Googleマイビジネスのインサイトを活用・分析し集客アップ

Googleマイビジネスのインサイトを活用・分析し集客アップ

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

Googleマイビジネスで収集されたデータは、インサイトを見て情報分析することが不可欠です。数字やグラフがあるものの、見方がわからない、データの活用がわからないといった悩みはありませんか?

集客率と収益向上のためには、ユーザーからの情報を有効に活用しながら、新たな戦略を立てて実行しましょう。そこで今回は、Googleマイビジネスのインサイトの見方と活用方法、業務改善の手段を紹介します。

インサイトの見方と活用方法がわかれば、新規顧客の獲得や問い合わせ件数の増加が目指せます。

Googleマイビジネスのインサイトとは

インサイトとは、自社が登録するGoogleマイビジネスの情報を見たユーザー(検索をした人)が、どのような行動・反応をしているのか確認できる分析ツールです。

Googleマイビジネスのページに、どのような検索ワードでたどり着いたのか、マイビジネスの情報を見てどのような行動をとったのかチェックできます。

インサイトの情報はグラフや数字で表示されており、データの収集だけではなく、データを活用しながら集客率を高めることも可能です。

Googleマイビジネスのインサイトを確認する方法

まずは、Googleマイビジネスのインサイトを確認する方法を紹介します。インサイトの全体像を把握したうえで、各項目にはどのようなデータがあるのかを見ていきましょう。

①インサイト画面の表示と全体の見方

googleマイビジネスのインサイトを確認する方法

Googleマイビジネスにログイン後、画面左上の三本線アイコンをクリックしてメニューを開きます。インサイトを選ぶと各項目のグラフが表示されており、ここではユーザーの行動や反応をチェックできます。

グラフをただ眺めるだけではなく、ユーザーの行動を把握しながら、自社の集客率・収益向上を目指すための情報収集の材料にしましょう。

②インサイトのレポートをダウンロード

Googleマイビジネスのインサイトをダウンロードする方法

インサイトのデータは、CSV形式でダウンロードできます。手順は以下のとおりです。

  1. Googleマイビジネスにログイン
  2. お店やサービスを選択、ダウンロードしたい店舗のボックスにチェックを入れる
  3. 右上のプルダウンでインサイトを選択
  4. 「検索に関するインサイト」「写真」「電話」の中から見たい情報を選択
  5. インサイト情報を見たい期間と日付を設定しレポートをダウンロードする

ExcelのCSVデータをダウンロードすると、多くの場合文字化けをしてしまいます。文字化けをした場合、Googleスプレッドシートで開くと解消します。

  1. Googleスプレッドシートで空白のデータを開く
  2. ファイル→開く→ダウンロードしたCSVを選択

Googleマイビジネスのインサイトの項目とわかること

インサイトには、さまざまな項目があります。各情報は、1週間・1カ月・4半期(3カ月)ごとに期間の変更が可能です。ここでは、各項目でどのような情報が得られるかを見ていきましょう。

①検索語句とプラットフォームがわかるパフォーマンス

検索語句とプラットフォームがわかるパフォーマンスの見方

パフォーマンスの画面では、以下の3つが閲覧できます。

  • ビジネスプロフィールで実施されたインタラクション
  • プラットフォームとデバイスの内訳
  • ビジネスプロフィールの表示につながった検索(検索語句)

インサイトにおけるインタラクションとは、Googleマイビジネスの情報を見たとき、メールや電話で問い合わせをするユーザーの行動を指します。

プラットフォームはGoogle検索やGoogleマップ、デバイスはパソコンやモバイルを指し、何を使ってどのように検索をしたのか把握できるものです。

パフォーマンス画面では、ユーザーがどのキーワードで自社の情報にたどり着いたのか確認できます。

②ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法

ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法の見方

この項目では、直接検索数・間接検索数・ブランド検索数とその合計検索数から、ユーザーが自社のGoogleマイビジネスを見つけた方法を確認できます。

直接検索数では、企業名、住所で検索をしたユーザー数を示します。

検索キーワード例
「ケイビーカンパニー」「KBカンパニー株式会社」

間接検索数では、提供しているサービスや商品の名称から訪れたしたユーザー数を示します。

検索キーワード例
「大阪 webマーケティング会社」 「MEO対策 関西」

ブランド検索数では、企業が提供するブランドに関連する語句で訪れたユーザー数を示します。

検索キーワード例
「検索ドーン」「SNSドーン」「メールドーン」

この数字と検索語句を合わせて確認することで、ユーザーがどのように情報にたどり着いているか確認できるでしょう。

③ユーザーがビジネスを見つけたGoogleサービス

ユーザーがビジネスを見つけたGoogleサービスの見方

この項目は、検索をしたユーザーが店舗情報や位置を見つけるために、どのGoogleサービスを利用して何回表示されたかを示します。おもに、Google検索やGoogleマップが該当するでしょう。

