サイテーションの意味とSEO・MEOへの効果とは?事例と対策法を徹底解説

サイテーションの意味とSEO・MEOへの効果とは?事例と対策法を徹底解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「サイテーションって何?」
「サイテーションはSEOやMEOにどういった効果があるの?」
「サイテーションを増やすためにはどうしたら良いの?」
SEO対策やMEO対策を行う中で、こんなお悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

サイテーションは、自社の情報を上位に表示させるためSEO対策・MEO対策において非常に重要な要素です。

そこで今回は、サイテーションの意味とSEO対策・MEO対策おける効果、サイテーションの対策を解説します。

この記事を読めば、サイテーションの意味や効果はもちろん、どのようにサイテーションを使ってSEO対策・MEO対策を行えば良いかが分かります。

サイテーションとは?

SEO対策やMEO対策において、重要な対策方法のひとつにサイテーションがあります。

どのような意味で何をサイテーションと呼ぶのでしょうか。

サイテーションの意味

本来サイテーション(citation)とは、言及や引用を意味する英語ですが、SEOやWEBマーケティングにおいては、自社の情報をリンクなしでサイトやSNSで記載された状態を指します。

自社の情報とは、以下のような情報です。

  • 会社名・ブランド名(サイト名、サービス名など)
  • 住所
  • 電話番号
  • a要素(aタグ)ではないテキスト上のURL

これらの情報がSNSやWEBサイトで引用されると、検索結果に有利に働くと考えられています。

サイテーションの事例

Instagramにおけるサイテーションの事例

実際に、サイテーションされている事例がこちらです。Instagramの投稿で「ケイビーカンパニー株式会社」と記載されています。

「ケイビーカンパニー株式会社」という弊社の名称がSNSで言及されているため、サイテーションに該当します。

上記は、ケイビーカンパニー株式会社が運用するアカウントではありますが、自社によるSNSの運用でもサイテーションになるのです。

サイテーションと被リンクの違い

サイテーションに似ているものに「被リンク」があります。

サイテーションと被リンクの違い

  • サイテーション→ケイビーカンパニー株式会社の検索ドーンを利用してみよう!
  • 被リンク①→ケイビーカンパニー株式会社の検索ドーンを利用してみよう!
  • 被リンク②→ケイビーカンパニー株式会社の検索ドーンはこちらから!https://kbcompany.jp/gyax/

サイテーションはテキストのみですが、被リンクは文字がリンクになっている、もしくはURLが記載されている状態です。

サイテーションの場合、わざわざURLをコピペする、タグを使用する必要がないため、SNSやクチコミサイトではサイテーションを獲得しやすいでしょう。

サイテーションはSEOやMEOに効果がある?

サイテーションは、SEO・MEOへの効果が期待できます。

記事の前半で「自社情報がSNSやメディアで記載されることが検索結果に有利に働く」と述べましたが、これはGoogleが明言している情報ではありません。

さまざまな理由がありますが、このようにいわれる理由のひとつとして、Googleがローカル検索結果(特定のエリアを対象とした検索結果)のランキングに対して、以下のように言及しているからです。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

引用:Googleのローカル検索結果の掲載順位を改善する-Googleマイビジネスヘルプ

すなわち、知名度が高い店舗や会社は、ローカル検索において検索結果の上位に表示されやすいのです。

SEOでは、被リンクがSEO対策において重要な要素のひとつとされており、被リンクに加えサイテーションも実施することで、SEOの外部施策の幅が広がるでしょう。

MEOにおいても、サイテーションはローカル検索において特に大きな効果を発揮します。

ローカル検索とはGoogleマップなどで上位表示するための施策でありMEO対策と同じことなので、サイテーションはMEO対策において非常に影響を与えるとも言えます。

サイテーションが多い(=SNSやメディアで情報が掲載される機会が多い)ということは、そのぶん知名度が高いとGoogleが評価するため、検索結果に影響を与えるといわれています。

サイテーションの注意点

サイテーションの効果を得るためには、適切な手段で対策をしなければなりません。

特に注意したい、3つのポイントを紹介します。

注意点①正しい情報を掲載する

サイテーションで適切な効果を得るためには、SNSやメディアでは正しい情報を掲載してもらうことが大前提です。

  • ◯→ケイビーカンパニー株式会社の検索ドーンがおすすめ!
  • ×→ケービーカンパニー株式会社の検索ドーンがおすすめ!
  • ×→ケイビーさんの検索ドーンがおすすめ!

NG例のように会社の名称が異なっていると、適切な効果は得られません。

クチコミやWEBメディアに掲載をしてもらう際には、正しい情報を伝えましょう。

注意点②サイテーションは必ずしもよい効果をもたらすとは限らない

悪い評価をされることもある

SNSやクチコミに投稿されるものが、すべてよい内容とは限りません。投稿の中には「美味しかった」「また利用したい」というポジティブなクチコミもあれば「提供された料理が冷めていた」「技術不足だ」といったネガティブなクチコミもあります。

このようにネガティブな投稿があまりにも多い場合、Googleは「ユーザーに提供すべき情報ではない」と判断し、検索結果に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

