Googleマイビジネスの住所変更方法と店舗移転時の注意点を詳しく解説

Googleマイビジネスの住所変更方法と店舗移転時の注意点を詳しく解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスの住所を変更したいけど、方法がわからない」
「店舗を移転するとき、Googleマイビジネスはどうすればよいのか知りたい」
「店舗をリニューアルしたいとき、アカウントは削除すべきか悩んでいる」

このようなお悩みはありませんか?

Googleマイビジネスの住所は、ユーザーが参考にするとても重要な情報です。変更する際には、細心の注意を払いましょう。

そこで今回は、Googleマイビジネスの住所を変更・登録する方法を紹介します。

閉業や臨時休業、住所を非公開にする方法もチェックして、自社に合った正しいGoogleマイビジネスの運営をしましょう。

Googleマイビジネスの住所変更には2つの方法がある

Googleマイビジネスの住所を変更する際には、以下の2種類の方法があります。

  • 今あるGoogleマイビジネスの住所だけ変更する
  • 古いアカウントを削除して、新たにアカウントを作成する

今あるアカウントの住所だけを変更する場合は、口コミや、過去の投稿や写真を引き継ぎが可能です。

移転だけではなくお店のリニューアル時にも店名(ビジネス名)、説明文の変更を行い、新たな情報に書き換えることが可能です。

現在使用しているアカウントを削除すると、口コミや投稿などがすべて削除されます。古いアカウントを削除する際には、よく検討しましょう。

特にたくさんの口コミは、お店の知名度が高いとGoogleに評価されているため、アカウントの引き継ぎをおすすめします。

この記事では、住所の変更方法、アカウントを削除する方法も紹介しています。

店舗移転に伴いGoogleマイビジネスで住所を変更する方法

店舗移転の際は、以下の2ステップでGoogleマイビジネスの住所を変更しましょう。

ステップ1.Googleマイビジネスにログイン後、情報から赤枠のビジネス所在地を開く

店舗移転に伴い住所を変更する方法1

ステップ2.移転先の新しい住所を入力して適用する

店舗移転に伴い住所を変更する方法2

新しい住所が反映されるまで、2~3日かかるケースがあります。

新しくGoogleマイビジネスに登録して古い情報を削除する方法

新しくGoogleマイビジネスに登録するには、オーナー登録・確認が必要です。Googleアカウントの作成とオーナー確認の手順は以下のとおりです。

  1. Googleアカウントの新規作成を行う
  2. Googleマイビジネスのアカウント登録を行う
  3. オーナー確認を行う

オーナー確認完了後、Googleマイビジネスの管理画面から住所などの情報と登録・修正できます。登録方法の詳細は、こちらの記事を確認してみてください。

Googleマイビジネスの使い方!登録方法や注意点まで必要な情報を全て解説

古いGoogleマイビジネスの情報を削除する手順は、以下のとおりです。

  1. 削除したいGoogleマイビジネスのアカウントにログイン
  2. 情報にある「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」のリスティングの削除を選択
  3. 内容を確認後、削除ボタンを押して完了

すべての情報が削除されるため、情報を削除する際には入念な確認をしましょう。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

Googleマイビジネスで住所の変更ができないときの対処法

店舗を移転した際には、Googleマイビジネスの住所を速やかに変更しましょう。

ただ、新たな住所を入力しても反映されないケースがあるようです。このようなときは、以下のポイントを確認してみてください。

  • 自社サイトがあるときは、サイト内の会社概要と住所の表記が一致しているか
  • 番地は全角で記載しているか
  • Googleマイビジネスのガイドラインに沿っているか
  • 建物名は正式名称が記載されているか
  • 変更の審査待ちではないか(変更まで2~3日程度かかることもある)

建物名の記載は、Googleのデータベースに登録されている情報を記載しなければなりません。正しく建物名を記載していてもデータベースになければ、番地だけの入力で反映される可能性があります。

