MEO対策ツールのおすすめ7選!無料・有料の特徴を徹底比較

MEO対策ツールのおすすめ7選!無料・有料の特徴を徹底比較

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

店舗の集客を増やそうとGoogleマイビジネスを取り入れてみたものの、うまく活用しきれずに困っている店舗も多いのではないでしょうか。Googleマイビジネスは無料かつ自社完結ができ魅力的ですが、自分ですべてを行う時間や余裕がなく、更新が滞ってしまう場合もありますよね。

そこでおすすめなのが、MEO対策ツールです。せっかくのチャンスを機会損失しているのはもったいないので、便利なMEO対策ツールと連携させていきませんか?

今回はMEO対策ツールを活用するメリットやおすすめの対策ツールについて紹介していきます。うまく利用して集客を増やしましょう。

MEO対策ツールとは?

MEO対策ツールとは、Googleマイビジネスの分析を行いキーワードの順位や検索順位、履歴などを可視化できるツールです。MEO対策ツールには、無料のものと有料のものがあります。

注意点は、MEO対策を行うにあたってGoogleマイビジネスに登録する必要があること。Googleマイビジネスに店舗の情報を登録することでMEO対策の土台ができ、対策ツールも活用できるようになるため、まだ登録が済んでいない場合は先に登録を済ませておきましょう。

MEO対策ツールのメリット

スマートフォンによるモバイル検索が普及している今、MEO対策ツールを導入することは店舗オーナーにとって多くのメリットがあります。

店舗の情報発信ができる

MEO対策ツールを取り入れることで店舗情報が公開されるので、多くのユーザーにお店の情報発信ができます。たとえばユーザーが「新宿 ラーメン」と検索をかけたとしましょう。

「新宿 ラーメン」検索結果

上記のようにマップや住所などの店舗情報が上位表示されるため「近くにこんなお店あったんだ!」と気づいてもらいやすくなるでしょう。また「こんなメニューが人気です!「こんなサービスを提供しています」といったプラスαの情報があれば、消費者の興味関心をひくことも可能になります。

紙ではできなかった店舗側からのアピールができるMEO対策のメリットは大きいです。

集客・売上アップにつながる

MEO対策ツールを活用することで、集客アップが見込めます。なぜならキーワード検索をかけた際、検索上位に表示されるよう工夫できるからです。多くの人は検索をかけるとき「〇〇(地域) △△(ジャンル名など)」とキーワードを絞って希望の店舗を探します。たとえば「築地でおいしいお寿司が食べたい」場合は「築地 お寿司」といった具合です。

消費者からすると「今食べたいから探している」状態なので、検索でヒットした店舗があれば、そのお店に足を運びますよね。検索でヒットした店舗の中でも、上位表示されているお店や口コミ評価が高いお店への来店率が高くなります。なぜなら、上位表示されている店舗は信頼感があるからです。口コミが多い店舗もまた同様。

「これだけの人が満足しているならおいしいはず!」といった心理が働き、安心感がわきます。「おいしそうだから行ってみよう」となれば、売上につながる可能性も上がりますね。こうした仕組みのお手伝いをしてくれるのが、MEO対策ツールです。

SEO対策より簡単・短期間でできる

MEO対策は、SEO対策より簡単にできます。SEO対策とは、特定のキーワード検索で自社のホームページを検索上位に表示させる方法です。SEO対策での上位表示ができれば、店舗側が集客したいユーザーを狙いやすくなるというメリットがありますが、上位表示されるまでには長く時間がかかります。また、対策が難しいという難点も…。

その点、MEO対策は比較的上位表示されやすく、ITやWebに詳しくない人でも挑戦しやすいメリットがあります。MEO対策の第1歩はGoogleマイビジネスに登録すること。無料ででき、短時間で始められるため、試してみる価値はあるでしょう。

MEO対策ツールのデメリット

MEO対策ツールのデメリットは、コストがかかる点です。無料の対策ツールもありますが、できることが限られているため本格的に集客を行うとなると、物足りなさを感じる場合も…。本腰を入れていくなら、有料プランの検討をおすすめします。プランの種類によってもコストは変わってくるため、よく確認してから決めていきましょう。