顧客に満足をしてもらうことはもちろん、検索結果の上位を目指すためにも、適切なサービスの提供を心がけましょう。

注意点③自社による過度なサイテーションは逆効果

SNSアカウントをいくつも作成して、自社の情報をたくさん投稿するという対策は効果がありません。

このような対策は無意味であり、過度なものになるとGoogleから何らかの措置をとられる可能性があります。

リスクが高く無意味な対策よりも、ユーザーにSNSやクチコミで言及してもらえる、良質なサービスを提供するほうがSEO・MEOには効果的です。

サイテーションの効果を得る方法

どのようなことを実践すれば、サイテーションの効果が得られるのでしょうか。

すぐに実践できる5つの手段を紹介します。

①自社サイトの構造化マークアップをする

構造化マークアップとは、自社サイトの内容をGoogleなどの検索エンジンが、わかりやすく理解できるように意味付けをすることを指します。

Googleには「クローラー」と呼ばれる、自動でWEBサイトを巡回するプログラムが存在し、定期的に情報を収集して検索結果にデータを反映させています。

クローラーが巡回する際に、自社サイトがどのような情報をもつのか深く理解できれば、検索結果に有効的に働くのです。

特に、NAPと呼ばれる情報の統一はサイテーションの必須条件です。

NAP(Name・Address・Phone)

  • Name:店舗名(会社名・屋号・ブランド名)
  • Address:住所(建物名や番地・半角全角もそろえる)
  • Phone:電話番号

②わかりやすい名称をつける

SNSやクチコミで言及してもらうためには、わかりやすいブランド名やサービス名をつけることをおすすめします。

SNSで情報発信したい、クチコミを書きたいと思っているユーザーが「あのお店の名前(ブランド名)なんだったっけ?」とすぐに思い出せないような名称だと、正しい情報で記載してもらえない可能性があります。

私たち人間は「あのお店のことを言っているのだろう」と理解できても、Googleのシステムでは情報を汲み取らず、サイテーション対策には効果がありません。

覚えやすい・間違いにくい名称をつけて、多くの人に自社について言及・認識してもらいましょう。

③自社のSNSで情報を発信して知名度を向上させる

上記でわかりやすい名称を付けると説明しましたが、少々わかりにくい名称であってもSNSで情報の発信を続けていれば、多くのユーザーに認知してもらえる可能性があります。

SNSのプロフィールに、会社名・自社サイトのURL・提供しているサービスの名称を入れて、投稿で定期的に宣伝をしていけば、自ずとユーザーは会社名などを理解してくれるでしょう。

④Googleマイビジネスに登録する

店舗を構えている会社では、Googleマイビジネスに登録をして活用していくことも重要です。

Googleマイビジネスは、会社の名称・住所・電話番号などの基本情報の発信はもちろん、写真の投稿やユーザーからクチコミを投稿してもらえるなど、MEOにおいて重要な役割を果たします。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Googleでのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

引用:Googleのローカル検索結果の掲載順位を改善する-Googleマイビジネスヘルプ

Googleのヘルプでは、上記で言及されているようにクチコミの数と評価が、ローカル検索結果に影響を与えます。

サイテーション対策の一環として、Googleマイビジネスに登録をする、すでに登録をしている方は情報に誤りがないか今一度確認をしてみましょう。

Googleマイビジネスの登録方法や運用方法は以下の記事で詳しく解説しています。

⑤WEBメディアに掲載をしてもらう

WEBメディアで、自社の取り組みやサービスを掲載してもらうことも、サイテーション対策のひとつです。

たとえば飲食店をWEBメディアで紹介されたとき、人気メニューなどをピックアップされますが、記事の内部に店舗情報を掲載します。

店舗名・住所・電話番号が掲載されていれば、他社メディアでサイテーションを得たといえます。

全国的な有名メディアではなくても、都道府県や市区町村の情報に特化したWEBメディアでも、たくさんの記事で紹介してもらえば、それなりの効果が期待できるでしょう。

⑥クチコミやSNSでの発信を促す

来店した顧客に対して、クチコミやSNSでの情報発信を促すこともサイテーションを獲得するための手段です。

たとえば、以下のようなキャンペーン情報を提供するとよいでしょう。

  • SNSで、店名のハッシュタグ(#)をつけて投稿してくれたユーザーにドリンク1杯サービスなど
  • テーブルやレジカウンターにクチコミや情報発信を促すPOPを設置する

Facebook、Instagram、TwitterのSNSやブログで情報を発信してもらえば、サイテーションの獲得に加え、見込み顧客に対してのアピールにもなります。

以下の記事では、口コミを増やす方法について解説しているので参考にしてみてください。

まとめ

サイテーションは、SEO・MEOに重要な役割を果たすことがわかりました。

大きな費用はかからないものの、適切な対策をするためには少々手間がかかりコツも必要となるでしょう。

自社店舗をよりアピールするためには、ローカル検索を徹底することで、見込み顧客の集客が重要です。

ケイビーカンパニー株式会社の検索ドーンでは、Google検索だけではなく、TwitterやFacebookなどのSNS、Googleマップ、クチコミサイトなど、あらゆるプラットフォームからユーザーにアプローチできます。

店舗を構えるビジネスのオーナーは、適切なMEOのために検索ドーンを利用してみてはいかがでしょうか?

店舗型ビジネス向け最新WEB集客ツール

CTA-IMAGE ケイビーカンパニーでは、店舗の検索やSNSからのWEB集客をドーンと改善する「検索ドーン」を提供しています。
Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNS、マップ、口コミサイトなどに店舗の魅力を簡単に発信できます。
SEOやMEO対策だけでなく、音声対策にも対応しています。