Googleマイビジネスに表示されない!?その原因6つと利用上の注意点

Googleマイビジネスに表示されない!?その原因6つと利用上の注意点
MEO記事上バナー

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスを始めたけどなぜか表示されない」
「Googleマイビジネスでどうやったら表示できるのか分からない」
「Googleマイビジネスで投稿機能が表示されないのはなんで?」
そんなお悩みありませんか?

Googleマイビジネスは無料で自社の店舗や拠点の情報を表示・管理できるサービスです。

実店舗を持ってビジネスを行っているお店には、是非活用してほしい便利なGoogleマイビジネスですが、中には店舗登録をしたのに情報が表示されない場合がある様です。

今回は、Googleマイビジネスに店舗情報が表示されないときの原因と解決方法、そしてGoogleマイビジネス利用上の注意点を詳しくご紹介します。

この記事を参考にしてGoogleマイビジネスの表示問題が解決できれば、Googleマイビジネスを利用した集客対策に今すぐ取り組むことが出来ます。

Googleマイビジネスが検索で表示されない原因と対処法

では早速、登録したはずのGoogleマイビジネスの情報が表示されない時の原因をタイプ別にご紹介します。

原因①:オーナー登録が済んでいない

Googleマイビジネスに登録したビジネス情報は、ビジネスのオーナー確認を済ませないと Google サービス上には表示されません。

オーナー確認はビジネス情報を登録した直後、又は管理者としてGoogleマイビジネスにログインして行うことが出来ます。

基本情報は登録したけれど、まだオーナー登録がすんでいない場合はオーナー登録を完了する必要があります。

オーナー登録用のコードの受取りは、ビジネス情報に登録されている住所が正しいかどうか確認する意味を含めて、ハガキで行われるのが一般的ですが、他の選択肢(メール、電話、Search Console など)が提示されている場合は方法を選ぶこともできます。

最も一般的なハガキでのオーナー確認では、Googleから送られてくるハガキに書かれた「オーナー確認用コード」をGoogleマイビジネスのサイトから入力することで確認を行います。

Googleマイビジネスのオーナー確認については下記の記事も参考にしてみてください。

原因②:ステータスが「公開済み」になっていない

確かにGoogleマイビジネスに情報を登録してオーナー確認も完了したはずなのに、検索結果に表示されない場合は「ステータス」を確認してみましょう。

Googleマイビジネスに登録された情報は、すぐに何でも公開されるのではなく、Googleの審査を通過する必要があります。

審査を受けて問題なしと判断された場合には、ステータスが「公開済み」と表示され、ネット上に公開されます。

Googleマイビジネスからご自身のアカウントのステータスを確認する方法は次の通りです。

google マイ ビジネス 表示 されない ステータスの確認

ステータス確認の手順

  1. Googleマイビジネスの管理画面にログイン
  2. ホーム画面左上のメニューアイコン(3本ライン)をクリック
  3. メニューバーから「情報」をクリック
  4. 表示されたビジネス情報の赤色の部分にステータスが表示されます

ステータスの一覧はGoogleマイビジネスヘルプから確認できます。

【参照:Googleマイビジネスヘルプ―ビジネス プロフィールのステータスについて

Googleによる審査が終わっていない場合は「確認待ち」と表示されますので、その場合は審査が終了するまでもう少し待ってみましょう。

他のメッセージが表示された場合はGoogleマイビジネスのヘルプを確認しながら、適切な対処が必要になります。

原因③:Googleマイビジネスの情報が正しく登録されていない

ステータスが公開済みになっていることが確認出来ても、Googleマイビジネスに情報が正確に登録されていないために検索で表示されないというトラブルが発生します。

例えばGoogleマップに登録されている店名や住所と、Googleマイビジネスの店名や住所の表記が違っているという場合には情報の一致が確認できず、検索で表示されません

この場合の対処法としては、Googleマイビジネスに登録する情報とGoogleマップの情報とが完全に一致しているかを確認します。

Googleの利用規約違反にも関わる話ですが、店名に検索率を上げるためのキーワードを加えてしまったり、住所の表記方法が違ったりすると同一店舗の情報だと認知してもらえずに、検索結果として表示されない可能性があります。

GoogleマップとGoogleマイビジネスの店名表記が統一されていない例
・Googleマップ:ケイビーカンパニー
・Googleマイビジネス:コンサルタントのプロKBcompany

GoogleマップとGoogleマイビジネスの表記を統一する、という大前提を今1度確認してみるようにしましょう。

原因④:Googleマイビジネスのガイドラインに違反している

いくらGoogleマイビジネスに正しく登録し、手順を踏んだとしてもそのアカウントがGoogleマイビジネスのガイドライン違反を起こしてしまっている場合は検索に表示されません。

