【飲食店のMEO対策】成功事例や効果を出すコツ、重要な理由まで全て解説

【飲食店のMEO対策】成功事例や効果を出すコツ、重要な理由まで全て解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「飲食店にMEO対策は本当に必要?どうやってやればいいの?」
「MEO対策をすることで集客につながるのかどうか不安…」
「ポータルサイトの掲載料が高いからなるべく費用を抑えて集客したい!」
と、悩んでいる飲食店オーナー様も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、飲食店にMEO対策は必須です
そしてしっかりとした知識を持ちMEO対策を行えば来店数アップにも繋がります。

そこで今回は飲食店がMEO対策をするべき理由に加え、MEOの基礎知識や対策のやり方、成功事例までまとめてご紹介します。
この記事を読めば、飲食店におけるMEO対策の全てが分かります。

MEO対策(ローカル検索)とは

MEO対策とは、マップエンジン最適化(Map Engine Optimization)の略称で、地図検索エンジン「Googleマップ」で上位表示を目指す対策のことです。上位表示に成功することでGoogleマップのみならずGoogle検索でも上位表示され、より集客効果がアップします。

上位表示ときくとSEO対策と混同される方もいますが、MEO対策とSEO対策とでは上位表示させたい対象が異なります。

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策…Googleマイビジネスを上位表示させること
SEO対策…WEBページを上位表示させること

Googleマイビジネスとは、Googleにビジネス情報を登録して検索結果に反映させることができる無料サービスで、MEO対策をするには、Googleマイビジネスへの登録が必須になります。

Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップなど、Google でのビジネスや組織のオンライン プレゼンスを管理するための使いやすい無料サービスです。ビジネスのオーナー確認を済ませ、ビジネス情報を編集すると、ユーザーにビジネスを見つけてもらいやすくなり、ビジネスについてのメッセージを伝えることができます。

引用:Googleマイビジネスヘルプ https://support.google.com/business/answer/3038063?hl=ja

MEO対策をすれば集客を見込めるサービスでありながら、無料で利用できます。低コストで集客を行いたい飲食店はGoogleマイビジネスを利用しない手はないでしょう。

MEO対策による上位表示の例

上記は「東京 飲食店」とGoogleで検索した場合の表示結果です。このように地域と業種を絞って検索することを「ローカル検索」と呼びます。

画像を見ると、トップにはまず東京駅のGoogleマップ、そして3つの飲食店がピックアップして表示されていることが分かるでしょう。

東京駅周辺にある飲食店の数は膨大ですが、そのなかでもMEO対策に成功している上位3つの店舗がこのように検索結果のトップに表示されます。このようにGoogleの検索結果に表示される上位3位のGoogleマイビジネスのリストのことを「ローカルパック」と呼びます。

「すべて表示」をクリックすることで他の飲食店も見ることができますが、上位3店舗のほうが確実にユーザーの目に留まり来店を促しやすいということは決定的でしょう。

このように地域を絞って検索されたキーワードで上位表示を目指すための対策が「ローカルSEO」です。

「MEOやローカルSEOなど沢山の専門用語が出てきてわからない!」という方もいるかと思います。しかし、MEOは日本で、ローカルSEOは海外で馴染みのある名称となり、2つは全く同じ対策です。

飲食店にMEO対策が必要な理由

MEO対策がどんなものかは理解できたけれど、飲食店に本当に必要なのかと思っている方も多いと思います。しかし、低コストで集客アップを目指すのであれば飲食店もMEO対策を行った方がいいでしょう。

飲食店にMEO対策が必要な理由は以下の通りです。

飲食店にMEO対策が必要な4つの理由

・ポータルサイト掲載よりも安価で集客が見込める
・ポータルサイトより上に表示される
・来店確度の高いユーザーにアピールできる
・競合が比較的少ない

上記4つの飲食店にMEO対策が必要な理由についてより詳しく解説していきます。

ポータルサイト掲載よりも安価で集客が見込める

飲食店といえば、ポータルサイトへの掲載が集客手段としてよく使われていますが、その費用は高く、年々増加傾向にあります。また、掲載費用が高い順で掲載されることも多いため、かなりの費用を積まないと他店に埋もれてしまうことも多いです。
一方、Googleマイビジネスへの登録は無料です。初期費用もなしで今からすぐにMEO対策をはじめることができる手軽さは大きな魅力でしょう。