住所の表記がわからないときは、同じ建物内にある店舗のGoogleマイビジネスの情報を参考にしてみましょう。

店舗を移転したときGoogleマイビジネスで気をつけること

店舗移転の際は住所を変更するだけではなく、ほかの項目でも変更・修正を行います。

変更と修正の際には、以下の3つのことに注意しましょう。

①移転後の店舗の情報と写真に差し替える

すでに店舗に関する写真をアップしているときは、古い写真を消して、新しい店舗の写真に差し替えましょう。

お店の外観、内装、看板などは、写真をそのままにしておくとユーザーが迷ってしまいます。

食べ物やメニューなど、店舗を移転しても変わらないものについては、特に差し替える必要はないでしょう。

②投稿で移転したことを紹介する

Googleマイビジネスの機能に「投稿」があり、写真とテキストでお店の最新情報を発信できます。

投稿で、お店の移転した先の住所、新しい店舗の外観や内装の写真を発信すれば、より多くのユーザーに移転を認識してもらえるでしょう。

投稿の方法と書き方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

Googleマイビジネスの投稿機能を活用し集客UP!方法・コツ・効果を解説

③Googleマップのピンの位置を正確な住所で登録する

Googleマイビジネスで、ビジネス所在地に移転先の住所を記載したら、右側にある地図の赤いピンの位置も変更しましょう。

Googleマイビジネスの住所を非公開にする方法

この地図上にある赤いピンは、地図を拡大してピンをクリックして移動できます。

移転先店舗の住所が決まっていない場合の対処法

移転先の住所が確定していないときは、現時点でGoogleマイビジネスの情報を変更する必要はありません。移転後、新しくオープンするまで一時的に休業する場合は、臨時休業マークをつけましょう。

臨時休業マークを付ける方法と、住所を非公開にする方法を紹介します。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

Googleマイビジネスで臨時休業・閉業を設定する方法

お店を一時的に休業する、お店を辞めてしまうときは、Googleマイビジネス内で臨時休業・閉業マークをつけましょう。

Googleマイビジネスにログイン後、情報の項目から「臨時休業マークを付ける」「閉業マークを付ける」を選択します。

Googleマイビジネスで臨時休業・閉業マークを付ける方法

臨時休業マークを付けた場合、Googleマップでは画像のように表示されて一目で休業中であることをお知らせできます。

臨時休業マークを付けた店舗の例

住所を非公開にしてGoogleマイビジネスを運用する方法

  • 新たなサービスは店舗の拠点で接客は行わない(オフィスのみ)
  • 宅配・出張のみでサービスを提供している
  • 自宅をオフィスにしてビジネスをしている

このようなときは、Googleマイビジネスに登録したいものの、住所は非公開にしたいときもあるでしょう。

Googleマイビジネスでは、住所を非公開にした「非店舗型ビジネス」の運用も可能です。具体的な方法とデメリットを紹介します。

住所を非公開にする方法は、以下の手順です。

  1. Googleマイビジネスのオーナー登録、確認を完了させる
  2. Googleマイビジネスにログイン後、情報にある住所を削除、非店舗登録をする
  3. サービス提供地域を任意のエリア名で指定する

住所を非公開にしても、サービス提供地域を県名や市区町村の指定することは可能です。

住所を開示しないとローカル検索で表示されにくい

住所を非公開にしてサービス提供地域のみを指定すると、ローカル検索で表示されづらい傾向にあるようです。

宅配弁当のサービスを例であれば、サービス提供地域を大阪府と設定、住所は非公開にしていると、Google検索で「大阪 宅配 弁当」と検索しても、上位表示されない可能性があります。

ユーザーから近い位置にビジネスの拠点があっても表示されなければ、利用の機会を逃すことになるのです。

非店舗でのビジネスの場合仕方ないケースではありますが、このようなデメリットも理解しておきましょう。

住所がないビジネスは信頼性に欠ける可能性がある

ユーザーがGoogleで検索した際に、住所が表示されていないと不信感を覚える可能性もあります。

特にWEB系のビジネスであれば、より不安を抱く人は多いはずです。

「住所が登録されていない会社は、本当に大丈夫なのか」いう感情を抱くこともあるでしょう。ユーザーがいくつかの店舗で比較しているのであれば、選択肢から外れたり優先順位が低くなったりするかもしれません。

まとめ

Googleマイビジネスの住所を変更する方法は、ビジネス所在地を変更するだけの簡単な設定でした。

店舗を移転するときでも、特別な事情がない限りGoogleアカウントを削除する必要はありません。

特にたくさんの口コミが投稿されている場合、せっかく寄せられた評価が消えてしまうのはもったいないものです。

Googleアカウントを削除する際には、しっかりと検討したうえで手続きを行いましょう。

MEO記事下バナー
店舗集客記事下バナー

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。