Googleは常にユーザーの利便性を追求しながら発展してきた会社です。そのためGoogleマイビジネスの利用おいても、Googleのルールを遵守しながら活用するという意識が欠かせません。

例えばGoogleマイビジネスのガイドライン違反には次の様な行為が挙げられます。

Googleマイビジネス禁止行為例

関連性の低いコンテンツの掲載投稿先のビジネスと無関係なコンテンツや関連が明確でないコンテンツ
不適切または不快なコンテンツの掲載差別、暴力、いやがらせ、見る人を不快にさせるコンテンツ
個人情報や機密情報の共有他人の個人情報や機密情報(クレジットカードの番号、政府発行の個人識別番号、運転免許などの免許証番号といった、一般に公開されていない情報)を許可なく公開する行為
著作権侵害著作権で保護されたコンテンツを無断で共有したり、著作権で保護されたコンテンツを無断でダウンロードできるサイトへのリンクを提供したりする行為
口コミの自作自演ユーザーのふりをしてビジネスが有利になる口コミを書き込む行為(Googleマイビジネスに登録していないアカウントを利用するのも同様に禁止)

これらの禁止行為はあくまで一部のみをご紹介しているにすぎませんので、Googleマイビジネスを利用する際には、ご自分でGoogleマイビジネスのガイドラインをしっかり確認することが基本になります。

【参照:Googleマイビジネスヘルプ-Google マイビジネスのウェブサイト ポリシー

Googleマイビジネス登録に関してのトラブルや対処法についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

原因⑤:ローカルパックの表示が独占されている

通常GoogleマップやGoogle検索での結果表示で、上位3店舗の店舗情報が画像赤枠の部分に表示されます。この領域をローカルパックと呼びます。

google マイ ビジネス 表示 されない ローカルパック独占

このようにローカルパックには上位3店舗が表示されるのが一般的ですが、中には周囲にいくつかの店舗があるのにも関わらず1店舗のみの情報で独占されている場合もあるようです。

ローカルパックの表示が独占されてしまう理由としては、1位のビジネスのGoogleマイビジネスだけが群を抜いて情報が充実している場合に起きるようです。

つまり他のビジネスのGoogleマイビジネス情報は、1位と比較して大きく劣っているということです。

この場合はGoogleマイビジネスの情報を充実させることが必要ですが、そのためには基本情報の登録だけではなく、口コミの管理やサイテーションを増やす工夫なども必要です。

Googleマイビジネスの上位表示に関しては、下の記事で詳しく解説しています。

原因⑥:第三者からの報告が入り削除された

意外と知らない人も多いのですが、Googleへの店舗登録はビジネスのオーナーでない第三者でも可能で、同様に登録情報削除の申請もできてしまうのです。

基本的には第三者からのリクエストが採用されるのはオーナー登録がされていないビジネスですが、オーナーが登録されているビジネスでも、何度も削除要請がなされた場合はGoogleマイビジネスの情報が削除されてしまう場合があります。

もし第三者の悪質ないやがらせ行為に困っている場合は、Googleマイビジネスのヘルプサポートに問い合わせをして報告するようにしましょう。

【参照:Googleマイビジネスヘルプ―お問い合わせ

Googleマイビジネスで更新した内容が表示されない原因

Googleマイビジネスのアカウントから更新した内容が反映されない時は、Google側での対応を待つ必要があるかもしれません。

Googleは様々なサービスを提供しており、各サービスは複数の要素を考慮したアルゴリズムが組まれています。

特に最近ビジネス情報を編集・追加した場合には、検索結果に影響を与える可能性があるため、編集内容が表示されるまでに最大で3 日ほどかかることがあります。

【参照:Googleマイビジネスヘルプ―ビジネス情報が Google に表示されるようにする

投稿内容が表示されなくなった理由は?

次に旬な情報をSNSの様に見ているユーザーにシェアできる、投稿機能の内容が表示されない場合の対処法を確認します。

投稿機能の表示は1週間

投稿機能の情報は表示期間が1週間と決められており、その後はアーカイブに保存されます。

つまり投稿機能は1度発信して掲示できるものではなく、その時その時のタイムリーな情報を発信するのに適しています。

例外としてイベントなど特定の日付が設定されている場合は、その日まで表示されることになります。

投稿に関するポリシーに違反している

投稿機能にも利用規定が定められており、それに違反してしまうとGoogleの判断で表示が取り消されてしまう可能性があります。

投稿機能はそのビジネスに興味があるユーザーに有益な情報をもたらすものでなければならないため、コンテンツの内容がビジネスに関係ないものであったり、スパムであったり、不適切な内容であると判断されてしまうと表示されません。