MEO対策を外注したとしても、ケイビーカンパニーの場合326円/日~からととても安価で集客アップが狙えます。

ポータルサイトの掲載料が高騰する現在、無料で始められ外注も安価でできるMEO対策は飲食店にとって嬉しいポイントです。

ポータルサイトより上に表示される

MEO対策で上位3位以内に表示されると、ポータルサイトなどSEO対策をした自然検索のサイトよりも上に表示されます。

MEO対策とポータルサイトの検索結果表示例

上記のようにGoogleの検索結果画面に表示される上位3位以内のGoogleマイビジネスの一覧を「ローカルパック」といい、検索結果画面のトップに表示されます。「地名+業種」のキーワードでローカル検索された多くの場合、このローカルパックが表示されます。

一方ポータルサイトはWEBコンテンツのため、SEO対策をして検索1位となっていてもローカルパックの後にしか表示されません。

自然検索をしたサイトよりMEO対策をしたほうが上位表示され、ユーザーのクリック率も上がるため飲食店の集客には最適です。

来店確度の高いユーザーにアピールできる

「地名+業種」でローカル検索をしたユーザーは、直近でその店に来店する可能性が高くあります。

例えば、「梅田 夜パフェ」と検索したユーザーは、今まで近くで友人と夜ご飯を食べいて、その食後にパフェを食べたいがために探しているかもしれません。もしくは直近で梅田に夜パフェを食べに行く予定があるユーザーである可能性が高いです。

このように、来店確度が高いユーザーの目に留まる機会が増えればその分来店数アップも見込めるでしょう。

競合が比較的少ない

MEO対策は競合がSEOやポータルサイトより比較的少なく、上位表示が狙える可能性が高くあります。

MEO対策地域での上位争いになるため競合も減る
SEO対策地域問わず多くのWEBサイトが上位争いに参加しているため競合が多い
ポータルサイト金によって掲載順位の変動がある場合も多く、検索結果に埋もれてしまう可能性が高い
競合率比較

SEO対策は地域を問わないため、その分競合も増加します。ポータルサイトは地域を絞っての検索もできますが、掲載料金を多く支払っている店舗から上位表示される場合もあるため多額の掲載料を支払わないと検索結果に埋もれてしまいます。

一方MEO対策は基本的にローカル検索による地域を絞った中での上位表示争いです。そのため今からMEO対策を始めようとしている飲食店でも、上位表示を狙える可能性は充分にあります。

MEO対策成功事例【飲食店T】

5ヵ月で2.9倍の来店数を実現したMEO対策

つづいては、MEO対策に成功した飲食店Tの事例をご紹介します。

MEO対策成功事例

飲食店Tは大阪にある海鮮料理店です。MEO対策を導入したのは11月ですが、5ヵ月後の3月には来店数が2.9倍もアップしています。
来店数アップのために飲食店TがどのようなMEO対策を行っていたのかをみていきましょう。

飲食店Tが行っていたMEO対策

・口コミ返信
・口コミ集め
・定期的な投稿(FBページの宣伝、料理、新メニューなど)
・店内や料理の写真アップ
・緊急事態宣言での休業や営業時間変更のお知らせ
・キーワードを意識したビジネスの詳細入力や投稿
・外部ツールによるMEO対策

来店数アップのためにはGoogleマイビジネスに登録して終わりではなく、定期的な更新や口コミへの返信など継続して対策を行っていくことが大切です。

飲食店Tも弊社ツールを利用していただいております。326円/日とポータルサイト掲載より安価に始めら、より効率的かつユーザーに店舗情報をアピールすることができます。

