【飲食店のWEBマーケティング】必要な理由と集客アップ5つの方法を紹介

【飲食店のWEBマーケティング】必要な理由と集客アップ5つの方法を紹介

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

飲食店の経営者は、
「自分の店舗をどのように知ってもらうか悩んでいる」
「集客率・収益率を高めたい」
「WEBマーケティング始めたいけど何から始めたら良いか分からない」
と悩む人も多いのではないでしょうか?

TwitterやInstagramのアカウントを作成して、提供するメニューの写真を投稿したり、キャンペーンやクーポンを配信したりする人も多いはずです。
SNSに投稿をしても思うように客足が伸びず、WEB集客の方法に悩む人は少なくありません。

そこで今回は、レストランや居酒屋など、飲食店のWEBマーケティングについて、重要性と主な方法をご紹介します。
飲食店ならではの効率的なWEBマーケティングを行って、集客と収益をアップを目指しましょう。

WEBマーケティングとは

WEBマーケティングとは、WEBを活用したオンライン上で行うマーケティング手法です。

マーケティングには宣伝や販売だけではなく、広告出稿・調査・分析など包括的な意味合いがあります。WEBマーケティングは、これらの活動を通してサービスや売上向上といったゴールを目指します。

似た言葉として「デジタルマーケティング」がありますが、WEBマーケティングより包括的なマーケティング手法のことです。

飲食店を利用する顧客の行動とは

飲食店を利用する顧客の行動とは

「近くで美味しいお店が知りたい」「来月の忘年会で利用するお店を調べたい」など、顧客は飲食店を利用するとき、さまざまな行動を起こします。

多くの人がWEBを活用した飲食店探しをしますが、具体的にはどのような行動を起こすのでしょうか?WEBで宣伝をしたい飲食店経営者が知っておきたい、WEBマーケティングの重要なポイントです。

スマホ検索でお店を選ぶ

年齢や性別を問わず、多くの人がスマホで飲食店を検索する時代です。文字で「渋谷区 レストラン」「クラフトビールが飲めるお店」など、エリアやジャンルを絞って検索するケースもあれば、スマホやスマートスピーカーのAI機能を用いて音声検索をする人もいます。

検索結果に表示されたグルメサイトの口コミを見て、どの飲食店で食事をするか選ぶ人は多いものです。

必要な情報を仕入れる・比較する

不特定多数の飲食店から自分に合う飲食店を選びたい人は、グルメサイトの口コミやSNSの情報をもとに比較します。

  • メニューの内容
  • 価格
  • 営業時間、休業日
  • 住所、エリア
  • お店の雰囲気やアピールポイント

これらの内容を、目で見て判断しています。顧客は、情報の内容が充実していて信頼できる店舗を選ぶため、常に正しい情報を表示させることが必須です。

飲食店に適切なWEBマーケティングが必要な理由

飲食店に適切なwebマーケティングが必要な理由

飲食店に限らず、昨今は経営においてWEBマーケティングは欠かせないものとなりました。なぜ、適切なWEBマーケティングを行う必要があるのでしょうか?経営者が把握しておきたい、3つの理由を紹介します。

理由①ブランディングと信頼の確立

ブランディングとは、以下の意味をもちます。

顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。ブランドの特徴や競合する企業・製品との違いを明確に提示することで、顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。消費者との信頼関係を深めることで、ブランドの訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。ブランド化。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ブランド=高級品をイメージする人もいるかもしれませんが、マーケティングにおいては、他社よりも優れた商品やサービスの提供を意味します。

飲食店の一例でいうと「たくさんラーメン屋がある中でもA店のラーメンが食べたい、魅力的に感じる」というものです。どれだけ自慢の美味しいラーメンをつくっても、食べてもらわなければ意味がありません。この際、魅力発信や集客のために、WEBマーケティングが必要になります。

理由②顧客の不安を解消する

飲食店のWEBマーケティングは、顧客が必要とする情報の提供が必要です。

上記で紹介したように、顧客はスマホ検索で飲食店のメニューや価格、営業時間などをチェックします。たとえば、この際に顧客が「Google検索に表示された結果とグルメサイトに書かれている営業時間が違う!」と気づけば、どちらが正しいのかと不安や不信感を抱きます。

複数サイトで統一した正確な情報を発信することが重要です。飲食店におけるWEBマーケティングの面では、広告出稿やSNSの宣伝だけではなく、顧客が目にするポイントを見直しましょう。

理由③店舗独自の情報提供が求められている

飲食店のWEBマーケティングでは、基本的な情報に加え、メニューやこだわり、スタッフ・店内の雰囲気など、店舗独自の情報を発信も必要です。顧客がSNSの投稿を見て「美味しそうだから行ってみたい」と感じれば、店舗の認知向上につながります。

ほかにも、SNSでのクーポン配信、タイムセールの案内などその店舗独自の広告を配信できるため、顧客にとって必要な情報を提供しやすく、リピーター増加にもつながるでしょう。

