インスタグラムとGoogleマイビジネスの連携!メリットデメリットも解説

インスタグラムとGoogleマイビジネスの連携!メリットデメリットも解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「InstagramとGoogleマイビジネスの連携ができるのか知りたい」
「連携させる方法が知りたい」
「InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるメリットとデメリットを知りたい」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

InstagramとGoogleマイビジネスを連携させることで、より効率良く集客を行うことができます。

今回は、InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるメリット・デメリットや、Instagramと他のSNSの連携について紹介していきます。

この記事を読むことで、効率よくSNS運用を行う方法がわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。

Instagramと他のSNSの連携

InstagramとTwitter、InstagramとFacebookは自動連携が可能です。

自動連携とは、Instagramで投稿すると、同時にそのままTwitterやFacebookにも投稿される仕組みのことをいいます。

Instagramを更新するだけで他のSNSを更新できるので、アカウントを開設したまま放置してしまう、更新し忘れることなどが無くなります

SNSの運用に時間をかけられない方には、とても便利な機能なのです。

GoogleマイビジネスとInstagramは連携できるのか

TwitterやFacebook同様、Instagramの投稿をそのままGoogleマイビジネスのアカウントに流せたら便利だと考える方も多いでしょう。

しかし、InstagramとGoogleマイビジネスの連携は残念ながらできません
連携させたい場合には、ツールが必要になります。

InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるメリット

InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるには、ツールが必要となるので、その分のコストがかかります。

コストをかけるからには、InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるメリットをよく理解しておきましょう。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

継続的にGoogleマイビジネスに投稿されることでMEOで優位に働く

Googleマイビジネスで継続的に投稿されることで、キーワードと店舗の関連性が高まります

これによってGoogleでの評価が上がるので、検索で上位表示されやすくなるのです。

キーワードと投稿内容の関連性が大切なので、投稿内容は、私生活などに関するものではなく、ビジネスに関係のあるもにしましょう。

Instagramの投稿だけに注力できる

SNSの中でも、Instagramは、特に力を入れて運用したいSNSです。
というのも、他のSNSに比べてユーザー数が圧倒的に増えているからです。

【参照:Social Media Lab -by Gaiax-
こちらのグラフからも、Instagramのユーザー数が、年々増加しているのがお分かりいただけると思います。

また、以下のSHIBUYA109 lab.の調査によると、特に女性は、Instagramで情報収集を行う人が多いという結果も出ています。
情報収集のために、検索エンジンよりも、Instagramを使用する割合が大きいのです。

instagramの重要性はわかっていても、Instagramや他のSNS、そしてGoogleマイビジネスも…と、集客のために様々な媒体を運用するとなると、期間も労力もかかってしまいますよね。

InstagramとGoogleマイビジネスを連携させておけば、わざわざGoogleマイビジネスに投稿する負担が減ります。
その分Instagramの投稿に力を入れられるので、質の良い投稿を行えるのです。

どうしてもSNS更新の時間が取れない場合には、InstagramとGoogleマイビジネスだけでなく、InstagramtとTwitterやFacebookも連携させてみましょう。
Instagramへの1度の投稿で、様々なSNSから発信でき、運用が楽になりますよ。

サイテーションを獲得できる

サイテーションとは「直訳、言及」という意味をもつ言葉です。

会社名や店舗名、電話番号、WEBサイトなどが、他のサイトやSNSなどでどのように引用・言及されているかの指標のことをいいます。

引用や言及がされるほど、知名度が高く人気があるとGoogleに判断され、SEOやMEOで優位に働くのです。

サイテーションは、以下のような場面で獲得できます。

  • 自身のSNSでの発信
  • SNSや口コミでの拡散
  • ポータルサイトなどへの情報掲載
  • メディアでの言及

自社のサイトやSNSはもちろん、他社のメディアやポータルサイトに掲載してもらう際にも、NAP情報を統一することが大切です。
NAP情報とは、以下のことをいいます。

NAP情報

  • Name:店舗名(英語表記、カタカナ表記などをそろえる)
  • Address:住所(建物名、番地、半角全角もそろえる)
  • Phone:電話番号(ハイフンの有無もそろえる)

NAP情報を統一することにより、Googleのクローラー(WEBページを巡回するプログラム)が、より早く同一の情報だと認識するので、サイテーションを獲得しやすくなるのです。

InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるデメリット

InstagramとGoogleマイビジネスを連携させるデメリットについても知っておきましょう。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

Googleマイビジネスのガイドラインに沿った投稿にする必要がある

Instagramの投稿が、Googleマイビジネスに自動で投稿されるようになるため、Instagram内においてもGoogleマイビジネスのガイドラインに沿った投稿内容にする必要があります

例えば、以下のような決まりがあるので、覚えておきましょう。

  • 電話番号を載せると投稿できない
  • 自社サイトのリンク以外は載せられない
    (自分のビジネスとは関係ないスパムとして判断される場合があるため)

InstagramとGoogleマイビジネスの連携を行う前に、Googleマイビジネスのガイドラインを確認しておいてくださいね。

Googleマイビジネスと複数のSNSやサイトを連携するツールの紹介

Googleマイビジネスと複数のSNSやサイトを連携できるツールとして、「インスタドーン」というツールがあります。

複数人のインフルエンサーたちに投稿してもらうことで、Instagram内での認知度アップと同時に、サイテーション効果によってSEO対策やMEO対策に効果的です。

インスタドーンには、以下のような特徴があります。

  1. 複数人のインスタグラマーがPR投稿
    1人ではなく、複数人のインスタグラマーが投稿することでより見つけられやすくなります
    また、MEO対策のサイテーション増加としても有効です。
  2. 知識ゼロでも可能
    お客様の商材に合ったインスタグラマーを選定し、依頼、運営まで全て対応いたします。
  3. 予算を決めてその予算内で運用可能
    お客様の予算内で運用するため、追加の料金などは一切発生しません
  4. 小規模店でも運用可能
    安価な料金から始められる、かつ様々な業種・業界に対応しているので、小規模店でも運用可能です。
  5. 全国各地の店舗・拠点に対応
    場所も選ばず全国各地の店舗・拠点のPRに対応します。

詳細はインスタドーンサービスページを参考にしてください。

まとめ

Instagramを効率よく運用して集客アップを図るためには、InstagramとGoogleマイビジネス、そして他のSNSをどう連携させていくかが大切なポイントとなります。

サイテーションの効果をうまく活用しながら、SEOやMEOとも相乗効果を狙っていきましょう。

様々な連携機能やツールを活用しながら、ご自身のビジネスや店舗に合った方法を見つけてみてくださいね。

MEO記事下バナー
店舗集客記事下バナー

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。