飲食店がMEO対策を始める3ステップ

下記3ステップで簡単に飲食店でMEO対策をスタートさせることができます。

飲食店がMEO対策をスタートさせる3ステップ

手順①Googleマイビジネスに登録する
手順②オーナー権限を取得する
手順③必要な情報を入力する

上記3ステップについてより詳しく解説していきます。Googleマイビジネスの登録は無料なので、悩んでいる飲食店オーナー様もまずはMEO対策を始めてみましょう。

手順①Googleマイビジネスに登録する

まず最初に行うべきことは、Googleマイビジネスへの登録です。登録をしないとMEO対策は始まりません。

Googleマイビジネスへの登録にはGmailやyahooのメールアドレスが必要です。

Googleマイビジネスへの登録はこちら
https://support.google.com/business/answer/6300665?hl=ja

手順②オーナー権限を取得する

登録をしたら、オーナー権限を取得しましょう。
オーナー権限取得は以下の手順で行います。

オーナー権限の取得手順

①Googleマップで自分の店舗を検索する
②店舗名をクリックし、「ビジネスオーナーですか?」をクリック
③オーナーが登録されている場合オーナー権限付与リクエストを送る
④オーナーが登録されていない場合は電話もしくはハガキで取得申請

オーナーが既に登録されている場合でも、焦らず権限付与リクエストを送りましょう。面識のない人がオーナーとなっていて返信が来なくても3日間たてば新しくオーナー権限の取得ができます。

手順③必要な情報を入力する

Googleマイビジネスへの登録とオーナー権限の取得を終えたら、必要な情報を入力していきましょう。

登録しただけではMEO対策としては不十分です。営業時間や所在地など入力できる箇所はしっかりと入力してください。口コミや写真、SNSとの連携も行うとよりMEO対策には効果的です。

飲食店がMEO対策で成果を出すコツ

飲食店がMEO対策で成果をあげるためには、ある程度コツが必要です。ここではMEO対策で成果を出すための10のコツを紹介します。

飲食店がMEOた施策で成果を上げるための10のコツ

・キーワード設定をする
・Googleマイビジネスの情報を充実させる
・最新かつ正確な状態に保つ
・構造化マークアップでNAP情報を揃える
・口コミの数を増やしてレビューを上げる
・口コミの分析・返信をする
・投稿や写真をアップし更新頻度を上げる
・自社サイトとGoogleマイビジネスを関連付ける
・関連する自社サイトのSEO対策をする
・SNSなどでサイテーションを増やす

上記10のコツについてより詳しく解説していきます。

1. キーワードを設定する

MEO対策においてもキーワード設定は重要です。MEO対策は基本的にローカル検索によって地域が絞られているので、まずは「飲食店のある地域+飲食店」が基本となります。しかしそれでは競合がまだまだ多いので、よりキーワードを選定していく必要があります。

例えばイタリアンをメインに扱う飲食店であれば、「地域+イタリアン」とカテゴリーを絞りましょう。
地域も都道府県よりは市区町村、市区町村よりは駅名と絞った方が競合はさらに減り、上位表示が狙いやすくなります。

さらにユーザーが飲食店にのぞむ「おしゃれ」や「落ち着く」などのキーワードを入れ「駅名+イタリアン+おしゃれ」などに絞り、競合を減らしていくキーワード選定が大切です。

2. Googleマイビジネスの情報を充実させる

MEO対策の始め方でも軽く触れましたが、Googleマイビジネスに登録しただけではMEO対策ができているとは言えません。より情報を充実せるために、最低限、以下の項目はうめておいたほうが良いでしょう。

Googleマイビジネスで入力しておくべき箇所

・店舗名
・営業時間
・所在地
・電話番号
・メニュー
・属性
・支払方法
・店舗の説明文

上記に加え、ホームページを所持している場合はURLも記載しておきましょう。

営業時間については、お盆や年末年始など、普段と営業時間が異なる場合やテイクアウトなどの対応時間が違う場合は特別営業時間に記載しておくと便利です。

Googleマイビジネスの情報を充実させることでユーザーの検索キーワードとより関連性が高まります。

3. 最新かつ正確な状態に保つ

登録情報は常に最新の状態に更新しておくことを心がけましょう。そして情報の正確さも大切です。

飲食店をオープンしているにもかかわらず、Googleマイビジネスでは閉店に設定されていたらユーザーの来店機会を損失してしまいます。

季節ごとにお店独自のメニューを提供する場合も、その都度メニューや写真を更新するといいでしょう。ユーザーの需要を満たすための新しい情報の発信を定期的に行うことを心がけてください。

4. 構造化マークアップでNAP情報を揃える

構造化マークアップとは、Webページの内容を検索エンジンがより分かりやすく理解できるように意味付けすることです。
自社サイトを構造化することで、検索エンジンがサイトの内容に対して、どのような情報をもっているのかを深く理解することができ、それが検索順位により有効に働くと言われています。