何日・何曜日というデータが把握できるため、飲食店や小売店等では、キャンペーンを行う日や来店してほしい日の設定などの参考にできます。

④ユーザーの反応

ユーザーの反応の見方

この項目は、検索をしたユーザーがどのような行動を何回したのかを把握できます。

  • ウェブサイトへのアクセス
  • ルートの検索
  • 電話をかける
  • メッセージ

これら4つの行動区分に分れており、マイビジネスの情報を充実されることで、反応を高めることも可能です。

⑤ルートのリクエスト

ルートのリクエストの見方

この項目は、ユーザーがマイビジネスに登録されている住所までの、ルートを検索した地域を示します。

ケイビーカンパニー株式会社の過去1か月のケースでは、ユーザーの反応ではルート検索が13件、ルートのリクエストでは大阪府堺市内で10件です。13件のうち10件の8割近くが、ケイビーカンパニー株式会社に初めて訪れたと読み取れるでしょう。

飲食店などでは、この初めて訪れた客を継続的に増やしていくことが重要な課題のひとつです。

⑥電話

電話の見方

この項目では、ユーザーがマイビジネス情報から電話をかけた回数・曜日・時間帯を把握できます。

ほかのデータを照らし合わせながら、新規顧客の獲得や問い合わせ件数を増やせば、集客率アップを目指せるでしょう。

⑦混雑する時間帯

この項目では、店舗にユーザーが訪れる曜日と時間帯から、混雑する時間帯が把握できます。これは、Googleのロケーション履歴をもとにされており、スマホの位置情報からデータが収集されています。

特定の位置や店舗で一定時間いると、そのお店に滞在していたとカウントされ、混雑する時間帯としてデータ作成されるのです。

ユーザーが来店の際に参考にする情報であり、来客者数を集める時間帯の設定や、来客者数を分散させたいときのデータとしても活用できます。

⑧写真の閲覧

写真の閲覧の見方

この項目では、マイビジネスの情報に投稿されている写真の表示回数が把握できます。自社が投稿した写真と、顧客(ユーザー)が投稿した写真の表示回数に加え、同業他社と比較した数字もわかります。

同業他社と比較して、自社の写真の表示回数が少ないときは、写真の枚数を増やす、店舗の情報や雰囲気がわかりやすい写真を投稿してみましょう。

写真は、ユーザーが安心感を得たり、訴求効果を高めたりする重要なポイントのひとつです。

⑨写真の枚数

写真の枚数の見方

この項目では、マイビジネスの情報に投稿されている写真の枚数を把握できます。自社で投稿した写真と顧客(ユーザー)が投稿した各枚数を、同業他社と比較しています。

写真の枚数は、少ないより多いほうがユーザーの参考にしやすいでしょう。しかし、ユーザーが「来店したい」と思う訴求効果の高い写真でなければ意味はありません。

ユーザーが知りたい情報が得られる写真を掲載すれば、集客率アップを目指せます。

Googleマイビジネスのインサイトを活用した改善方法

Googleマイビジネスでは、インサイト以外にもユーザーの反応を知る手段があります。ここでは、インサイト情報と合わせて確認・改善したい2つのポイントを見ていきましょう。

①Googleマイビジネスを最新・正確な情報にする

Googleマイビジネスには、所在地・営業時間・定休日等のユーザーが参考にする情報が掲載できます。この情報を、最新で正確なものに更新することで、ユーザーが参考にしやすく、結果的に表示回数アップ、集客率アップにつながります。

特に、営業時間や定休日が変わりやすい店舗では、手間はかかりますがその都度変更しておきましょう。誤った情報を掲載し続けていると、ユーザーは「このお店は大丈夫?」と不安を抱き、客足が遠のいてしまう可能性もあるのです。

②ユーザーのコメントの確認・返信

Googleマイビジネスのクチコミと返信

Googleマイビジネスでは、ユーザーからの口コミも確認できます。

高評価コメントでは、客観的に自社サービスの魅力と強みを把握できます。ユーザーからのコメントに対して、お礼のコメントをすることによって、別のユーザーの潜在的な不安解消にもつながるでしょう。

低評価コメントは、自社にとってマイナスな情報ではありますが、今後改善するポイントとしてチェックしておく必要があります。自社では把握しきれていない情報もあるため、貴重な意見となるでしょう。

低評価コメントには真摯に対応(コメント)して、今後の業務の中で改善をしていく努力が必要です。また、Googleのポリシー違反となるクチコミ(虚偽・中傷・なりすまし・スパムなど)は、クチコミの削除をリクエストできます。

まとめ

Googleマイビジネスのインサイトとそれに関連する情報は、定期的に確認を行い改善していくことが重要です。

自社の目標を達成していくためには、ただデータを閲覧するだけではなく、分析をしながら新たな戦略を立てていきましょう。まずは、インサイトの各項目をチェックして現状を把握してみてください。

店舗型ビジネス向け最新WEB集客ツール

CTA-IMAGE ケイビーカンパニーでは、店舗の検索やSNSからのWEB集客をドーンと改善する「検索ドーン」を提供しています。
Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNS、マップ、口コミサイトなどに店舗の魅力を簡単に発信できます。
SEOやMEO対策だけでなく、音声対策にも対応しています。