミやSNSのシェア数、話題を集めた回数なども加味されるためSNS発信も併せて行うと効果的でしょう。

ポイント③関連性

関連性は、ユーザーの検索キーワードとGoogleマイビジネスに登録されたビジネス情報との関連度の指標になります。たとえば「高槻市 たこやき」というキーワードを狙っているのに対して、店舗情報に「高槻市」や「たこやき」といったワードが入っていない場合、関連性は低くなってしまいますね。

MEO対策やGoogleマイビジネスでの注意点

MEO対策やGoogleマイビジネスを行うにあたって、注意点があるので紹介していきます。

注意点①過剰にキーワードを詰め込まない

必要以上にキーワードを詰め込まないようにしましょう。なぜなら、スパム扱いされてしまう可能性があるからです。Googleマイビジネスのガイドラインには、ビジネス名に含められる情報・含めてはならない情報が明記されています。

以下、いくつか抜粋して挙げてみましょう。

キャッチフレーズ

  • 不可: 「グーグル銀行-日本一便利」、「グーグル薬品気合いだ!
  • 可能: 「グーグル銀行」、「グーグル薬品」

すべて大文字の表記(頭字語を除く)や不必要なスペース

  • 不可: 「S U B W A Y」
  • 可能: 「Subway」、「KFC」、「GU」、「IKEA」

営業時間情報(営業中または準備中など)

  • 不可: 「ベストピザ 24 時間営業」、「グーグル アウトレット(準備中)」
  • 可能: 「ベストピザ」、「グーグル アウトレット」

【引用元:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインーGoogleマイビジネスヘルプ

スパム扱いをされてしまわないよう、キーワードの詰め込みすぎには注意しましょう。

注意点②Google情報を第3者に変更される可能性がある

Google内の店舗情報を、第3者によって変更される可能性がある点にも注意が必要です。これは、Googleマイビジネスにある「情報の修正を提案」という項目と関係しています。

Googleマイビジネスは、インターネット上の情報やマップを利用しているユーザーから提供された情報をもとに作成しているため、店舗経営者ではなくても店舗情報を変えることができるのです。

正しい情報ならいいですが、悪意ある情報を載せられるとお店の悪影響になり兼ねません。正しい情報を掲載するにはオーナー確認を行うことが重要です。

オーナー確認の重要性や登録手順については、こちらの記事でも紹介しています。

Googleマイビジネスのオーナー確認は重要!メリットや確認方法を紹介

まとめ

何事もメリットにはデメリットもつきものですが、それでも得られるものは大きいMEO対策。デメリットについても、対策をとることで改善やカバーすることができます。MEO対策に不安がある人は「MEO対策ツール」の活用がおすすめです。

デメリットのリスクから対策を行わないのは大きな機会損失につながり、もったいないですね。ぜひ、今日からMEO対策を始めていきましょう。

店舗型ビジネス向け最新WEB集客ツール

CTA-IMAGE ケイビーカンパニーでは、店舗の検索やSNSからのWEB集客をドーンと改善する「検索ドーン」を提供しています。
Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNS、マップ、口コミサイトなどに店舗の魅力を簡単に発信できます。
SEOやMEO対策だけでなく、音声対策にも対応しています。