パチンコ店の集客を成功させる12のアイディア!WEB活用のコツも解説

パチンコ店の集客を成功させる12のアイディア!WEB活用のコツも解説

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「パチンコ店の集客方法がわからない」
「パチンコ店での集客がうまくいかないし、稼働率も悪い」
「もっと効率の良い集客方法を知りたい」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

パチンコの集客では、MEO対策やSNSなどオンラインの集客に力を入れながら、チラシなどのオフライン集客も織り交ぜていくことが大切です。

この記事では、集客以前に大切なことや、集客の軸持ち方、オフライン・オンラインそれぞれの集客方法などを解説していきます。

店舗の集客を改善したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

パチンコ店の集客を本社任せにしない

本社は、各パチンコ店の立地、条件などが全く異なる状況の中で、多くのお店を管理しなければなりません。そのため、本社で行う集客は、数字を基準にせざるを得ないのです。

しかし、一番大切なのは、パチンコ店に来店するお客さん一人一人に満足してもらうことです。地域のこと、ホールの状況、お客さんのことを一番よく知っているのは、各店舗のスタッフですよね。

本社に頼りきりになるのではなく、自分の店舗に合った方法を考えて、集客を行っていく必要があります。

パチンコ店の集客を行う前にやっておくべき4つのこと

お客さんを集めたいからと、闇雲に集客を行っても結果は出ません。集客を始める前にまずは、集客を大きく左右する以下の4つのことをやっておきましょう。

①お客さんがあなたのお店に来てくれる理由を分析する

お客さんが来店してくれる理由を分析することで、集客のヒントが見えてきます。例えば、以下の理由などが挙げられます。

  • 家から近い
  • 職場に近い
  • 相性が良く、勝ちやすい
  • タバコの臭いがつきにくい
  • 店員の接客が良い
  • 打ちたい台がある
  • ホールの環境が良い

この理由を細かく分析することで、自分の店舗の強みがわかってくるのです。自分のお店の強みがわかったら、その強みを積極的に発信していきましょう。

「店員の接客の良さをSNSで発信する」「人気の台をチラシで知ってもらう」などのお取り組みを行って、集客に生かしていきましょう。

②頭取りで競合店の弱みを分析し、自店に生かす

次に、競合店のリサーチ(頭取り)を行いましょう。

  • 曜日や時間帯ごとの客層
  • 台の稼働率
  • 台ごとの客層
  • 常連客の量
  • 自分の店舗に来店したことのあるお客さんの有無、そのお客さんが打っている台

競合店の現状を把握することで、自店と競合店の状況を比較できます。

リサーチの中で、競合店の弱みを見つけ、それを自店で強化していくことで、より多くのお客さんの流入を見込めるのです。

例えば、競合店の以下のような点もチェックしておきましょう。

  • 立地条件が悪い
  • 駐車場がない
  • 民度の低い客層が多い
  • スタッフの接客が良くない
  • ホール内に段差が多い
  • トイレが使いにくい
  • 喫煙所が狭い

これらの中から、自店で強化できる部分があれば改善に取り組んでみてください。他店にない要素を強化することで、競合との差別化につながります。

例えば、「競合店の喫煙所が狭ければ、自店は広くする」、「競合店のスタッフの接客の評判が悪ければ、自店で接客を強化する」、「競合店のホール内に段差が多ければ、自店の段差をなくしてみる」など分析したことを生かしましょう。

③街のことをよくリサーチする

どの時間帯にどんな人が多いかを分析して把握しておきましょう。街の客層を理解することで、お店にどんな台を入れたら良いかが明確になります

お年寄りが多い街か、若者が多い街かで、選ばれやすい台も異なってきますよね。ジャンルや難易度も、客層に合わせるのが大事です。

ビジネスマンが多い街であれば、パチンコを打てる時間が限られてくるため、長時間打たなければいけない台は、人気が出にくい傾向にあります。

客層のニーズを満たす台を積極的に取り入れましょう。

④これまでの集客方法が適切なのか振り返る

これまでやってきた集客方法を洗い出しましょう。チラシ、DM、メルマガなど、様々な方法で集客を行っているのではないでしょうか。

どのような客層を集めたいかによって、集客方法も異なってきます。

目指すお店像に近づくために、これまでやってきた集客方法は適切だったか振り返ってみてください。

  • 期間を決めて定期的に行う
  • 数値で振り返る
  • 集客費用に対してどれだけ集客ができたか、予算に対する効果で測る
  • 分析して終わりでなく次の仮説、検証を行う(PDCAを回す)

集客で大事なのは、集客に費やした予算に対してどれだけ集客ができているかです。

例えば、チラシを50万円使って配布しても、チラシ経由での売り上げが50万円を下回っている、もしくは同じなのであれば、チラシを使った集客はやめたほうが良いと考えられます。

