インスタグラム集客の方法!成功の秘訣やフォロワーを増やすコツもご紹介

インスタグラム集客の方法!成功の秘訣やフォロワーを増やすコツもご紹介

こんにちは、ケイビーカンパニーWEB戦略事業部です。

「インスタを運用しているけれど、集客につながらない」
「インスタ集客に力を入れたいと思っているのに、やり方がわからない」
「インスタ運用のコツを知りたい」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

Instagramの利用者は年々増えており、検索ツールとしても利用されるなど、うまく取り入れれば、集客アップに大きく貢献してくれるツールです。

今回は、Instagram運用のコツや、フォロワーを増やすための方法などをご紹介していきます。

この記事を読むことで、どのような点を改善しながらインスタグラムの運用を行っていけば良いかがわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Instagram集客に力を入れるべき7つの理由

まずは、Instagramでの集客に力を入れるべき理由についてご説明していきます。

①Instagramユーザー数が他SNSと比較しても圧倒的に増えている

Instagramの集客に力を入れるべき理由の1つ目は、Instagramユーザーの増加です。

こちらの調査からも、Instagramのユーザー数は、他のSNSに比べて圧倒的に増えていることがおわかりいただけると思います。

【参照:Social Media Lab -by Gaiax-

どのSNSに力を入れようかと迷っている方は、Instagramの運用を第一に考えて集客を行ってみましょう

②Instagramで情報収集する人が増えている

ユーザーが情報を収集する際に、検索GoogleやYahoo!などのエンジンだけでなく、SNSを利用する人が増えています。

SHIBUYA109 lab.の調査によると、特に女性は、Instagramで情報収集を行う人がとても多いという結果になっているのです。

検索エンジンよりも、Instagramで情報収集を行っているという方の割合が多いという結果には、驚く方も多いのではないでしょうか?

また、マーケティングリサーチの調査によると、ファッションをの情報を集める際によく使うサービスとして、Googleに次いでInstagramが2位であったことも明らかになりました。