特に、NAP(Name、Address、Phone)情報の統一は必須です。

NAPとはName・Address・Phone numberの頭文字を取った略称で、名前・住所・電話番号3つの情報のことを指します。NAP情報が違っているとGoogleからの評価が下がりMEO対策に支障をきたすため、必ず正しい情報に統一してください。

また、Googleマイビジネスの表記をFacebookや他のWEBサービス上での表記を揃える必要もあります。Googleはいかにそのお店の情報が他のWEBサービスで引用されているかも重要な評価要素としていますが、そのためには表記を複数のWEBサービス上で統一し、同じお店であることを示すことが大切です。

✔良い例
・Googleマイビジネス:ケイビーカンパニー株式会社
・Facebook:ケイビーカンパニー株式会社
✔悪い例
・Googleマイビジネス:KB Company株式会社
・Facebook:ケイビーカンパニー株式会社

5. 口コミの数を増やしてレビューを上げる

口コミの数と評価の高さは、Googleマップで上位表示するために非常に重要な評価要素です。

Googleは、多くの人から評価される店舗・拠点をユーザーに情報を提供すべき重要コンテンツとみなします。
そのため、口コミをたくさん集めることが大切ですが、何もせず口コミは増えないので、
“口コミ投稿お願いします!”などのポップを店内に配置するなど、様々な方法でアピールする必要があります。

また、Googleマップの検索結果には口コミの内容が表示されることもあるため、以下の内容を口コミに入れるとより効果的です。

  • 検索キーワードに関連する内容
  • 具体的かつユーザーニーズをおさえた内容
    (サービスや商品、店内の雰囲気、メニューなど)

6. 口コミの分析・返信をする

Googleマイビジネスでは口コミへの返信が可能です。

顧客は、ビジネスに関するクチコミを投稿することができます。顧客からのクチコミは、お店やサービスに対する有益なフィードバックです。クチコミに返信することは、顧客との信頼関係の構築につながります。

引用:Googleマイビジネスヘルプ https://support.google.com/business/answer/3474050?hl=ja&ref_topic=6001257#

Googleマイビジネスのヘルプでも明記されている通り、口コミの返信は顧客との信頼関係にも繋がります。評価に関わらず口コミ内容を真摯に受け止め、丁寧に返信をしていきましょう。

また、口コミ内容を分析し低評価を得た部分や改善できる箇所は積極的に改善することで顧客満足度へのアップにつながり、再来や新規来店も期待できます。

7. 投稿や写真をアップし更新頻度を上げる

Googleは新しい情報が公開されているビジネスを好む傾向があるため、定期的に情報を更新することでGoogleの評価が上がりやすくなります。

そのためGoogleマイビジネスの情報を適切に更新していくことはもちろん、投稿や写真のアップの更新頻度をあげていくといいでしょう。

キャンペーンや新商品の情報などはもちろん、デリバリーやコロナ対策に関する情報も随時投稿してください。写真は店内の雰囲気、新商品や仕込み状況などでも構いません。ユーザーの興味を引き有益となる投稿が基本です。

投稿や写真をアップし更新頻度を上げる

8. 自社サイトとGoogleマイビジネスを関連付ける

飲食店のホームページを所持している場合、自社サイトとGoogleマイビジネスを関連付ける事も忘れずに行ってください。

Googleマイビジネスには自社サイトを登録できる項目があるため、Googleマイビジネスに自社サイトを登録することは簡単です。
しかし、自社サイトにGoogleマイビジネスを紐づけることは忘れてしまいがちです。自社サイトの会社(店舗)情報ページやアクセスページに、次の2つを記載します。

  • Googleマップの共有リンク
  • Googleマイビジネス地図情報
    (※店舗情報が掲載されているiframeリンクを埋め込まないとGoogleマイビジネス情報へのアクセスが不可)
自社サイトとGoogleマイビジネスを関連付ける

MEO対策をより強化するためにも、両者の関連付けは必ず行いましょう。

9. 関連する自社サイトのSEO対策をする

自社サイトの検索結果での掲載順位も考慮に入るため、自社サイトのSEO評価をあげる対策をすることも重要です。

飲食店のMEO対策で関連する自社サイトのSEO対策をする理由

公式サイトの情報は、Googleマイビジネスの情報と関連付けられており、検索されたキーワードに関連するテキストが表示されます。そのため、公式サイトにGoogleマイビジネスの情報や表示したいキーワードと関連の高いコンテンツを掲載する必要があります。

