Googleマイビジネスとは?店舗集客に必須!登録方法や活用のコツを紹介

Googleマイビジネスとは?店舗集客に必須!登録方法や活用のコツを紹介

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスとは何だろう?」
「Googleマイビジネスとはどうやって管理すればいいのだろう?」
「Googleマイビジネスとは?MEO対策についても知りたい!」
そんなお悩みありませんか?

Googleマイビジネスは、ほとんどの機能を無料で使え、集客効果が高いサービスです。店舗オーナーにとって、Googleマイビジネスを運営することはとても重要です。

そこで今回の記事では、Googleマイビジネスを使用するメリットや始め方、使える機能や注意点を詳しく解説します。

すぐに使える内容ばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップ上で自店舗の情報ページや位置を表示させ、管理できる無料ツールです。

Googleマイビジネスを使って集客するには、ユーザーがキーワードを入力して検索をかけたとき、上位表示させるためのMEO対策が欠かせません。

MEO対策は「ローカル検索対策」「ローカルSEO」とも呼ばれ、ユーザーが「渋谷 カフェ」のように、「地名+業種などのキーワード」で特定のエリア情報を調べるローカル検索を行ったとき、上位表示されるための対策です。

Googleマイビジネスの表示のされ方

「渋谷 カフェ」で検索したとき、Googleマイビジネスの情報ページは、Google検索、Googleマップでどのように表示されるのでしょうか。

ナレッジカードと合わせて見てみましょう。

Google検索での検索結果

Googleマイビジネスとは - Google検索での表示

こちらは「渋谷 カフェ」というキーワードでGoogle検索したとき表示されるGoogleマイビジネスの情報ページです。

ご覧のように、マップの下に店舗名、評価数、住所、営業時間が記載された店舗情報が、3件掲載されています。

Googleマップでの検索結果

Googleマイビジネスとは - Googleマップ検索

こちらはGoogleマップ上で「渋谷 カフェ」で入力したときの検索結果画面です。

赤ピンで表示されている箇所が、渋谷近辺のカフェに当たります。

赤ピンにカーソルを合わせると、星の数で評価が表示されるので、高い評価を獲得しておけばローカル検索したユーザーを自店舗まで誘導できるでしょう。

ナレッジカード

Googleマイビジネスとは - ナレッジカードでの表示

ナレッジカードとは、Google検索で右側に表示される赤枠の部分をいいます。

Googleマイビジネスに記載した所在地、営業時間、ロゴ、電話番号、写真、位置情報などが表示される画面です。

検索したときにユーザーの目につきやすいので、情報を随時更新することで、ユーザーは正しい情報を集めやすくなります。

Googleマイビジネスを使うメリット

Googleマイビジネスを使うメリットを紹介します。

Googleマイビジネスを使用する3つのメリット

  • Googleマップは最も使われている地図アプリ
  • 基本的に無料で集客活用できる
  • SEO対策したウェブサイトやポータルサイトより上位表示される

メリット①:Googleマップは最も使われている地図アプリ

【参考:【2021年版 定点調査】地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート – 株式会社エフェクチュアル

2021年に株式会社エフェクチュアルが発表した調査結果によると、約9割がGoogleマップを使用したことがあると回答しました。

また、同調査によるとGoogleマップの使用目的として、1位の「カーナビとして使用」に続いて、2位に「店舗の情報確認として使用」がランクインしていました。

今やGoogleマップ上での検索は、飲食店、コンビニ、ホテルなど宿泊施設、美容院など、あらゆる店舗検索で活用されています。

つまりウェブで集客力を高めるためにGoogleマップは欠かせないツールとなっており、Googleマップに自店舗情報を表示させるために、Googleマイビジネスの登録と適切な運用が必須といえるでしょう。

