Googleマイビジネス一括管理ツール7選!利用のメリットと選択のコツ

Googleマイビジネス一括管理ツール7選!利用のメリットと選択のコツ

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「Googleマイビジネスに複数店舗を一括で管理できるの?」
「Googleマイビジネスで複数店舗を管理するのはツールが必要?」
「おすすめのGoogleマイビジネス管理ツールを知りたい」
そんなお悩みありませんか?

Googleマイビジネスで複数店舗の情報を一括管理して、効率を上げたいと考えている人もいらっしゃるかもしれません。

今回はどのようにGoogleマイビジネスの一括管理ができるのか、おすすめのツールは何か、詳しく解説します。

この記事を参考にしてGoogleマイビジネスの複数店舗一括管理ができるようになれば、より効率的にGoogleマイビジネスを使いこなすことができます。

Googleマイビジネスの複数店舗一括管理のやり方

Googleマイビジネスで、複数の店舗を一括管理したいという方も多いかと思います。

しかし複数店舗の一括管理は、Googleマイビジネスだけでは対応不可能な場合が多々あります。

そんな時は状況に応じてGoogleマイビジネス一括管理ツールの利用を検討してみましょう。

ツールを使わず一括管理する

できるだけ費用は掛けずに、Googleマイビジネスだけで店舗の一括管理をしたいと考えている方のために利用できる条件をご紹介します。

Googleマイビジネスに追加する店舗数が、10店舗以上あれば一括で登録、管理ができます

複数店舗の一括登録をするには、Googleマイビジネスに一括アップロード用スプレッドシートを使って登録します。

オーナー確認なども一括で行えるので、10店舗以上を一気に登録しようと考えている場合には、一括登録の手順を踏むのがよいでしょう。

更にビジネスグループを作成することで、複数の管理者がアクセスできるようになり効率アップが図れます。

詳しい内容はGoogleマイビジネスの複数店舗一括登録方法を解説している記事を参考にしてみてください。

しかし複数店舗を一括登録したとしても、残念ながら1部の機能は一括管理出来ないのが現状です。

投稿機能の一括更新や、インサイト機能は一括で更新したり、店舗間の比較をしたりといったことはGoogleマイビジネスだけでは行えません…。

Googleマイビジネス一括管理ツールを利用

そんな問題を解決してくれるのが、Googleマイビジネス一括管理ツールです。

共通のキャンペーンや新商品のお知らせを投稿で一括更新したり、店舗間のデータ比較をインサイト機能で確認できたりしたら、もっと便利にGoogleマイビジネスを利用できますよね。

店舗数が多く、店舗管理に掛かっている負担を減らしたいと考えている方は、Googleマイビジネス管理ツールを検討してみるのも良いかもしれません。

各社特色があり、利用できる機能や料金に違いがあるので、事前にしっかりと調査して選ぶことが大切です。

後ほど、各社のツール紹介と比較内容をご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

出来るだけ費用を押さえてMEO対策を行いたいという方は、下の記事も参考になるはずです。

Googleマイビジネス一括管理ツール導入メリット 

便利にGoogleマイビジネスを使えるといっても、有料ツールを導入するのはハードルが高いと感じている方も多いかもしれません。

まずはGoogleマイビジネス一括管理ツールの効果と、メリットを知ることから始めましょう。

メリット①運用担当者の負担が減り効率アップ

1店舗を運営しているだけなら、Googleマイビジネスやその他Webサービスの管理も特に問題なくこなせるかもしれません。

しかしそれがチェーン展開して、複数店舗を展開しているお店の場合は状況が異なります。

ツールを使わずに、それぞれの店舗にGoogleマイビジネスの対応を任せた場合、各店舗の担当者が時間を割くことになります。

中には日々の運営で忙しく、Googleマイビジネスの管理に手が回らない店舗が出てくるかもしれません。

そんな時にGoogleマイビジネス一括管理ツールを利用すれば、情報の修正・更新や管理が一回で済んでしまいます。

ツールの導入で、各店舗担当者と全店舗を統括している担当者の負担を減らすことができます。

メリット②情報の品質を保つ

Googleマイビジネス活用の基本として、正しく、最新の情報を更新するということが挙げられます。

情報の発信が滞ったり、誤った情報がいつまでも掲載されているとユーザーの信頼を落とすことに繋がってしまうからです。

複数店舗を管理している場合は、情報を統一することの難易度が上がることになります。

Googleマイビジネスの対応を各店舗に任せていると、内容に抜け漏れが出たり、誤操作による情報発信ミスもあるかもしれません。

そこでGoogleマイビジネス一括管理ツールを利用すれば、全店舗一括してチェックができるので、情報の正確性の面ではメリットが大きいといえます。

Googleマイビジネスを使った、情報管理を始めとした活用のコツについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