このように、Instagramの利用者が増えているだけでなく、何かを検索する場面で、積極的に使われているSNSであることがわかります。

③インフルエンサーの影響力が大きい

フォロワーの数が多く、ユーザーに対する影響力が大きい人たちのことを、インフルエンサーと言います

サムライト株式会社の調査では、インスタグラマーやインフルエンサーが商品などを紹介している投稿を見て、9割近くのユーザーが好印象を持っていることがわかりました。

【参照:KBカンパニー

・好きなインスタグラマー、もしくはインフルエンサーがいる人は約53%を占める。

・5人に2人は好きなインフルエンサーの投稿を見て商品を買ったことがある。

・好きなインフルエンサーの投稿を見て、ブランドのファンになったことがある、または商品への興味を持ったは約8割。

・消費者はPR投稿を見て商品が欲しくなるのは、「インフルエンサーが本当に(商品)をおすすめするとき」と「広告っぽくない投稿であるとき」。

PR TIMES

このように、インスタグラマーやインフルエンサーが、消費者に対して大きな影響力を持つようになったことも、Instagramの集客に力を入れるべき理由と言えます。

④無料で運用できるので、コスパが良い

Instagramは、誰でも無料で使えるSNSなので集客を行う上での負担が少ないのが大きなメリットです。

広告やポータルサイトへの掲載も、効果は期待できますが、かかるコストが膨大になってしまいます。

売り上げを最大化するためには、他の媒体に頼らない自己集客である、SNS集客に力を入れることがポイントとなるのです。

⑤ユーザーに対して視覚的アピールできる

Instagramは、写真や動画などを使って、視覚的に情報を伝えられるSNSです。

現代の、情報過多の時代には、ユーザーは瞬間的に情報を判断することが多いため、文章を読まなくても視覚的に情報を伝えられるSNSはユーザーに好まれる傾向にあります。

感覚的にサービスや商品のイメージを伝えやすいので、ユーザーにアピールしやすいSNSであるとも言えます。

⑥ユーザーと直接コミュニケーションを取りやすい

Instagramは、投稿に対してユーザーが気軽にコメントできたり、ストーリーズにリアクションをしたりして、相互にコミュニケーションを取ることができます。

ストーリーズでは、フォロワーに対してアンケートの実施や意見を求めることもできるので、それらの機能をうまく使うことで、ユーザーに親近感を抱きやすいのが特徴です。

ユーザーにとって、気になる存在になることで、「いつかお店に行ってみたい」と思ってもらえるようになっていくのです。

⑦ユーザーの購買導線が作りやすい

Instagramのプロアカウントに切り替えることで、電話番号やメールなどの問い合わせ、位置情報などの連絡先を集約することができます。

さらに、自社のホームページなどのリンクも載せることができるので、サイトPV数の向上につなげることも可能です。

ショッピング機能もついているので、ユーザーを直接ECサイトに誘導できるのもメリットですよね。

オンラインで完結するビジネスにも、オフラインで実際に店舗などに来てもらうビジネスにも、どちらにもつなげやすいSNSなのです。

店舗集客記事中バナー
LINE記事中バナー

Instagram集客を成功させるためのアカウント開設の3つのコツ

Instagram集客を成功させる第一歩は、アカウントのブランディングです。
集客を成功させるための、アカウント開設のコツをご紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

①まずはプロアカウントに切り替える

ます最初に行うことは、Instagramのプロアカウントへの切り替えです。

プロアカウントに切り替えることで以下のことが可能になります。

  • 問い合わせボタン、住所などを表示させることができる。
  • インサイトの閲覧(アカウントを見た人数、リアクションした人数、フォローされた数、フォローを外された数などがわかる)
  • 広告を配信できる

運用していく中で、どの投稿が伸びていて、どの投稿がユーザーからの反応が少なかったかなどの分析を行うためにも、プロアカウントへの切り替えは最初に行っておきましょう

②集客したいターゲットを明確にし、投稿のテイストや軸を決める

投稿を作成する前に、まずはInstagramで誰を集客するのかを決めるのがポイントです。

性別、年齢、興味関心、そのユーザーが抱える悩みなどを具体的にイメージし、ターゲットに選ばれる投稿、好まれる投稿をしていきましょう

写真の加工の方法や、写真に取り入れる画像、使う色、文章のテイスト、使う絵文字なども変わってくるので、手を抜かずにじっくりターゲットの分析をしておくことが大切です。