費用対効果が見えやすいという点では、費用やサイトへのアクセス数など具体的な数字が把握できるオンラインでの集客がおすすめです。

パチンコ店の集客では、発信の軸を持つことが大切

集客をアップさせるためには、ただ情報発信を行うだけでなく、軸をしっかり持って発信することが大切です。以下の2つのポイントを知っておきましょう。

「出やすい店」の印象を持たせる

お客さんがどこのパチンコ店に行くかを決める一番大切な要素が、「どのお店が一番出るか」です。

特に、お客さんが期待して来店している日に、しっかり出すことで「この店は出やすい」という印象がつきやすくなります。

赤字覚悟でいつでも出すのではなく、「いつ」「どの台を出すか」の見極めが大切です。

信頼を損なう情報発信はNG

大当たり出玉や、継続率などを大々的に発信する方法は、実は危険です。

事実であったとしても、この内容の発信を見て来店したお客さんが実際にその確率で出なかった時に、そのお客さんとの信頼関係が崩れる原因になります。

集客において、一番大切なのは信頼です。

集客を行う時には、積極的にお客さんの声に耳を傾けましょう。「珍しい演出が出て嬉しいと言っていただけた」など、生の声を生かした発信をしてみてくださいね。

お客さんを裏切らない発信が基本です。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

メイン機種の稼働率を上げることが大事

一般的に人気がある機種は、スロットであれば「ジャグラー系」や「ハナハナ系」など、パチンコだと「海系」「北斗無双」「慶次」などがあります。これらの機種にお客さんがついていなければ、危険です。

お客さんは、メインの機種が賑わっていない店舗に行こうとは思いません。何より優先して、メイン機種の稼働率を上げることが、全体の集客アップにつながります。

「ジャグラー系」や「海系」は、年配の方でも打つことが多い台です。年配の方たちを固定客にできると、朝から並んでくれることもあり、より多くの集客を見込めます。

オンラインで行うパチンコ店の集客法

集客の方法には、ネットを活用しないオフラインの集客法と、ネットを活用したオンラインの集客法があります。まずは、オンラインで行うパチンコ店の集客法を紹介します。

①ホームページを作りSEO対策をする

ホームページはあっても、うまく活用できていないパチンコ店が数多く存在しています。サイトを見に来る人が、どんな内容を知りたいのかを把握しておくことが大切です。

例えば以下のような内容に気をつけて、自店のホームページを見返してみましょう。

  • アクセス方法
  • 駐車場の有無
  • 島図や、ホール内の配置
  • 台の種類
  • 新台の導入状況
  • その店舗の一押しポイント
  • メルマガに登録すると、どんな内容が、どのくらいの頻度で届くのか

これらの内容が明記されていない場合には、ホームページに追加しておきましょう。

②Googleマイビジネスに登録し、Googleマップを活用する

Googleマイビジネスに登録することで、Googleマップ上に自分のお店を表示できます。Googleマイビジネスは、Googleが提供していて、誰でも無料で利用できるサービスです。

「新宿 パチンコ」などと検索すると、以下のような検索結果が表示されます。

ローカル検索結果表示の例

「新宿 パチンコ」「渋谷 パチンコ」のように、「地域+業種名(サービス名)」で検索することを、ローカル検索といい、上の図のようにローカル検索結果の3位以内のことを、ローカルパックといいます。

ローカルパックに表示されれば、ユーザーへの露出がアップし、お店の認知度も高まるのです。

ローカル検索結果や、Googleマップ上で自分の店舗を上位表示させるための対策を、MEO(Map Engine Optimization=マップエンジン最適化)対策といいます。

自分の店舗を上位表示させる方法

自分の店舗上位に表示させるためのMEO対策では、以下のようなことが効果的です。

  • Googleマイビジネス上の情報を充実させる。
  • Googleマイビジネスの情報を常に最新のものに更新しておく
  • 表示させたいキーワードとの関連性を高める(「新宿 パチンコ」「新宿 スロット」など)
  • 口コミを集める努力をする
  • 口コミに返信する
  • 投稿機能でお店の魅力を発信する
  • 自社ホームページとGoogleマイビジネスを連携させる
  • 自社ホームページのSEO対策を強化する
  • NAP情報(店名・住所・電話番号)を統一する
  • SNSの運用も行って、サイテーションを増やす