メリット②:基本的に無料で集客活用できる

2つ目のメリットとして、Googleマイビジネスは基本的に無料で使えるという点があります。

適切にGoogleマイビジネスの運用を行い、上位表示されれば集客力が確実にアップするだけでなく、運用を外注しても安価で依頼できるという点も魅力の1つです。

早ければ数ヶ月以内に集客力がついてくるため、Googleマイビジネスは費用対効果の高いツールだといえます。

メリット③:SEO対策したウェブサイトやポータルサイトより上位表示される

Googleマイビジネスは、他のサイトよりも上に表示されるため、露出が高いという特徴があります。

MEO対策をして上位3位以内に入ると、「ローカルパック」と呼ばれる画像の赤枠部分に表示されます。

ローカルパックは、どれだけSEO対策を取ったウェブサイトがあったとしても、それよりも一番上の目立つ場所に表示されるのが特徴です。

SEO対策をしたウェブサイトだけでなく、高額の料金を払って掲載するポータルサイトよりも上位表示されるので、Googleマイビジネスはやはり費用対効果に優れているといえるでしょう。

Googleマイビジネスとは - ローカルパックでの表示
店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

Googleマイビジネスの機能とできること

次に、Googleマイビジネスの機能やできることを解説します。

Googleマイビジネスの機能とできること6つ

  • 店舗の基本情報の掲載
  • 店舗の写真の掲載
  • 口コミ管理・返信
  • リアルタイム情報やキャンペーン情報の発信
  • インサイト分析
  • 無料でサイト作成

機能①:店舗の基本情報の掲載

まず1つ目として、基本情報の掲載です。Googleマイビジネスに掲載できる情報として、以下のものが挙げられます。

  • 店舗名
  • 電話番号
  • 住所
  • 営業時間
  • サイトURL
  • メニュー
  • カテゴリ
  • 感染症対策

ユーザーが来店を決める際に必要な情報が1つにまとまっているので、Googleマイビジネスさえ見れば店舗について基本的な情報を把握できます。

Googleマイビジネスにメニューや価格情報があれば、ユーザーの来店の後押しとなるのでおすすめです。

Googleマイビジネスとは - メニュー

例えば、あるカフェのGoogleマイビジネスの「メニュー」をクリックすると、店舗に設置しているメニューを閲覧することができます。

通常は店舗でしか見ることのできないメニューを事前にチェックできると、予約や来店動機につながります。必ず最新のメニューを掲載しておくようにしましょう。

機能②:店舗の写真の掲載

Googleマイビジネスには店舗写真が掲載できる機能があり、店内、外観、提供商品、スタッフの写真を載せられます。

視覚的にアピールできる写真を多く掲載することで、ユーザーの来店を促すことができるでしょう。

写真だけでなく、動画、ストリートビュー、360度画像など、さまざまな形でPRすることも可能です。

Googleマイビジネスとは - 360度ビュー

こちらは、ある店舗の360度画像です。通常の写真よりも立体感が増し、ユーザーの「行ってみたい」という来店動機を後押しすることが可能です。

また、ストリートビューがあれば、ユーザーが迷うことなく来店できるようになるのでおすすめです。

機能③:口コミ管理・返信

Googleマイビジネスの重要な機能の1つとして、口コミ管理や返信ができるというものがあります。

ユーザーから寄せられた口コミを管理し、オーナー返信できる機能で、顧客とコミュニケーションが取れるという機能もあります。

下の画像にあるように、口コミはGoogleマイビジネスの検索結果に表示されることもあります。口コミを読んでから来店を決めるユーザーが多いので、多くの口コミを集めて管理することが非常に重要です。

Googleマイビジネスとは - 口コミ表示

機能④:投稿でリアルタイム情報やキャンペーン情報の発信

投稿機能で、キャンペーン、お知らせ、イベント、クーポンなど情報発信ができます。

ユーザーにとって有益な情報がリアルタイムで発信されると、来店動機となるため最低でも週2回は更新するのがポイントです。

SNSやブログを更新する感覚で手軽に使え、集客力アップにつながる優れた機能です。

Googleマイビジネスとは - 感染症対策

特に最近では、感染症対策についての情報が重視されています。消毒、換気、座席間隔、アクリル板、個室完備など、店舗で行っていることがあれば、上記店舗のように記載しておくようにしましょう。