Googleマイビジネス一括管理ツールの紹介

早速各社のGoogleマイビジネス一括管理ツールの概要や、利用料金について見ていきましょう。

①MEOチェキfor複数店舗

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール1

MEOチェキfor複数店舗公式ページ

運営会社:株式会社トライハッチ
導入実績:20,000店舗以上

MEOチェキfor複数店舗の特徴

MEOチェキ for 複数店舗は、Googleマイビジネス、Yahoo!プレイス、各SNSアカウントを一括管理・編集することのできるクラウドツールです。

管理・運用コストの削減やヒューマンエラーによるブランドイメージ毀損を回避したいと考えている方にオススメです。

無料デモ体験も受け付けているので、Googleマイビジネス一括管理ツールの導入を悩んでいるお店でも、気軽に始めることができそうですね。

MEOチェキfor複数店舗の料金体系

初期費用:¥55,000
最低月額料金:¥1,320/店舗(20店舗以上契約の場合)

料金プランは利用できる機能ごとに3つで、「一元管理機能プラン」、「MEO機能プラン」、「MEO分析機能プラン」となっています。

導入店舗数によっても料金は異なりますので、詳しくは公式ページをご確認ください。

②ライクルGMB

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール2

ライクルGMB公式ページ

運営会社:SO Technologies株式会社
導入実績:30,000店舗以上

ライクルGMBの特徴

ライクルGMBは、複数店舗のGoogle マイビジネスをExcelで簡単に管理できるサービスです。

複雑なツールの利用に不安がある方にも、エクセルで管理が出来てしまうなら心強いですよね。

運営会社がGoogleマイビジネス推奨パートナー企業に選出されているため、スピーディーな対応が可能なるのがライクルGMBのメリットです。

ライクルGMBの料金体系

初期費用:¥2,000/店舗
最低月額料金:一律¥50,000(※150店舗以上は別料金)

店舗数に関わらず、一律の料金体系で安心して利用できるのがライクルGMBの特徴です。

③GMB管理ツール

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール3

GMB管理ツール公式ページ

運営会社:株式会社インパクトブルー
導入実績:記載なし

GMB管理ツールの特徴

商品・メニューの登録や投稿の更新などの一括管理が可能で、Googleマイビジネス更新にかかる時間を短縮できます。

手間の掛かりがちな画像や動画についても、複数店舗同時に登録が完了するので、担当者の負担を減らすことができます。

メニューの更新時には、下書き保存ができ途中で作業を中断しなければいけない場合にも便利で、公開/非公開もボタンひとつで設定完了です。

新たな機能が次々と追加されているのが特徴で、アップデートによる利便性の向上が期待できるツールです。

無料トライアルも受け付けているようなので、安心ですね。

GMB管理ツールの料金体系

初期費用:なし
最低月額料金:¥2,980/店舗

プランはベーシックプラン1つのみで、GMB管理ツールの全機能が利用できるため、料金体系が明確です。

利用料は契約店舗数によって異なります。

④Canly(カンリー)

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール4

Canly公式ページ

運営会社:株式会社カンリー
導入実績:10,000店舗以上

Canlyの特徴

CanlyはGoogleマイビジネスだけでなく、Webサイト、各SNSアカウントの店舗情報を一括管理できるツールです。

複数店舗情報の一括更新・管理はもちろん、データの保安や分析、口コミの管理を通して作業効率をアップできます。

合わせてGoogleマイビジネスの運用代行ツールもリリースしているので、運用代行まで考えているお店には一考の価値ありです。

Canlyの料金体系

初期費用:記載なし
最低月額料金:記載なし

利用料金については無料の問い合わせが必要になるようです。

⑤Janus(ヤヌス)

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール5

Janus公式ページ

運営会社:株式会社プロモスト
導入実績:8,900店舗以上

Janusの特徴

比較的新しいツールでありながら、ユーザーの支持を集めて導入実績8,900店舗以上を誇っているのがJanusです。

口コミの自動・一括返信、投稿の更新予約、写真の一括更新、店舗のグループ化などなど便利な機能が一通り揃っています。

インサイトレポートで店舗間の情報を一挙に比較出来るようになるのも嬉しいですね。

30秒で完了する新規登録をすれば、5日間は無料でお試しが可能です。

Janusの料金体系

初期費用:記載なし
最低月額料金:Miniプラン月額 9,800円(7店舗まで)

プランは契約店舗数により、以下の様に設定されています。

  • Miniプラン(~7店舗)/月額9,800円(税込)
  • Smallプラン(~30店舗)/月額39,800円(税込)
  • Mediumプラン(~150店舗)/月額189,000円(税込)
  • Largeプラン(~300店舗)/月額349,000円(税込)
    ※ビジネス数無制限で使えるEnterpriseプランあり(要問合せ)

⑥一元さん

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール6

一元さん公式ページ

運営会社:株式会社ウィルビー
導入実績:1,000店舗以上

一元さんの特徴

一元さんは、Googleマイビジネスを一元管理することにより、管理・運用コストを削減するクラウドツールです。

一括管理と併せて店舗ごとの日次レポートや、店舗間のデータ比較も可能です。

エリアや業態ごとにデータを分析することで、新規出店検討や予算配分検討、施策効果分析などに活用が期待できるでしょう。

口コミの一括管理に関しては、一部開発中ということで、今後もより便利な機能のアップデートが見込めます。

一元さんの料金体系

初期費用:記載なし
最低月額料金:記載なし

利用料金については無料の問い合わせが必要になるようです。

⑦検索ドーン

google マイ ビジネス 一括 管理 ツール7

検索ドーン公式ページ

運営会社:ケイビーカンパニー株式会社
導入実績:500店舗以上

検索ドーンの特徴

Google、Apple、Facebookなど、国内150以上の検索エンジン、SNSサイト、地図、アプリなどに、店舗の魅力を簡単発信することができるツールです。

検索ドーンはGoogleマイビジネスの一括管理・更新を始め、複数店舗のFacebookとGoogleマイビジネスの一括投稿、店舗間のデータ分析、口コミ管理など、必要な機能が全て揃っています。