③わかりやすく目を引くプロフィールを作る

どんな人を集客するかを決めたら、ユーザーが、一目見てわかりやすいプロフィールを作成しましょう

  • 店舗名/サービス名(英語の場合はカタカナで読みを付ける)
  • ジャンル
  • 商品やサービス、店舗のコンセプト

これらの情報を見やすく整理して記載します。
アイコンは、ロゴなど、一度見たら覚えやすいものがおすすめです。

プロフィール文に使う絵文字や文章のテイストなどは、ターゲットが使っているものや好まれそうなものを研究して決めていきましょう。

Instagram集客を成功させるためのアカウント運用13のコツ

それでは、実際にInstagramを運用していく上でのコツを13個お伝えしていきます。
できるものから一つずつ取り組んでみてくださいね。

(1)集客ターゲットを具体化しテーマや世界観を決める

Instagramは、グリッドになって全ての投稿が表示されるのが特徴です。

TwitterやFacebookのように、過去の投稿が流れていかず、一覧で表示されるため統一感が一番大切になるSNSでもあります。

投稿は、自分好みのものではなく、具体化したターゲットに刺さるようなテイストや世界観の投稿にしていくのを忘れないようにしましょう。

具体的に、統一感を持たせる方法をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

背景を統一する

一つは、背景を統一する方法です。
背景を統一することで、被写体に個性がある場合でも、グリッド全体で見たときに統一感が生まれやすくなります

白い壁、木目、テーブルなど、ターゲットに刺さるテイストはどんなビジュアルなのかを考えて決めていきましょう。

アングルを統一する

被写体を写すアングルを統一するのも、投稿全体の統一感が出やすくなる方法です。

ただし、毎回同じような写真ばかりだとユーザーに飽きられる可能性もあるので、一定の範囲内で変化をつけていくようにしましょう。

色味を統一する

色味の中でも、トーン(色の濃淡)を合わせるのがとても重要です。

淡いカラーの写真とビビッドなカラーの写真が混在していると、煩雑な印象になり、統一感とは程遠いアカウントになってしまいます。
あらかじめどのくらいのトーンの写真を使うかを決めておくようにしましょう。

加工を統一する

明るさやコントラスト、シャープさなどの加工の度合いを統一するのも大切です。

毎回同じくらいに調節するのが難しい場合には、加工アプリのフィルター機能を使うと簡単に統一感のある写真を作れますので、活用してみましょう。

(2)光を味方にして写真撮影を行う

投稿に使う写真を撮る時に一番大切なのが、光です。

何か物を被写体にする時には、窓際などの、光が入りやすい場所を選んで撮影を行いましょう

暗い場所で撮った写真は、いくら後から加工しても光を取り入れた写真には及ばないことが多いので撮る時に気を付けてみてくださいね。

(3)ユーザーの役に立つ内容を心がける

自社の商品やサービスを写真にして、ただ投稿するだけでは、なかなかユーザーにフォローしてもらうのが難しくなります。

発信のポイントは、ユーザーの役に立つ情報かどうかです。
ユーザーの役立つ情報には、以下のような例が挙げられます。

  • カフェ:おしゃれなおうちカフェメニューの提案、そこに自店のテイクアウトメニューを載せる。
  • レストラン:時短レシピの紹介。
  • 美容室:季節に合わせたケアケア、正しいシャンプーの仕方、髪をいたわるドライヤーの方法、市販のトリートメントの選び方など。

ユーザーのためになる情報を発信しているうちに、ファンになってくれることもあり、徐々に来店や商品の購入に繋がっていきます。

ユーザーの目線に立って、どんな情報が知りたいかを元に、投稿内容を考えてみましょう

(4)位置情報(ジオタグ)を設定する

位置情報」は、第二のハッシュタグとも言われ、通称ジオタグとも呼ばれます。

投稿に位置情報を追加できる機能で、位置情報をタップすると、同じ位置情報を付けて投稿した人の一覧を見られる機能です。

ピンポイントで位置情報を追加するのも良いですし、〇〇県〇〇市などと大まかな位置情報も付けられます
投稿内容に合わせて決めるようにしましょう。

(5)ユーザーのアクションに繋がる導線を明確にする

Instagramの投稿を見に来てくれた人に対して、次のアクションにつながる導線を準備しておくことも大切です。

例えば、プロフィールの閲覧、ECサイトへの誘導、ホームページへの誘導などがあります。

Instagramの投稿にはURLを貼ることができないので、投稿文にプロフィールへのリンクとして「@アカウント名」を載せると、そこをクリックすることで、ユーザーはプロフィールページに飛ぶことができます。

また、商品をタグ付けすることで、Instagram内のショッピングページや、その先の自社のECサイトなどにつなげることも可能です。

(6)ハッシュタグを活用する

ハッシュタグはInstagramの要です。

Instagramでは、検索で引っかかるのははハッシュタグのみなので、いくら文章をたくさん書いていても、ハッシュタグにキーワードが入っていなければ、ユーザーの検索結果には表示されません。

ですので、ユーザーが検索しやすいハッシュタグを予測して投稿に載せるのがポイントとなります。

ハッシュタグは30個まで付けられますが、無理やり30個付けようとして関係のないワードが入っていると、Instagram側からの評価が下がりやすくなるので注意しましょう。

目安は20個程度で、そこまで量がなければ15個程度でもOKです。

また、毎日同じハッシュタグを使っていると、Instagram側の判断でおすすめ表示に乗りにくくなることもあるので気を付けてください。
バリエーションを何セットか作って、組み合わせながら週に何度かずつ使っていくようしましょう。