機能⑤:インサイト分析

Googleマイビジネスには、インサイト分析ができる機能がついています。

検索数、閲覧数、電話の数や経路検索、サイトアクセス数といったアクション数などの数値が確認できます。

インサイト分析も、もちろん無料で使用可能です。

インサイト分析では以下の点を確認できます。

  • ユーザーの検索方法
  • 検索キーワード
  • 検索での表示回数
  • Googleマップでの表示回数
  • ユーザーの反応(ウェブサイトへのアクセス、ルート検索、電話をかけた回数)
  • ビジネスが認知されている要因(カジュアルなお店、居心地がいい、グループ向きなど)
  • 混雑する時間帯
  • 店舗での滞在時間

ユーザーの動きをインサイト分析で把握すれば、今後何をPRすればいいか計画でき、マーケティング活動に役立つでしょう。

機能⑥:無料でサイト作成

Googleマイビジネスに登録すれば、無料で簡易的なウェブサイトの作成ができます。

店舗のウェブサイトもSEO対策を取り、知名度が向上するよう工夫することで、MEO対策を強化できるようになります。

もし自店舗の公式ホームページがなければ、Googleマイビジネスの管理者画面から簡単に作成できます。

Googleマイビジネスの登録方法

Googleマイビジネスの登録の仕方を説明します。3つのステップで、簡単に登録可能です。

Googleマイビジネスの登録方法3つ

  • Googleアカウントと地点登録の確認
  • Googleマイビジネスで地点登録
  • オーナー確認

登録方法①:Googleアカウントと地点登録の確認

まずはGoogleアカウントの取得からです。GoogleマイビジネスはGoogleアカウントと紐づけられるため、個人アカウントではなくビジネスアカウントを作成するといいでしょう。

そしてGoogleマップを使って、Googleマイビジネスに自店舗が地点登録されているか確認します。Googleマップで店舗名を検索し、地図上に赤ピンで表示されているか見てみてください。

もし出てこなければ、次の地点登録を行います。

登録方法②:Googleマイビジネスで地点登録

Googleマイビジネスのページを開き、右上の「今すぐ開始」をクリックしましょう。

Googleマイビジネスとは - 登録方法

次のページでビジネス名、所在地、連絡先などを入力すれば、赤いピンを設定できます。

登録方法③:オーナー確認

最後に、オーナー確認を忘れず行いましょう。オーナー確認がされていないGoogleマイビジネスは、間違った情報が掲載されたり、コメント欄が荒れてしまったりする恐れがあるからです。

方法としては、ハガキ、電話、メール、テキストメッセージ、サーチコンソール(登録済の場合)のいずれかでオーナー確認可能です。

GoogleマイビジネスでできるMEO対策のコツ

Googleマイビジネスへの登録が終わったら、ページ情報を充実させることが重要です。

MEO対策をするためのコツを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

GoogleマイビジネスでできるMEO対策のコツ7つ

  • キーワードを決める
  • ビジネス情報を充実させる
  • 適切なカテゴリ選択を行う
  • 口コミを増やして高評価を得る
  • 口コミ返信する
  • 知名度を高めるためにSNSも活用する
  • 関連サイトのSEO対策を取る

コツ①:キーワードを決める

まずはユーザーが検索するキーワードを設定します。

キーワードは「地域名+ユーザーニーズ」を組み合わせることが一般的です。

「地域名」には都道府県ではなく、「〇〇区」「最寄り駅」といった細分化したキーワードを選びましょう。また、「ユーザーニーズ」は各店舗の特徴や名物商品名を設定するといいでしょう。

例えば、カフェを運営しているなら、「コーヒー」「パンケーキ」「おしゃれ」などがユーザーニーズのキーワードにあたります。

キーワードを決める際、キーワード検索ツールが便利です。「カフェ」と検索したとき、ユーザーが一緒に検索しているワードを表示してくれます。

ユーザーニーズを掴む際に参考になるので、ぜひ使ってみてください。

キーワード検索ツール:https://related-keywords.com/

コツ②:ビジネス情報を充実させる

Googleは、ローカル検索の掲載順位を決める要素として、検索キーワードとの関連性を評価しています。

従って、検索キーワードとの関連性を高めながら、Googleマイビジネスの情報が充実させることが大切です。その結果、検索順位が上がることにつながるからです。

Googleマイビジネスとは - ユーザー経験

【参考:Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~ – 株式会社フルスピード

また、2020年に行われた調査結果によると、Googleマップを使ってユーザーが経験したこととして「お店に関する情報が思ったより少なかった」と回答した人が、4割にも及びました。