検索ドーン記事中バナー
LINE記事中バナー

飲食店のWEBマーケティングを使った集客方法

WEBマーケティングでは、実際にどのような手段で顧客へアプローチしていくのでしょうか。ここでは、顧客が飲食店を検索する際に使用する、5つのコンテンツを紹介します。

①Googleマイビジネス

「渋谷区 カフェ」のローカル検索結果

Googleマイビジネスとは、Google検索やマップに掲載されている店舗の情報管理、顧客との交流、アピールができるシステムです。

たとえばGoogleで「渋谷区 カフェ」と検索したとき、渋谷区にあるカフェの一覧とともにマップや営業時間、所在地、連絡先が掲載されています。

渋谷区内でカフェに立ち寄りたい顧客にとって、最初に目にする情報となるケースが多くなります。

Googleマイビジネスに登録すると、自分の店舗情報である、営業時間など項目の修正や口コミを投稿した人とのコミュニケーションが可能です。

さらに、どのようなキーワードで検索をしたのか、実際に電話をかけてきた人数などのデータ分析もできるため、新たな顧客獲得の分析もできるでしょう。

Googleマイビジネスに登録していなければ、検索をした際に地図上に店舗情報が表示されないため、新規顧客を逃してしまいかねません。

飲食店におけるMEO対策の重要性

MEO対策とは「Map Engine Optimization」の略で、Googleのローカル検索(特定エリアに関連するキーワードの検索表示)で検索結果を上位表示させるための対策です。

通常のGoogle検索同様に、上位表示されるページほど顧客の目にとまるため、自社に関する情報やサイトを上位に表示させることで集客率アップを目指せます。

Googleのローカル検索で上位に表示させるためには、以下のポイントを押さえる必要があります。

  • 詳細かつ正しい店舗情報の記載
  • 商品、メニューの記載
  • 口コミに対する返信
  • 口コミの評価数、口コミ店数の上昇

すなわち、ユーザーが「あのお店に行ってみたい」と思える情報発信が重要なのです。

②SNS

Twitter、Instagram、LINE等のSNSは、今や飲食店のWEBマーケティングにおいて必須ツールとなります。

SNSは写真や文章における魅力発信はもちろん、クーポンやキャンペーン情報の配信ができるため、即効性のある集客が可能です。
情報発信だけではなく、既存客、見込み顧客とのコミュニケーションも簡単にできるメリットがあります。

東京都、広島県に8店舗展開するカフェ「SUZU CAFE」では、LINE公式アカウントを開設し、既存客にアプローチするためにポイントが貯まるショップカードを活用しています。

友だちの約半数が利用! LINE公式アカウントの「ショップカード」でリピーター育成|LINE for Business

LINEを使用すれば、新作メニューの宣伝、顧客へのアンケートの依頼等を行い、データを収集しながらリピーター客を増やすなどの施策もできるでしょう。

③グルメサイト

飲食店でGoogle検索をした際に、以下のようなグルメサイト、グルメ系口コミサイトが表示されます。

  • ぐるなび
  • 食べログ
  • Hot Pepper
  • Retty

「実際に訪れた人たちのリアルな反応」を確かめたい人にとって、グルメ系口コミサイトは、飲食店を比較するときの重要なツールとなるでしょう。

口コミがメインで掲載されているため、信用性や不安解消に欠ける部分もありますが「口コミを見て訪れた」という顧客は少なくありません。一方で、年々増加する掲載費用は、ほかの集客方法に比べてマイナスなポイントです。

④公式ホームページ

Google検索やSNSを活用する飲食店は多数ありますが、公式ホームページには異なるメリットがあります。公式ホームページは、飲食店選びをする顧客の不安を解消できるため、飲食店を比較したい人には重要なコンテンツです。

SNSや口コミサイトではわからない、店舗からの情報が発信されていることから、顧客の不安を解消し、飲食店選びの決定打となる要素もあります。

ただ公式ホームページを作成するだけで終わるのではなく、他店との差別化や検索順位を上位表示させることにより、継続的な集客率アップを目指していきましょう。

⑤クーポン配信サイト・アプリ

スマホで閲覧できるクーポン配信サイトやアプリは、新規顧客の獲得が期待できる飲食店のWEBマーケティングです。
会計時スマホの画面を見せることで、10%オフ、トッピング無料サービスのような割引特典が受けられます。

「行ったことはないが、安くなるなら行ってみたい」「できるだけ安くグルメを楽しみたい」という潜在的な顧客へのアプローチもできます。

まとめ

消費者がWEBで情報を収集することが多くなった今、飲食店のWEBマーケティングは必要不可欠です。

飲食店のWEBマーケティングで成功するには、数ある方法の中から自社に合ったもので対策をとること、そして数あるメディアを通して統一した正しい情報を管理することが求められます。
WEBマーケティングで成功することができれば、競合店舗と集客において大きな差別化になり、集客率、ブランディングの向上が目指せます。

Googleマイビジネス最適化やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。