ライバルの少ないハッシュタグを取り入れていくのも良いですね。

(7)定期的に更新する

Instagramを一生懸命更新しているものの、バラバラの間隔で、投稿時間もバラバラに投稿してしはいませんか?
ユーザーのためにも、Instagramからの評価を獲得するためにも、投稿する頻度と投稿時間帯を決めるのがポイントです。

「毎週何曜日」「 週に〇日投稿」「2日1回」「毎日投稿」など、定期的な頻度で更新する方が、Instagramのアルゴリズムに評価されやすくなります
これは、規則性のある投稿を行うことで、ユーザビリティーが高いアカウントだと判断されるためです。

ユーザーも、毎回投稿される時間帯が朝か昼か夜かわからず、更新頻度もバラバラなアカウントよりも、定期的で規則性のある投稿をしているアカウントの方が投稿を見逃しにくくなりますよね。

アカウントが軌道に乗るまでは、毎日投稿か、最低でも2日に1回は投稿するようにしましょう。

(8)リール機能を活用する

Instagramには、投稿機能だけでなく、ショートムービーを投稿できるリール機能があります。

比較的新しい機能で、リール専用のタブや、おすすめに出やすいので、うまく活用することでアカウントの露出を増やすことができます

余裕がある場合には、ショートムービーを撮影して、投稿してみましょう。

(9)ショッピング機能を活用する

ショッピング機能とは、Instagramの投稿に商品名と値段を表示するタグをつけることができ、それをタップすることで、商品の詳細ページに飛べる機能です。

Instagramの投稿にはURLを貼れないので、これまで商品などを紹介する際にはアカウントのプロフィールにサイトのURLを貼って、そこからユーザーに自分で商品を検索してもらわなければなりませんでした。

しかしこのショッピング機能を使うことで、投稿から直接商品の詳細ページを見ることができるので、商品購入までの導線がスムーズになったのです。

自社の商品を持っている方は、ぜひこのショッピング機能を活用してみましょう。

MEO記事中バナー
セミナー記事中バナー

(10)ユーザーにタグ付けしてもらう

Instagramは、他のSNSに比べて、拡散力が弱いのが特徴です。

Twitterならリツイート機能、Facebookならシェアボタンがありますが、Instagramはストーリーズでのシェア機能のみとなっています。

この拡散力の弱さを補うための方法が、タグ付け機能です。

投稿にアカウントをタグ付けしてもらう方法と、お店や商品・サービスの名前をハッシュタグで付けてもらう方法などがあります。

タグ付けしてもらった投稿はお礼として、ストーリーズでシェアするようにしましょう。

(11)フォロワーとのやりとりを大切にする

Instagramは、一方方向の発信だけではなく、フォロワーとの相互のやりとりがあるかが大切な要素です。

Instagram側が、相互のやりとりを重要視していることもあり、フォロワーとのやりとりが多いアカウントは、おすすめ表示などで優遇されやすいと言われています。

特にストーリーズは、フォロワーに「はい・いいえ」を選んでもらう質問機能や、「何か質問はありますか?」など文章で答えてもらえる質問、いくつかの選択肢の中から回答を選んでもらうアンケート機能などもあり、気軽にユーザーとやりとりできます

そのほか、コメントへの返信や、いいねなども行うようにしてみましょう。

(12)インスタグラム広告でより多くの人に知ってもらう

Instagramには、広告機能があり、フォロワー以外の人にも自分のアカウントを知ってもらうことができます

Instagramの広告には、以下のような特徴があります。

  • 年齢、性別、興味関心、居住地などによって広告を配信するターゲットを絞り込める。
  • 数百円からという少ないコストで始められる。
  • 配信期間を自分で設定できる。
  • 配信を終了したいときにはすぐに停止できる。
  • インサイト(リーチ数やクリック率、エンゲージメントなど)が見られるので、分析ができる。
  • 過去の投稿を広告として配信できる。