詳しいMEO対策の方法は、こちらの記事を参考にしてみてください
MEO対策で店舗集客を成功させる方法!具体的なやり方を詳しく解説します

③Twitteで発信する

Twitterは、文字をメインとしたSNSで、1投稿140字と文字数まで、画像は4枚まで投稿できます。

リアルタイムな情報を得るために活用しているユーザーが多いSNSで、「リツイート」といって、他人の投稿をシェアできる機能があります。

ユニークな投稿やユーザーの役に立つ情報は、一気にリツイートで拡散されて、いわゆる「バズる」という状況になることもあります。

店舗として公式感を出すアカウントにするか、店長などスタッフの個性を出していくアカウントにするか、戦略が必要です。

パチンコホールスタッフが店舗や新台などについて宣伝するアカウントや、スタッフを一種のアイドル化させることで、集客に成功している事例もあります。

時間帯によって投稿内容を変える

時間帯によって、投稿内容を変えるのも効果的です。例えば、以下のような方法が考えられます。

  • 午前中:景品入荷の案内など、来店のしたいと思ってもらうきっかけになるような内容。
  • 午後:リアルタイムで店内の様子や、空席状況の共有など。
  • 夜:大当たりが多かった台や、逆に少なかった台の画像などを載せて、翌日の来店意欲を駆り立てるような内容。

リプライ(コメント)に返信する

Twitterで発信していれば、リプライ(コメント)をしてくれるユーザーが現れます。

リプライには、1時間以内に答えるなど、返信のルールを決めておきましょう。Twitter内で返信することで、お客さんを大切にする店舗という印象が自然とついてきます

リプライに答えてくれることがわかっていると、お客さんも質問しやすくなりますよ。

④LINEで発信する

LINEは、ユーザーが店舗のアカウントをお友達登録することで、個別にやりとりできるようになります。

より多くの人に友達登録してもらうためには、以下の2つをアピールすることがポイントです。

  • 友達登録すると、どんな良いことがあるのか
  • 友達登録しないと、どんなことが損なのか

LINE会員に限定で送るお知らせをしたり、新台の情報、おすすめの台の情報などを発信するのも良いですね。キャンペーンや感謝デーなどのお得な情報を発信するのもおすすめです。余裕があれば、当たりが多かった台などの情報も発信してみましょう。

多くの人が日常的に利用しているSNSなので、通知を見逃しにくいというメリットがあります。

⑤メルマガを配信する

メルマガは、既存の顧客にアプローチする方法です。

メルマガに登録したからといって、ユーザーはメールを見てくれるわけでなく、ほとんど見られずに迷惑ボックスに入れられてしまうことも多いものです。

少しでもメールを開いてもらえるように、タイトルを見ただけでお得なお知らせであることをわかるようにしておきましょう。

「新台入荷」「台の入れ替え」「来店ポイント数のお知らせ」「貯玉数のお知らせ」など、ユーザーが開きたくなるタイトルを意識してみてください。

⑥SMSを活用する

既存の顧客のリピート率をアップさせられる集客方法です。

メルマガの開封率が10%程度であるのに対して、SMSの開封率は90%とも言われます。会員の方にぜひ読んでほしい内容をSMSで送ってみてください。

例えば以下のような内容です。

  • 来店ポイントや、貯玉数のお知らせ
  • 会員特典、入場優先券のお知らせ
  • 会員限定のお知らせ

顧客は、特別扱いされていることを感じると、お店に好感を持つようになります。「大切にされている」と感じてもらえるよう、内容を考えてみましょう。

⑦WEB広告を活用する

WEB広告とは、インターネット上の広告全般のことをいいます。

リスティング広告(検索広告・ディスプレイ広告)、SNS広告、動画広告など様々です。

検索エンジンに表示されるリスティング広告は、「パチンコ」「スロット」など決まったキーワードで検索した人の検索結果に表示され、さらにクリックされた時に初めて広告料が発生する仕組みです。

SNS広告は、InstagramやFacebook、Twitterなどに広告を表示されるものです。SNS広告は、広告を流す年齢層などについて設定できます。

SNS広告でお店の認知を広げ、リスティング広告で、キーワド検索から流入するより確度の高いユーザーにアプローチしていきましょう。

オフラインで行うパチンコ店の集客法

続いて、オフラインの集客法を紹介していきます。

①チラシを配布する

チラシには、ポスティングや、新聞折込などがあります。

新聞折込は、新聞をとっている家庭にしか配布できませんが、配布の労力はかかりません。

ポスティングは、自らチラシを配り歩く手間はかかりますが、その地域に住んでいる人に満遍なくチラシを配布できます。

新台の導入や、台の入れ替えをしたタイミングなどでチラシを出すと効果的です。

合わせて、来店したことがない人に向けて、地図や駐車場の有無などの情報も載せておきましょう。

②ダイレクトメール(DM)を送る

郵送によって対象者にお知らせを届ける方法で、会員になっているお客さんに向けたものです。

DMだとわかると見てもらえない可能性もあるので、封筒を見るだけで「お得なお知らせ」だとわかるような工夫が必要です。

新台の導入、台の入れ替えを始め、貯メダル(貯玉)精算のお知らせなどを入れる良いでしょう。

③のぼりや看板を立てる

看板だけでなく、イベントなどの告知がわかりやすいように、のぼりを立てるのも効果的です。

パチンコ店の近くに住んでいる人や、通勤などでよくお店の前を通る人に、働きかけることができます。

④イベントを開催する

イベントの開催について、風営法で規制が定められているため、大々的に告知できない場合もあります。

台が高設定になるなどのイベントの日は、7の付く日やゾロ目の日などが多い傾向にあるので、他店と差別化するために、あえて別の日をイベント日に設定するのもおすすめです。