もうひとつのデメリットは、即効性がないこと。MEO対策は比較的上位表示されやすいと述べましたが「今日始めたから今日から上位表示される」わけではありません。店舗情報の更新や口コミの投稿などにより、少しずつ効果がでてくるため長期的に見る必要があります。

【無料】おすすめのMEO対策ツール

「MEO対策ツールといっても種類が多くて、どれを選んでいいのかわからない」「とりあえず要領をつかみたいから無料から始めたい」という店舗もあるのではないでしょうか。この章では、無料のMEO対策ツールを紹介していきます。

I search from

MEO対策ツール【無料】I search from

I search fromは、国や言語・利用デバイスを選んだうえで正確に分析することができるのが特徴です。MEO対策のほかSEO対策にも効果的なツールとして活用できます。

特徴

  • 地域・言語を選べるため正確に分析できる
  • SEO対策でも利用可能で、国外からでも検索をシュミレーションできる

Google広告

Google広告

Google広告は、Googleが提供する広告出稿サービスです。1つの管理画面でリスティング広告とディスプレイ広告などを管理することができます。

特徴

  • Googleアナリティクスと連携できる
  • リスティング広告とディスプレイ広告などを一括管理できる
  • SEO対策を交えたMEO対策の実践が可能

Promost MEO順位チェックツール

プロモスト「MEO順位チェックツール」

株式会社プロモストが提供しているMEO順位チェックツールは、特許も取得済みのMEOチェックツールです。Googleマップで表示される順位を日々チェックする機能があります。

特徴

  • 自動で順位チェックができる
  • 地域・キーワードを指定した順位チェックが可能
  • 世界中どの地域でも測定できる

【有料】おすすめのMEO対策ツール

続いて、有料のMEO対策ツールをいくつか紹介します。機能が充実しているツールが多いので、きっと今後の店舗運営に役立つでしょう。この機会に検討してみてください。

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」

Gyro-nは、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが提供しているプラットフォームです。Googleマップ検索順位を自動でチェックできるほかGoogleマイビジネスとの連携による管理・運用が行えます。

特徴

  • Googleマイビジネスと連携できる
  • 検索のデータを比較・分析できる
  • 店舗の営業時間に合わせた検索時間の指定が可能

MEOチェキ

MEOチェキ

MEOチェキは、株式会社トライハッチが提供している導入数10,000店以上の実績があるツールです。Googleマイビジネスの投稿予約機能や検索結果の画像保存ができるといった大きな特徴があります。

特徴

  • 自動で検索順位結果が取得できる
  • 競合を含めた順位計測が可能
  • 改ざん防止機能あり

MEO tracker

MEO tracker

MEO trackerは、株式会社プレートが提供しているビジネスの表示順位を社内やクライアントとも共有できるツールです。クラウド型のサービスを大きな特徴としており、Googleマップの順位を自動でチェックしてくれます。

特徴

  • クラウド型管理
  • 順位推移グラフをチェックできる
  • 社内・顧客とデータ共有が可能

検索ドーンGYAX

検索ドーンGYAX

検索ドーンGYAXは、ケイビーカンパニー株式会社が提供しているMEO・SEO対策サービスツールです。地図アプリやSNS、口コミサイト、音声アシスタントなどに公開されている店舗情報を一元管理できる特徴をもっています。

特徴

  • SEO対策としても活用できる
  • 複数メディア情報の管理・更新ができる
  • SNSとの連携が可能
  • 口コミ管理ができる

まとめ

店舗集客において、MEO対策ツールは集客・売上アップにつながる重要なツールです。無料・短時間でスタートラインにも立てるため、試す価値は十分あるでしょう。ただ、やみくもにあれこれ導入するのは注意が必要。なぜなら手がまわらなくなるからです。露出が多い分、更新が滞ってしまうと信用を失ったり「閉店した?」などの誤解を招いたりすることも…。

自分や店舗に合ったMEO対策ツールを活用することが重要になります。よく検討して店舗運営を盛り上げていきましょう。

店舗型ビジネス向け最新WEB集客ツール

CTA-IMAGE ケイビーカンパニーでは、店舗の検索やSNSからのWEB集客をドーンと改善する「検索ドーン」を提供しています。
Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNS、マップ、口コミサイトなどに店舗の魅力を簡単に発信できます。
SEOやMEO対策だけでなく、音声対策にも対応しています。