正しく、最新の店舗情報を届けるようにするには、専門のプラットフォームをうまく活用することが効果的で、検索ドーンを使えば圧倒的に時間効率がアップできます。

また単なるGoogleマイビジネスのデータ管理だけではなく、MEO対策やSNS対策、オンライン予約対策など、トータル的な集客の改善ができる点が他にはない魅力です。

検索ドーンの料金体系

初期費用:要相談
最低月額料金:¥9,800/店舗

検索ドーンの詳細が気になった方はお気軽にお問い合わせくださいね。

Googleマイビジネス一括管理ツール選びのポイント

ツール選びのコツを掴むことが店舗運営の成功につながります。

実績があるか

Googleマイビジネス一括管理ツールは比較的新しく参入した会社もあるため、導入実績を知ることで信頼度を確認できるでしょう。

実績数も大事ですが、導入されているブランドが紹介されているなど、情報公開がクリーンな会社も信頼できます。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

機能は充実しているか

同じGoogleマイビジネス一括管理ツールといっても、それぞれに使い勝手が異なります。

ホームページや資料請求で管理画面が確認できる場合はチェックしたり、管理フローについても事前に知っておくと安心です。

投稿の編集中に保存ができるなど、ツールを使ってどんなことができるかは細かい部分まで確認しておくことも大切です。

機能のアップデートが頻繁に行われている会社も、それだけ社内の技術力と推進力があることの証拠になります。

料金体系はどうなっているか

初期費用の有無やプランがある場合は行える機能の違いを把握しておきましょう。

大々的に宣伝しているプランが、実は自分には当てはまらなかったとなると結局損をしてしまう場合もあります。

該当するプランでの機能比較をしてみることが大前提です。

Googleガイドラインを守っている会社か

信頼できる会社かどうかは、そのツールがGoogleマイビジネスのガイドラインをしっかり遵守しているかにも関わってきます。

便利さや集客アップだけに囚われて、規則違反をしてしまうようなツールでは使う意味がありません。

しっかりとご自身でもガイドラインを確認したうえで検討するようにしましょう。

【参照: Googleマイビジネスガイドライン

無料トライアルがあるか

まだGoogleマイビジネスツールの導入を決めきれない場合には、手軽に始められる無料トライアルを実施している会社もねらい目です。

無料で利用できる期間のうちに、ツールの使い勝手を確認することも可能です。

焦って間違った選択をしてしまうことがないように、しっかりとツール選択の知識を付けてから導入を決めましょう。

ツールなしですぐに試せるGoogleマイビジネスの業務改善アイディアは、こちらの記事でもご紹介しています。

まとめ

Googleマイビジネス一括登録・管理ツールは複数店舗を運営しているオーナーであれば、業務効率アップのために導入を検討しても良いかもしれません。

専用ツール無しでは一括管理できる内容が限られているので、非効率的な面が残ります。

Googleマイビジネス一括管理ツールも、提供会社ごとの特徴があるため、事前に情報収集をすることが大事です。

この記事でご紹介した、Googleマイビジネス一括管理ツールの選び方もぜひ参考にしてみてください。

Googleマイビジネス対策や運用でお困りですか?

本ブログを運営するケイビーカンパニー株式会社は、「リアルロケーションにWEBマーケティングを提供することで社会構造を変える」というミッションをもとに店舗のWEB集客を支援するサービスを提供しております。

  • Googleマイビジネスの効果的な使い方がわからない
  • 店舗集客に必須と聞くけど、Googleマイビジネスって何
  • Googleマイビジネスの最適化で集客果を高めたい

お店のGoogleマイビジネスの掲載順位を上げるには、Googleマイビジネスだけでなく、他の検索エンジンや口コミサイト、SNSやマップアプリなどでの対策も重要なのです。

弊社では、Googleマイビジネスの最適化はもちろん、その他にもFacebookやAppleマップ、TripアドバイザーやBingなど国内30以上のWEBチャネル上で対策を行っています。
また、Googleマイビジネスだけではない複数チャネルの情報管理・分析に加え、複数店舗の情報管理・分析も1つの画面で可能なので業務効率化にも繋がります。

契約店舗数は500以上で、業種・業界も、飲食店、ホテル・旅館、美容サロン、ジム、不動産、学習塾、病院など多岐に渡ります。

Googleマイビジネスに関して少しでもお困りの方は、サービス以外のことでもお気軽にご相談ください!
無料セミナーも開催しております!

≫ 無料ご相談はこちら

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。