投稿機能のルールを守って活用するためにも、1度規定を確認しておきましょう。

【参照:Googleマイビジネスヘルプ―投稿コンテンツに関するポリシー

投稿機能の更新頻度をあげよう

投稿を効果的に使うにはユーザーにいつも投稿内容をアピールできるように、営業日2・3日に1回は更新するようにしましょう。

投稿は1週間経つとアーカイブに移動してしまうため、ビジネス情報を確認してくれたユーザーにチャンスを逃さず情報発信をするためには更新頻度が重要です。

投稿機能では新メニュー・新商品の紹介、イベントやキャンペーンのお知らせ、その他お店ならではのコンテンツを充実させることで、注目度が高まります。

投稿機能の活用については下の記事も是非チェックしてみてください。

Googleマイビジネス利用の際守るべきガイドラインとは?

トラブルなくGoogleマイビジネスを利用するためには、Googleのガイドラインについて知っておくことが大切です。

Googleマイビジネスガイドライン概要

Googleはユーザーファーストを守ってきた企業なので、ユーザーに被害が及ぶような行為をすることは禁止されています。

守らない場合はペナルティーが課されてしまいますので、目先の利益だけを考えてルール違反をしてしまうことがないように気を付けましょう。

これらのポリシーは、Google マイビジネスのウェブサイトで共有されるコンテンツに適用されます。ポリシーの適用にあたり、公共の利益とみなされるコンツンツがページに含まれると Google が判断した場合は、例外を設けることがあります。ポリシーは更新されることがありますので、随時確認するようにしてください。Google は、このガイドラインに違反する個人または企業に対して、Google マイビジネスのウェブサイト ビルダーなどの Google サービスへのアクセスをいつでも強制停止する権限を有しています。

Googleマイビジネスヘルプ-Google マイビジネスのウェブサイト ポリシー

やりがちな違反行為

Googleマイビジネスを利用しながら、うっかりしてしまいがちなルール違反を前もって知っておくことも大事です。

店名にキーワードを入れてしまう

店名にユーザーが検索するであろうキーワードを含めて登録するのも禁止されています。例えば整骨院の場合は、場所と症状で検索するユーザーが多いと考えられます。

つまりビジネス名に「〇〇整骨院 猫背改善」、「△△整体 駅ちか 腰痛専門」などとキーワードを入れてしまうのはルール違反です。

実際に検索をしてみると、キーワードを含めて登録しているビジネスも見受けられますが、Googleによっていつペナルティーが課されるか分からない危険な行為なのです。

口コミの自作自演

口コミはGoogleマイビジネスの情報を充実させていくには必須の要素ですが、だからといって好意的な口コミを自作してしまうのは禁止行為です。

口コミはユーザーにとって、お店やサービスを選択する大事な指標になります。

口コミを自作自演してしまうと、ユーザーは虚偽の情報を基に行動を操作されてしまうことになりかねないため、Googleが厳しく取り締まっています。

口コミ対策は沢山の口コミを集め、評価を上げつつ、キーワードを含めて書き込んでもらうことも大事です。

口コミ対策に関する記事もGoogleマイビジネスを使った集客アップに活かしてみてください。

ユーザーの誤解を招く内容の掲載

口コミの偽装と同じく過度なキャッチコピーもユーザーの信頼を失ってしまう可能性がある為、禁止されています。

投稿先のビジネスと無関係なコンテンツや関連が明確でないコンテンツも、検索したユーザーのニーズを満たしているとは見なされないため認められません。

ユーザーがいかに必要な情報を見つけやすいかという視点を持ちながら、Googleマイビジネスを充実させていくことが、ひいてはGoogleマイビジネスの上位表示と集客の成功に繋がります。

まとめ

Googleマイビジネスで店舗情報が表示されない原因は次の6つが考えられます。

  • オーナー登録が済んでいない
  • ステータスが「公開済み」になっていない
  • Googleマイビジネスの情報が正しく登録されていない
  • Googleマイビジネスのガイドラインに違反している
  • ローカルパックの表示が独占されている
  • 第三者からの報告が入り削除された

他にも急にGoogleマイビジネスの登録情報が消えてしまった場合には、Google規約違反をしてアカウントが停止された可能性があります。

Googleマイビジネスはガイドラインをしっかり確認し、正しく利用する必要があります。

無料で利用できる便利なGoogleマイビジネスを上手く活用して、集客アップに繋げられるようにしましょう。

MEO記事下バナー

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。