この調査結果から、ユーザーはGoogleマイビジネスに掲載している情報をチェックしていることがうかがい知れます。

ユーザーのニーズに応えるために、店舗オーナーはGoogleマイビジネスの情報を充実させることが大切です。その際、上記で決定した検索キーワードに関連付けながら、ビジネス情報を入力していきましょう。

Googleマイビジネスで充実すべき情報

  • 店舗名
  • 住所
  • 電話番号
  • カテゴリー
  • 営業時間
  • ウェブサイト
  • 予約リンク
  • メニュー
  • 写真
  • 商品やサービス
  • 感染症対策関連の情報

特に営業時間は、他のサイトなどから引用され誤った情報が表示されたままの店舗も多く見られます。機会損失を防ぐためにも、オーナー確認後すぐに変更しておきましょう。

コツ③:適切なカテゴリ選択を行う

Googleマイビジネスでは、適切なカテゴリ選択も大切なポイントです。

追加カテゴリは多すぎると正確な情報が伝わりにくいので、なるべく少なく選定するようにしましょう。

さらに、キーワードそのものとしての選択は避けることが大切です。例えば、商品の1部にスイーツがある居酒屋で、「梅田 スイーツ」などで検索された際の上位表示を狙い、追加カテゴリにスイーツ店を選択しないようにしましょう。

また、併設事業や同じ場所でもオーナーが異なる複数ビジネスの場合は、リスティングを分けるようにしましょう。

【参考:Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドライン

コツ④:口コミを増やして高評価を得る

Google検索で上位表示を狙うなら、口コミの数と質が重要です。

口コミの数が重要な理由として、Googleがローカル検索の掲載順位を決める評価要素の1つとして「知名度」がある点が挙げられます。

口コミの数もオンライン上の知名度を測る方法の1つなので、口コミを増やすと上位表示につながるからです。

まずは口コミを集めるために、店内にQRコードを載せたポップやチラシを設置し、お客様に口コミ投稿をお願いしましょう。

その際、ユーザーが検索でよく使う地名や最寄り駅などのキーワードや、ユーザーニーズを満たすコンテンツを含めてもらえるとベターです。

ポップに口コミのヒントとして、おすすめのメニューやサービスを記載しておけば、ユーザーもキーワードを含めた口コミ投稿をしやすくなります。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

コツ⑤:口コミ返信する

Googleマイビジネスに寄せられた口コミに、オーナーから口コミ返信を行いましょう。

また、口コミ返信することでお客様とコミュニケーションが取れ、信頼関係を築きやすくなります。

「美味しかった」「対応が良かった」といった口コミには、お礼や感謝の言葉だけでなく、「今度は〇〇も利用してくださいね」と他のメニューを紹介することで、リピーター獲得を狙えます。

返信した口コミは投稿したユーザーだけでなく、すべてのユーザーがチェックできるので、全員に見られていると意識しながら丁寧に対応しましょう。

口コミ返信では、ネガティブな口コミを放置しないことも大切です。

誠実かつ丁寧な言葉遣いで返信するようにしましょう。その際、謝罪、口コミをしてくれたお礼、今後の改善点について触れるといいでしょう。

ユーザーにとってマイナスな経験でも、口コミ返信を真摯な態度で行えば、プラスの経験に変わることがあります。

一方、誹謗中傷の口コミは申請すれば削除されるので、そのままにせず速やかに対処するようにしましょう。

Googleマイビジネスの口コミ返信は超重要!書き方や方法を例文付きで解説

コツ⑥:知名度を高めるためにSNSも活用する

MEO対策の成功に向けて、SNSで情報を拡散して知名度を高めることも重要です。ハッシュタグやリツイート機能を使い、フォロワーを増やして認知度を高めます。

店舗情報を発信するときはサイテーション(引用、言及)という方法を取り、店舗名、電話番号、住所、公式ホームページが、他のサイトやSNSなどで言及されるようにしましょう。