10. SNSなどでサイテーションを増やす

サイテーションとは、Googleマイビジネスの情報が、他のサイトやSNSなどで紹介されていることです。

どれだけ他の場所で紹介されているかが、Googleでの上位表示の1つの評価ポイントとなっています。

サイテーションに重視される情報

・ビジネス名
・住所
・電話番号
・URL

ブログやSNSを活用し飲食店情報の発信を積極的に行うことはもちろん、顧客がSNSで紹介したくなるような仕組みをつくることも大切です。

飲食店のMEO対策における注意点

飲食店がMEO対策をするにあたり、注意しなければならない点もあります。

注意すべき3つのポイント

・Googleマイビジネスのガイドラインに従う
・口コミの自作自演はやらない
・ネガティブな口コミを書かれることがある

上記3つの注意点については必ず目を通し内容を確認してください。

Googleマイビジネスのガイドラインに従う

Googleマイビジネスのガイドラインは登録前に必ず一読しておきましょう。

Google は、上記のガイドラインに違反した個人または事業体による Google
マイビジネス、その他の Google サービスへのアクセスを停止する権限を有します。また、違法行為に対しては、法的措置を取る場合があります。

引用:Googleマイビジネスヘルプ
https://support.google.com/business/answer/3038177#zippy=%2C%E8%A9%B3%E7%B4%B0

Googleマイビジネスのヘルプにも記載されているとおり、違反するとGoogleマイビジネスだけでなくその他のサービスへのアクセスが停止されてしまう恐れがあります。

特に、店舗の名前に無理やりキーワードを入れることはMEO対策として行ってしまう方も多いので注意してください。

口コミの自作自演はやらない

口コミの多さやレビューの高さはユーザーが来店を決める後押しとなるため、とても重要です。
しかし、口コミの自作自演は行ってはいけません。

MEO対策を始めた当初はなかなか口コミが集まらないかもしれませんが、お客様に口コミを投稿してもらえるような仕組みやキャンペーンを提案していくなどして口コミを獲得していきましょう。

ネガティブな口コミを書かれることがある

口コミは全て良い評価であるとは限りません。なかにはネガティブな口コミを書かれてしまうこともあるでしょう。

しかし、ネガティブな口コミにも真摯に対応そして返信していくことが大切です。誹謗中傷などはGoogleに依頼して削除できる可能性があるため、悪質なものは消去リクエストも検討してください。

MEO対策に迷っている飲食店オーナー様は

MEO対策が飲食店に必要な理由や、対策方法を解説してきました。しかし、よく分からないという方や、よりしっかりMEO対策を行いたいという飲食店オーナー様はケイビーカンパニーにご相談ください。

サービスにひとつである「検索ドーン」では、MEO対策はもちろんSEO対策まで一括して行うことができます。低価格で効率よく集客アップを目指せるサービスのため、飲食店含め数多くの店舗でご利用いただいております。

MEO対策サービス「検索ドーン」についてのご相談はこちら
https://kbcompany.jp/gyax/lp/#contact

まとめ

ポータルサイトよりも安価かつ上位表示が狙えるMEO対策は、低コストで来店数をアップさせることができるため飲食店でも取り入れることをおすすめします。

Googleマイビジネスへの無料登録を行うことですぐにMEO対策を始めることができますが、飲食店のMEO対策でより成果をあげるには情報の更新や口コミの返信などコツも必要です。

しかし、Googleマイビジネスのガイドラインに違反すると各種サービスへのアクセス停止措置をされてしまうため登録前に必ず一読しておきましょう。

MEO対策は外部発注してもポータルサイトより安価なので、より確実にMEO対策の効果をあげたいという飲食店オーナー様はケイビーカンパニーの「検索ドーン」のご利用をご検討ください。

MEO対策の基礎知識から飲食店がMEO対策をするべき理由と注意点、成功事例までまとめて知りたい飲食店オーナー様は是非今回の記事を参考にしてください。

Googleマイビジネス最適化やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。