ターゲットとなるユーザーにピンポイントにアプローチできるので、効率よく、集客できる方法です。

(13)インフルエンサーマーケティングを行う

インフルエンサーマーケティングとは、フォロワーの多いインスタグラマーに、お店やサービス、商品などを紹介してもらう方法です。

お店やサービス、商品だけでなく、イベントや観光地を紹介してもらうこともできます

インフルエンサーマーケティングは、都心であれば効果は見えやすいのですが、地方だと効果を感じにくいこともあるので注意しましょう。

複数人のインフルエンサー投稿でMEO対策のサイテーション効果も

IHO(インスタグラムハッシュタグ最適化)では、複数人のインスタグラマーに投稿をしてもらうことで、Instagram内でハッシュタグ検索された際により上位表示されやすくなります

このことから、一人のセレブリティインフルエンサーに投稿をしてもらうよりもパワーインフルエンサー、ナノインフルエンサー、マイクロインフルエンサーを複数活用する方が有効とされているのです。

【参照:DIGIDAY

弊社が提供するInstagram集客ツール「インスタドーン」では、エンゲージメント率の高いナノインフルエンサーやマイクロインフルエンサー複数人に投稿してもらうことによってInstagram内でのブランド寄与や認知だけでなく、SEO対策やMEO対策のサイテーション効果も獲得できます。

インスタドーンの特徴は以下の通りです。

  1. 複数人のインスタグラマーがPR投稿
    1人ではなく、複数人のインスタグラマーが投稿することでより見つけられやすくなります
    また、MEO対策のサイテーション増加としても有効です!
  2. 知識ゼロでも可能
    お客様の商材に合ったインスタグラマーを選定し、依頼、運営まで全て対応いたします。
  3. 予算を決めてその予算内で運用可能
    お客様の予算内で運用するため、追加の料金などは一切発生しません
  4. 小規模店でも運用可能
    安価な料金から始められる、かつ様々な業種・業界に対応しているので、小規模店でも運用可能です!
  5. 全国各地の店舗・拠点に対応
    場所も選ばず全国各地の店舗・拠点のPRに対応します。

詳細はインスタドーンサービスページをご覧ください。

まとめ

Instagramのユーザー数は年々増えており、消費や集客に与える影響も大きくなっていて、今後ますます力を入れていくべきSNS集客と言えるでしょう。

Instagramの運用の仕方がわからないという方は、今回のInstagram活用のコツを意識して、少しずつ改善してみてください

コツコツ運用していくことで、Instagramはきっとあなたの集客の強い味方になってくれます。

すぐに結果を出すのが難しいSNS集客ですが、ぜひ長期的な目線で取り組んでみてくださいね。

SNSでの店舗集客でお困りですか?

本ブログを運営するケイビーカンパニー株式会社は、「リアルロケーションにWEBマーケティングを提供することで社会構造を変える」というミッションをもとに店舗のWEB集客を支援するサービスを提供しております。

  • SNSでの集客を始めたいけどよく分からない
  • SNSを運用しているけどイマイチ効果が見えない
  • SNSで一気に認知を広めたい

店舗のこのようなお悩みに対して、弊社では、FacebookなどのSNS、GoogleマイビジネスやTripアドバイザーなどの口コミサイトなど、国内30以上のWEBメディアで総合的に対策を行い店舗のWEB集客をサポートさせていただいております。

他にもインスタグラマーを活用した集客サービスも展開しております。

契約店舗数は500以上で、業種・業界も、飲食店、ホテル・旅館、美容サロン、ジム、不動産、学習塾、病院など多岐に渡ります。

SNSでの集客に関して少しでもお困りの方は、お気軽にご相談ください!

≫ 無料ご相談はこちら

店舗集客やMEO対策などのご相談はこちら

CTA-IMAGE           ケイビーカンパニーは、店舗集客に必須のMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスを提供しています。MEO対策や店舗集客に関するご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。