また、サイテーションを行う際、NAP情報を統一することが重要です。

NAP情報とは、店舗名(Name)、住所(Address)、Phone(電話番号)のことです。NAP情報を統一して表記することで、Googleが同一店舗として認識する構造化マークアップ対策にもつながります。

Googleの検索エンジンがNAP情報を正しく理解し、サイテーションの数が増えると、Googleマイビジネスが上位表示されやすくなります。

コツ⑦:関連サイトのSEO対策を取る

ユーザーがよく検索するキーワードを散りばめながら、関連サイトとして登録した公式ホームページやブログもSEO対策を取りましょう。

SEO対策によってアクセス数が増加することで、検索で表示される順位が上がっていきます。Googleマイビジネスに連携させた関連サイトの順位アップはMEO対策にも効果的で、ローカル検索でも上位表示されやすくなります。

Googleマイビジネスを運用する際の注意点とは

Googleマイビジネスの運用における注意点を解説します。

Googleマイビジネスの運用の際の注意点2つ

  • ネガティブな口コミにも返信する
  • 定期的に更新する

注意点①:ネガティブなコメントにも返信する

寄せられた口コミに対して、オーナー返信が重要であることは解説しました。

口コミによっては、ポジティブなものだけでなくネガティブな内容が含まれることがあります。

たとえ酷評であったとしても、放置するのではなく真摯な対応で返信することが大切です。まずは利用してくれたお礼、不快な思いをさせたことへの謝罪、改善する旨を伝えます。

誠実にコメントすることで、ユーザーにとってマイナスだった経験もプラスに変わり、結果的に評価が高まることもあります。

一方で、口コミの内容が誹謗中傷であった場合はGoogleに削除依頼を出すことも可能です。そのままにせず、速やかに対応するようにしましょう。

注意点②:定期的に更新する

Googleマイビジネスは、定期的に最新情報へと更新することが大切です。

「登録してひと通り入力したらそれで終わり」ではなく、最低でも週に2回は更新を心がけましょう。

Googleは、店舗情報が最新の状態にアップデートされているかという点を重要視しています。営業時間の変更、新メニューの登場などを更新し、表示順位で上位掲載を狙っていきましょう。

まとめ

今回の記事ではGoogleマイビジネスの登録方法、メリット、機能、MEO対策のコツを紹介しました。

Googleマップで上位表示され、ユーザーの来店を促すには今やGoogleマイビジネスの運用が欠かせません。

口コミ管理や投稿機能、サイト情報の充実化など、こちらの記事で解説した方法で、ローカルパックに入るよう目指していきましょう。

Googleマイビジネス対策や運用でお困りですか?

本ブログを運営するケイビーカンパニー株式会社は、「リアルロケーションにWEBマーケティングを提供することで社会構造を変える」というミッションをもとに店舗のWEB集客を支援するサービスを提供しております。

  • Googleマイビジネスの効果的な使い方がわからない
  • 店舗集客に必須と聞くけど、Googleマイビジネスって何
  • Googleマイビジネスの最適化で集客果を高めたい

お店のGoogleマイビジネスの掲載順位を上げるには、Googleマイビジネスだけでなく、他の検索エンジンや口コミサイト、SNSやマップアプリなどでの対策も重要なのです。

弊社では、Googleマイビジネスの最適化はもちろん、その他にもFacebookやAppleマップ、TripアドバイザーやBingなど国内30以上のWEBチャネル上で対策を行っています。
また、Googleマイビジネスだけではない複数チャネルの情報管理・分析に加え、複数店舗の情報管理・分析も1つの画面で可能なので業務効率化にも繋がります。

契約店舗数は500以上で、業種・業界も、飲食店、ホテル・旅館、美容サロン、ジム、不動産、学習塾、病院など多岐に渡ります。

Googleマイビジネスに関して少しでもお困りの方は、サービス以外のことでもお気軽にご相談ください!
無料セミナーも開催しております!

≫ 無料ご相談はこちら

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。