⑤ラジオCMを利用する

パチンコのCMをテレビで見ることはあまりありません。代わりに、ラジオではパチンコ店のCMが流れています。

ラジオCMは、トラックの運転手をはじめ、音声だけを聞いている層にアプローチでき、テレビCMに比べて費用も安く抑えられるのが特徴です。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

「オンライン集客」「オフライン集客」それぞれのメリット・デメリット

「オンライン集客」、「オフライン集客」それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

オンラインで集客するメリット

ネットを使ったオンライン集客のメリットを解説します。

不特定多数のユーザーに広くアプローチできる

オンライン集客を行うことで、不特定多数のユーザーに情報を届けることができます。

ユーザーは、家の近くのパチンコ店だけでなく、勤務先の近くや、通勤途中のパチンコ店も候補に入ります。

不特定多数のユーザーにアプローチしておくことで、新規顧客獲得のきっかけを作ることができるのです。

SNSアカウントなどを育てることで集客が楽になる

SNSやGoogleマイビジネスからは、自分で自由に発信ができます。

ホールの状況や、空席状況、当たりがどれくらい出ているかなど、店舗の個性を出すことができるのです。

SNSやGoogleがなくならない限り、フォロワーと繋がることができ、自分の投稿内容が溜まっていきます。

フォロワーが多くなってくると、その分影響力も大きくなるので、どんどん楽に集客できるようになっていきます。

20代から40・50代の幅広い世代にアプローチできる

若い世代をはじめとして、幅広い世代がネットを使っているので、アプローチできる層が広いのがメリットです。

パチンコは、幅広い世代の人が利用するからこそ、より広い世代にリーチできるオンライン集客は効果が大きいと言えます。

オンラインで集客するデメリット

オンライン集客のデメリットも見ていきましょう。

操作に慣れる必要がある

SNSなどのネットに馴染みがない場合、ネット特有の操作や用語に慣れるまでに時間が必要になる場合があります。

ただ、やっていくうちに慣れていくのでそこまで心配いりません。

どうしても難しい場合には、パチンコ店の若手のスタッフに担当してもらうのも良いですね。

オフラインで集客するメリット

ネットを使わず、オフラインで集客するメリットを解説します。

ネットが不得意な人や層に訴求しやすい

紙媒体やラジオなどを使ってアプローチするので、ネットを使い慣れていない高い年齢層にアプローチしやすいのがメリットです。特に、スマートフォンを持っていない世代には効果が大きい集客法です。

パチンコやスロットを打つ人には、年配の方も多いので、地域の高齢者に向けた発信には、オフライン集客を行うのがおすすめです。

オフラインで集客するデメリット

続いて、オフラインで集客するデメリットを解説します。

若い世代へのアプローチが難しい

若い世代はネットの方が馴染み深い傾向にあります。新台入荷や台の入れ替えなどのチラシを配っても、見ていない可能性も高いのです。

若い世代には、仕事の合間にもパチンコの情報を入手できる、オンライン集客の方が刺さりやすいと考えましょう。

訴求できる範囲が限られる

オフライン集客の基本は紙媒体です。ネットを使わないので、情報を届けられる範囲が、パチンコ店の周辺地域に限られます

お客さんから「当たりが出やすい」と思ってもらえれば、少し足を伸ばしてでも遠くから来店してくれることもあるので、情報が届く範囲が限られてしまうのはもったいないですよね。より広範囲にアプローチできる、オンライン集客の組み合わせが必要です。

効率よく集客したいならオンライン集客は必須

オンラインの影響力は、今後もますます大きくなっていくと予想されます。

パチンコのユーザー層に合わせて、より広く多くの世代にアプローチできるオンライン集客を取り入れていく必要があります。

まだオンライン集客に力を入れていない店舗も多いので、チャンスと捉えてコツコツ始めることが大切です。

まとめ

集客には様々な方法がありますが、パチンコ店の集客で効果を出すには、戦略が必要です。

オンライン集客に力を入れながら、オフラインの集客法と合わせて、店舗それぞれの実情に合った集客を行いましょう。

コストを最小限にして、利益を最大化する方法を考えてみてくださいね。

MEO記事下バナー
店舗集客記事下バナー

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。